• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健

「間食指導」で考える生活習慣改善アセスメント
 ~行動変容ステージに応じた成功アプローチを伝授します!


(2014/08/26)
第5回:維持期
目標を達成しても終わりじゃない!「維持期」の間食指導とは?(1)

 第5回目は「維持期」について考えてみます。維持期とは、「行動変容が6カ月以上続いている時期」とされています。健康への改善行動が、生活習慣として定着している状況です。また、本人がその効果を実感できている時期でもあり、継続への意欲も高い時期です。しかし、行動変容のプロセスは、常に「無関心期」から「維持期」に向かって順調に進むとは限りません。いったん「維持期」に入っても、その後に行動変容する前のステージに戻る「逆戻り」現象も起こり得ます。行動変容に至ったきっかけや、これまでの努力を賞賛するとともに、今後の継続への抱負などを尋ね、本人に語ってもらうことでモチベーションを高めます。

 では、「維持期」の人によくあるセリフをみてみましょう。

▶ 連載/オピニオン一覧へ
▶ トップページへ