• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
 今年(2014年)6月に成立した「労働安全衛生法を一部改正する法律」では、労働者の心理的な負担の程度を把握するため、50人以上の事業場で、医師、保健師等によるストレスチェックの実施が事業者に義務付けられました。ここでは、「ストレスチェック」について、関連する最新ニュースや各種資料・調査統計などの関連情報をまとめました。

  • 2017.02.23 特定健診受診者の6割が「血圧」「脂質」「血糖」リスクあり 270万人を調査
  • 2017.02.23 わずか10分の「階段昇降」が実践的な運動に 階段なら続けられる
  • 2017.02.23 いま知っておきたい「花粉症」対策 治療の基本を知って乗り切ろう
  • 2017.02.23 「笑い」を医学的に検証 「笑い」のストレスマネジメント開発も
  • 2017.02.17 4月は「世界保健デー」2017年のテーマは「Depression(うつ病)」
  • 関連ニュース一覧へ

  • 2017.02.22 「第2回保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 資料」
  • 2017.02.22 「第7回健康日本21(第二次)推進専門委員会 資料」
  • 2017.01.26 「第1回保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 議事概要」
  • 2017.01.18 「長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表」
  • 2017.01.18 「第1回保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 資料」
  • 関連資料一覧へ

    丸山 総一郎
    神戸親和女子大学大学院 教授
    健康管理スタッフに大切なメンタルヘルス支援とは

    No.3 保健指導実践者に期待するメンタルヘルス支援

     「ストレスチェック制度」の中では、"ストレス"はとかくネガティブな側面のみが強調されているように感じます。確かに悪いストレス(distress)は除去した方がよいでしょう。(2016/3/3)

    本文を読む

    五十嵐 千代
    東京工科大学医療保健学部 産業保健実践研究センター長 看護学科地域看護・産業看護学 教授
    なぜ今、ストレスチェックなのか ~労働安全衛生法改正をうけて~

    No.1 なぜ今、ストレスチェックなのか~労働安全衛生法改正をうけて~

     ストレスチェック制度については、どのように実施していくのか、各事業場では現在検討中であるところが多いと思います。労働者数50人以上の事業場に、実施義務がされているこの制度。なぜ、このような制度が始まるのでしょうか?(2015/7/30)

    本文を読む

    徳永 京子
    保健師・看護師・精神保健福祉士/会社の保健室 代表
    ストレスチェック制度と産業保健師の役割

    No.3 ストレスチェックを職場環境改善活動に生かす

     ちょっと想像してみてください。あなたは、雑巾で拭き掃除をしています。バケツに水をはって、汚れたらすすぎながら、窓を拭いたり、机を拭いたりしています。(2015/7/8)

    本文を読む

    巽 あさみ
    浜松医科大学院医学系研究科看護学分野 教授
    働く人々のメンタルヘルス

    No.1 働く人々のメンタルヘルス支援における看護職の役割

     産業看護職は、労働安全衛生法にその位置づけが明記されているわけではありません。しかし、全労働者に導入予定の「事業場におけるストレスチェック制度」を実践する職種として、「医師または保健師」と規定されているなど、働く人々のメンタルヘルス対策において期待される職種として広く認知されています。(2013/12/5)

    本文を読む