フードモデル
 脂肪の実物大模型をはじめ、メニューの選択知識を学べる食品サンプルなど、“何をどれだけ”を、目で見ながら食育・食生活指導ができるツールを集めました。
食生活調査計算ソフト「知食スタンダード版」 のためにセレクトしたいわさきグループ製実物大のフードモデルです。食生活の聞き取りの際に併用することで、より正確に対象者の植生価値状況を把握できます。
生活習慣病予防研究センター
 特定保健指導や治療中者への保健指導でのアセスメントに最適なツールです。食傾向、身体活動などの調査結果から支援ポイントを自分で求めることが出来ます。  代表が研究主任を務める厚生労働科学研究班「階層化基準外へのものへの保健指導」や厚生労働省研究事業「治療中の者への保健指導」、「在宅心不全予備軍に対する保健指導研究」などでも活用されています。≫知食フードモデルの併用がおすすめです。
生活習慣病予防研究センター
 食事バランスガイドをもとにした弁当箱です。面倒なカロリー計算をせずに1食の適量がわかります。
(株)イエロースタジオ
 栄養指導フードモデル総合サイトです。栄養士をはじめ、栄養指導・食育・特定保健指導に役立つ最新のフードモデル情報が揃っています。リアルな体脂肪サンプル『しぼやん』や、ICタグ内蔵フードモデルを乗せるだけで食事バランスをチェック!体験型栄養教育システム『食育SAT(サッと)システム』(特許取得)が大好評です。
(株)いわさき
 メタボリックシンドローム栄養指導用として各種のフードモデルが揃っています。
(株)川崎フードモデル