ニュース

エネルギー量・栄養バランスを維持しながら上手に糖質管理を

 ダイエットやメタボ予防を考えた時、摂取カロリーのカットや糖質制限ブームのように糖質を減らすことを想像する方は多いのではないでしょうか。しかし一方で、高齢化が進み、生活習慣病人口が年々増加しているこの時代、活力のある健康的な生活を続けていくためには、元気の源であるエネルギー(糖質)を適切にとることも必要です。このほど、エネルギーを摂りながらも糖質の消化吸収はゆるやかである「スローカロリー」をテーマにしたレシピ本が2冊発売され話題となっています。

 糖質(炭水化物)は、そのほとんどが、食後速やかにブドウ糖に変換されるので、食後の血糖値に大きく影響を与えます。糖質量の高い食品を摂取すると血糖値は急上昇し、とくに糖尿病患者さんでは血糖コントロールが乱れ、処理しきれなくなったブドウ糖は脂肪として蓄積されますので肥満の原因にもなると言われています。ですから、適切に糖質を管理することはとても大切です。しかし一方で、糖質は大切なエネルギー源であり、人間の思考や活動のために中心的な役割を果たしていますので、糖質摂取量が極端に落ちると、思考力や活動力も落ち、栄養バランスが崩れて様々な弊害をもたらすことが危惧されています。

 では、必要なエネルギー量、栄養バランスを維持しながら、糖質を上手に摂取するにはどうしたらよいでしょうか。そこで注目されているのが「スローカロリー」です。「スローカロリー」とは、簡単に言うと、糖質(エネルギー)をゆっくりと消化吸収すること。糖質の摂取量ではなく、糖質をどのように摂取するか。"量"ではなく、"質"に着目した考え方で、健康な生活を送るために有効であることが近年の研究の結果、明らかになってきています。糖質の吸収速度が遅ければ、血糖値はゆるやかに上昇してゆっくり元に戻るので、過剰な脂肪蓄積を抑え、身体への負担がやさしくなると言われています。

 糖質の吸収速度をゆっくりにする「スローカロリー」では、食生活における3つの工夫を提案。まず、1つ目は、よく噛んで時間をかけて食べること。2つ目は、食べる順番を工夫すること。3つ目は、消化に時間がかかる糖質や繊維質の多い食品をとり入れること。

 このほど発行された2冊のレシピ本では、健康をはかるタニタの研究機関、タニタ体重科学研究所の研究所長・池田義雄先生による「スローカロリー生活が、なぜ体に良いのか?」のわかりやすい解説をまじえながら、適切なエネルギー・栄養バランスを維持し、食物繊維、野菜をたっぷり使った"お腹いっぱいでも低カロリー"なレシピを紹介。スローライフ、スローフードが提唱されてきたように、"3つの原則"を日常の食生活に取り入れた「スローカロリー」は、健康長寿をめざす日本人にとってたいへん効果的であると、著者は強調しています。

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月23日
優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」をAIで学習 "優しい介護"を誰もが学べる
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月23日
「緑茶」の摂取が糖尿病リスクを減少 九州大学・久山町研究で明らかに
2019年07月23日
「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶