ニュース

地域の自殺対策への取組が効果 2012年の自殺者は3万人を下回る

2012年の自殺者は3万人を下回る
 警察庁は2012年の自殺者数をまとめ発表した。2012年の年間の自殺者数は2万7,766人で、前年に比べ2,885人(約9.4%)減少した。3万人を下回ったのは15年ぶりのこと。

 都道府県別にみると、東京が最も多く2,760人、次いで大阪 1,720人、神奈川 1,620人、埼玉 1,549人、愛知 1,454人。一方、最も少なかったのは、鳥取で130人、次いで徳島 164人、島根 168人、香川 176人、福井 181人だった。

 前年との増減率をみると、増加率では、奈良が前年比10.5%増と最も高く、徳島 9.3%増、福井 5.8%増と続いた。減少率は、沖縄が前年比31.0%減、次いで香川 29.0%減、和歌山 24.5%減だった。

平成24年 警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等(内閣府)

地域における自殺対策は整備されている
 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 自殺予防総合対策センターが実施した「都道府県・政令指定都市における自殺対策の取組状況に関する調査」によると、横断的な自殺対策推進体制を設置している自治体は54個所(80.6%)で、地域における自殺対策を推進するための組織づくりが進んでいることが分かった。

 一方、地域自殺予防センターを設置しているのは31個所(46.3%)で、うち29個所が精神保健福祉センターを設置していた。地域自殺予防センターを設置しない理由として、現行の組織・体制で対応可能であることや、予算・人員の確保が難しいとの回答があった。また、民間団体の取組状況をみると、自殺対策そのものを目的とした民間団体が利用できる補助制度のある自治体は50個所(74.6%)だった。

 報告書は、本調査のまとめとして、都道府県および政令指定都市における自殺対策推進体制はほぼ整備されてきた一方、市区町村レベルでの自殺対策担当部局の設置は今後の積極的なはたらきかけが必要としている。

 また、地域の民間団体への財政的支援を含む自治体の自殺対策事業は、地域自殺対策緊急強化基金に拠る部分が大きく、今後の継続的な自殺対策推進のためには、自治体の企画力強化と、これらの事業の評価を踏まえた事業の継続・発展のための財源の確保が課題であるとまとめている。

都道府県・政令指定都市における自殺対策の取組状況に関する調査(自殺予防総合対策センター)
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 自殺予防総合対策センター

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月09日
農林水産省が『みんなの食育白書―平成30年度―』を作成
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶