ニュース

がん外来患者の4割は「初診時に自覚症状なし」

 がんや糖尿病は初期の段階では自覚症状が乏しいために、健康診断を受けずにいると、早期に発見できず治療が遅れることがある。実際に、自覚症状などにほとんど気付かなかった人が、健康診断や人間ドックを受診した際に、再検査を指摘され、病気が発見される例は多い。
 厚生労働省の調査で、外来患者が受診し症状をはじめて医師に診てもらったときに、4人に1人は受診の時点で「自覚症状がなかった」ことが分かった。

 調査は、全国500病院を対象に2011年10月に実施した「受療行動調査」の結果のうち、病名が分かる外来患者3万1,795人の回答を分析したもの。

 それによると、外来患者が受診した病気や症状を初めて医師に診てもらった時、「自覚症状があった」は59.0%、 「自覚症状がなかった」は24.7%だった。

 「自覚症状があった」と回答した者の最初の受診場所をみると、「今日来院した病院」が49.1%、「他の病院」が29.8%、「診療所・クリニック・医院」が17.2%だった。

 「自覚症状がなかった」と回答した者の受診した理由をみると、「健康診断(人間ドック含む)で指摘された」が37.1%、「他の医療機関等で受診を勧められた」が20.0%、「病気ではないかと不安に思った」が12.9%だった。

 がんに限ってみると、がんと診断された外来患者のうち41.5%が「自覚症状がなかった」と回答。自覚症状がないのに受診した理由は「健康診断や人間ドックで(詳しい検査を受けるよう)指摘された」が最多だった。

 がんの部位別で自覚症状がなかった人の割合は、胃がん49.9%、結腸・直腸がん38.9%、肝・肝内胆管42.9%、気管・気管支・肺がん54.9%、乳がん37.2%、前立腺がん53.8%となっている。

 糖尿病については、外来患者のうち40.0%が「自覚症状がなかった」と回答、「自覚症状があった」は40.9%だった。

 厚労省の担当者は「生活習慣病の基本は早期発見。自主的に健康診断を受け、異常が認められたら診察と治療につなげることが重要」と述べている。

平成23年受療行動調査(確定数)の概況(厚生労働省)

[Terahata]

「がん」に関するニュース

2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年10月30日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている 国立がん研と成育医療センター
2019年10月23日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月01日
乳がんサバイバーの健康をスマホのアプリが改善 栄養士や医師にリアルタイムでアクセス
2019年09月27日
9割の事業所で受動喫煙対策に取り組むも、さらなる徹底を 厚労省労働安全衛生調査
2019年09月25日
大豆イソフラボンが乳がんサバイバーの骨粗鬆症を減少 乳がん治療が骨密度を低下
2019年08月27日
「乳がん」の再発を防ぐ治療法の開発に道 乳がん細胞の弱点をみつける研究
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶