ニュース

「禁煙指導のかんどころ」更新 短時間で行う効果的な禁煙支援方法とは

 保健指導リソースガイドは、"禁煙指導・アルコール"コーナーのオピニオン「禁煙指導のかんどころ」(斎藤 照代 労働者健康福祉機構 東京労災病院勤労者予防医療センター)を更新しました。第2回は、短時間の禁煙支援の方法としてその有効性が明らかとなっているAHRQ(米国医療研究品質局)の5A・5Rについて、その詳細をご紹介します。

 医療や健診・保健指導等の現場では、多くの喫煙者にアプローチできる機会があり、日常の保健事業の場での禁煙のアドバイスや情報提供の推進が求められています。しかし、実際には、日本の日常診療場面は多忙により、患者への禁煙アドバイスする割合が欧米に比べ低い現状があります。

 一方、わずか3分間の禁煙指導でも何も指導しない場合と比較し禁煙率が1.3倍高まる禁煙支援の方法があることが分かっています。

 今回は、「日常診療・健診・指導時にも使える短時間で行う効果的な禁煙支援方法」をテーマとし、短時間の禁煙支援の方法としてその有効性が明らかとなっているAHRQ(米国医療研究品質局)の5A・5Rについて、その詳細をご紹介します。

禁煙指導・オピニオン「禁煙指導のかんどころ」
禁煙指導・アルコール トップページ

[soshinsha]

「禁煙」に関するニュース

2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年05月23日
【健やか21】「なくそう!望まない受動喫煙」Webサイトの開設について(厚生労働省)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年04月17日
日本人のたばこ依存と関連する遺伝子を発見 心疾患、COPDなど11の病気の発症リスクと相関 理化学研究所
2019年04月17日
禁煙のメリットは体重増加のデメリットを上回る 糖尿病のコントロールも改善
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年02月19日
アルコールがんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2018年10月31日
世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶