ニュース

がんをもつ労働者本人への支援について 5つのヒント

 保健指導リソースガイドは、連載「がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~」(監修:錦戸 典子 東海大学大学院健康科学研究科)の、第2回「本人への支援」(執筆:岡久 ジュン 東海大学大学院健康科学研究科看護学専攻 修士課程)を公開しました。

 第2回のテーマは「本人への支援」とし、がんをもつ労働者本人への支援について5つのヒントを解説します。

 がんの部位やステージによって本人がたどる経過は様々で、産業看護職の所属によっては対応できることも異なることもあります。

 産業看護職として、中立的な立場で本人や上司、人事の思いを把握しながら、各々の主体性を高められるような支援をしていくことが大切とし、本人の支援に関する5つのヒントを紹介します。

「本人への支援」の視点に沿ったヒント5項目
  • ヒント1 定期的に体調と仕事の状況を確認します
  • ヒント2 ちょっとした困りごとにすぐに相談対応します
  • ヒント3 本人の自己決定を支えるための働きかけをします
  • ヒント4 精神面や情緒面をサポートします
  • ヒント5 プライバシーに配慮して、健康情報を含む個人情報を取り扱います

働く人のがん対策・オピニオン
「がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~」

働く人のがん対策 トップページ

[soshinsha]

「がん」に関するニュース

2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年10月30日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている 国立がん研と成育医療センター
2019年10月23日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月01日
乳がんサバイバーの健康をスマホのアプリが改善 栄養士や医師にリアルタイムでアクセス
2019年09月27日
9割の事業所で受動喫煙対策に取り組むも、さらなる徹底を 厚労省労働安全衛生調査
2019年09月25日
大豆イソフラボンが乳がんサバイバーの骨粗鬆症を減少 乳がん治療が骨密度を低下
2019年08月27日
「乳がん」の再発を防ぐ治療法の開発に道 乳がん細胞の弱点をみつける研究
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶