ニュース

くるみで生活習慣病対策 高血圧や糖尿病、脂質異常症を改善

 くるみは、不飽和脂肪酸が豊富に含む健康的な自然食品。毎日食べると体に良い影響が出てくることが、さまざまな研究で確かめられている。

くるみに多く含まれる脂肪酸は"体内で合成できない必須脂肪酸"
 脂質は、体の細胞膜をつくる材料になり、エネルギー源にもなる大切な栄養素。しかし、生活習慣病を予防・改善するために、食事でとる脂肪は量だけでなく質にも注意することが大切だ。

 ひとくちに脂肪といっても、「飽和脂肪酸」「n-3系脂肪酸」「n-6系脂肪酸」「コレステロール」などさまざまな種類の脂肪がある。脂肪を構成している要素である脂肪酸は、分子の構造的な違いから飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられるが、そのうちくるみなどナッツ類や青魚に多く含まれるものを不飽和脂肪酸という。

 不飽和脂肪酸のうち、n-6系とn-3系の脂肪酸は体内で合成できず、不足すると皮膚炎などの不調の原因となる必須脂肪酸なので、食事で十分な量をとりたい。

 厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、増やすべき栄養素として「食物繊維」「n-3系脂肪酸」「カルシウム」「カリウム」、減らすべき栄養素として「コレステロール」、「ナトリウム(食塩)」が挙げられている。

 くるみなどのナッツ類は、低飽和脂肪・低コレステロールであるだけでなく、n-3系(オメガ3)脂肪酸が豊富に含まれる代表的な食品だ。くるみには、良質な蛋白質、炭水化物、カルシウム、各種ビタミン、食物繊維などの栄養素もバランス良く含まれている。

 n-3系脂肪酸には、植物由来のα-リノレン酸、魚介類由来のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などがあり、体内へ入ったα-リノレン酸は一部EPAやDHAに変換され、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、悪玉のLDLコレステロールを減らすなど、さまざまな健康増進に役立つ作用をもつことが知られる。

 カリフォルニアくるみは、ナッツ類の中でも特にn-3系(オメガ3)脂肪酸が多く含まれているので、健康的な自然食品として注目されている。くるみひとつかみで、1日の摂取量として十分なn-3系脂肪酸をとることができる。

くるみは高血圧、糖尿病、メタボの予防・改善にも有用
 米国やカナダの食事摂取基準では、多くの研究結果をもとに、脂質と炭水化物のエネルギー比率、コレステロールや中性脂肪のバランスなどを解析し、食事でとる脂肪のエネルギー比率は20%以上が良いとしている。米メリーランド大学医療センターは、n-3系脂肪酸は特に体にとって必要であると発表している。*1

【 n-3系脂肪酸を十分にとり生活習慣病を予防・改善 】

高血圧
 高血圧は脳卒中や心臓病のリスクを高めるが、n-3系脂肪酸をとっていると高血圧を改善できるという研究が報告されている。米メイヨークリニックによると、くるみなどに含まれるオレイン酸やDHAにより、血圧を下げる効果を期待できるという。n-3系脂肪酸には、善玉のHDLコレステロールを下げずに悪玉のLDLコレステロールを減らす働きもがある。*2

糖尿病
 糖尿病のある人では、高中性脂肪や低HDLコレステロールなどの脂質異常を伴っていることが多い。しかし、n-3系脂肪酸をよくとっている人では、中性脂肪値が低下し、善玉のHDLコレステロール値は上昇することが多い。n-3系脂肪酸の豊富なくるみは、糖尿病の人にも便益をもたらす可能性がある。

脂質異常を伴う過体重・肥満
 肥満と高コレステロールは、いずれも脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患や、メタボリックシンドロームの危険因子となる。これらの要因に糖尿病や高血圧症などの疾病が重なると危険性はより高まる。n-3系脂肪酸が悪玉のコレステロールを低下させるなど有用な働きをすることが、メイヨークリニックの研究でも確かめられている。

(以上、メリーランド大学医療センター、メイヨークリニックが公表している資料より)*1*2

地中海食 くるみを加えることで改善効果が高まる
 地中海式の食事スタイルは、新鮮な野菜や魚、全粒粉、くるみなどナッツ類、果物を多くとり、牛や豚などの赤肉を控え、不飽和脂肪酸であるオレイン酸を含むオリーブオイルとナッツをふんだんに使うのが特徴で、南イタリアやギリシア、スペインなど地中海地域で発達した伝統的な食事スタイル。

 地中海食が健康に良いことは世界的に知られており、人気が高い。くるみ主体のナッツ類を含む地中海食が、肥満やメタボへのリスク抑制につながるという研究も発表されている。

 スペイン保健省の支援を受け欧州で実施された多施設共同研究「PREDIMED」では、くるみを主体にナッツ類をよく摂取する地中海式食事により、メタボリックシンドロームを抑制することが示された。

 この研究は、55-80歳の心疾患のリスクの高い患者1224人を対象に、地中海食の影響を調べたもので、医学誌「Archives of Internal Medicine」2008年12月号に発表された。*3

 対象者を(1)オリーブオイルを含む地中海食をとるグループ、(2)くるみを主体とするナッツ類(1日30g)を含む地中海食をとるグループ、(3)低脂肪食のアドバイスのみを受けるグループに分け比較した。

 ベースライン時に対象者の61.4%がメタボリックシンドロームの基準を満たしていたが、1年後に(1)で6.7%、(2)で13.7%、(3)で2.0%、それぞれ抑制された。メタボを改善するためにもっとも効果的なのは、くるみを主体とするナッツ類を含む地中海式食事をとったグループであることがあきらかになった。

 研究者らは「伝統的な地中海食にくるみを加えた食事は、健康増進に有用であることが確かめられた」と指摘している。

 この調査については、別の研究報告が医学誌「Archives of Internal Medicine」2006年6月号に発表されている。くるみを加えた地中海食をとった人では、血糖値、血圧値、コレステロール値など多くの検査値が改善し、地中海食のみの場合に比べ、より効果的であることが分かった。*4

くるみは健康的な自然食品
 くるみは栄養的にとてもバランスのとれたヘルシーな自然食品であることが、世界中で行われたさまざまな研究で確かめられている。くるみの栄養素を摂取するためには、1日あたり約42-57g(2つ割りを8個)をとるのが効果的。毎日の食生活にくるみを取り入れ、くるみの健康効果を試してみてはいかがだろうか。

  • Omega-3 fatty acids(University of Maryland Medical Center)
  • Omega-3 fatty acids, fish oil, alpha-linolenic acid(Mayo Clinic)
  • Effect of a Mediterranean Diet Supplemented With Nuts on Metabolic Syndrome Status
    (Archives of Internal Medicine, Arch Intern Med. 2008;168(22):2449-2458)
  • Effects of a Mediterranean-Style Diet on Cardiovascular Risk Factors
    (Archives of Internal Medicine, July 4 2006, vol. 145 no. 1 1-11)
    [soshinsha]
  • 「栄養」に関するニュース

    2019年05月15日
    脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
    2019年05月15日
    1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
    2019年05月15日
    野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
    2019年05月08日
    「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
    2019年05月08日
    食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
    2019年05月08日
    チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
    2019年04月24日
    【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
    2019年04月24日
    健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
    2019年04月24日
    スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
    2019年04月17日
    連休(GW)こそ健康管理に注意 食事・運動・体内時計の調整がポイント 8つの対策で連休を乗り切る

    最新ニュース

    2019年05月17日
    大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
    2019年05月16日
    【健やか21】 『子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド~子ども虐待を見逃さないために~(第1版)』の掲載について(日本小児保健協会)
    2019年05月15日
    脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
    2019年05月15日
    「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
    2019年05月15日
    1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
    2019年05月15日
    野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
    2019年05月15日
    ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
    2019年05月14日
    日本初の医師監修ウォーキングレッスンアプリがリリース
    2019年05月10日
    「小児のアレルギー疾患 保健指導の手引き」を掲載~アレルギーポータル
    2019年05月09日
    保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
    2019年05月09日
    【健やか21】「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ」の掲載について(文部科学省)
    2019年05月08日
    「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
    2019年05月08日
    がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
    2019年05月08日
    毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
    2019年05月08日
    食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
    2019年05月08日
    チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
    2019年05月08日
    「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号
    2019年04月26日
    風しんの今年の累計患者数1000人突破、いまだ増加中
    2019年04月25日
    【健やか21】ダウン症のお子さんを持つ保護者のための手帳「+Happyしあわせのたね」を配布します(愛知県)
    2019年04月24日
    【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
    2019年04月24日
    健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
    2019年04月24日
    連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
    2019年04月24日
    父親の赤ちゃんに対する「ボンディング障害」 産後のメンタルケアが重要と指摘 エコチル調査
    2019年04月24日
    生活習慣が夜型の子どもは虫歯のリスクが高い 夜型は肥満の原因にも
    2019年04月24日
    スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
    2019年04月18日
    【健やか21】全国一斉「あそびの日」キャンペーンの実施について(スポーツ庁)
    2019年04月17日
    厚労省「受診率向上施策ハンドブック」で受診率を上げる 強制ではなく自発的な行動に導く「ナッジ理論」とは
    2019年04月17日
    連休(GW)こそ健康管理に注意 食事・運動・体内時計の調整がポイント 8つの対策で連休を乗り切る
    2019年04月17日
    日本人のたばこ依存と関連する遺伝子を発見 心疾患、COPDなど11の病気の発症リスクと相関 理化学研究所
    2019年04月17日
    禁煙のメリットは体重増加のデメリットを上回る 糖尿病のコントロールも改善
    無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
    • 週1回配信(毎週木曜日)
    • 登録者数 8,121 人(2019年04月現在)
    登録者の内訳(職種)
    • 保健師 44%
    • 看護師 20%
    • 管理栄養士・栄養士 22%
    • その他 14%
    登録はこちら ▶
    ページのトップへ戻る トップページへ ▶