ニュース

5月31日は「世界禁煙デー」 たばこフリー(たばこの無い環境)をPR

 厚生労働省は5月31日、世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」にあわせ、「世界禁煙デー記念イベント」を開催した。同イベントは、今年で26回目を迎え厚労省では世界禁煙デーから始まる1週間を「禁煙週間」(5月31日~6月6日)と定め、毎年さまざまな普及啓発活動を行っている。

 今年のイベントは、たばこによる健康被害への正しい理解と、世界禁煙デーの基本テーマである「たばこフリー(たばこの無い環境)」の周知を目的とし、東尾理子さんの禁煙大使への任命式や禁煙に関するトークショー、無料で参加できる肺年齢のチェックや禁煙相談などを実施された。

 秋葉賢也(厚生労働省副大臣)は挨拶で、国として、今年度から始まった第2次健康日本21で「未成年者の喫煙防止」をはじめとした総合的なたばこ対策の推進や、たばこの健康影響評価専門委員会の開催など幅広い対策に取り組んでいることを説明した。

今年の禁煙週間のテーマは「たばこによる健康影響を正しく理解しよう」
 禁煙大使の東尾理子さんは、受動喫煙について「たばこの煙が子供など周りの人たちに影響を及ぼすことを心配している」とコメントした。また、最近の女性の喫煙率の高さを指摘、「女性の場合、肌や歯の白さにも影響するので、たばこを吸うことを減らしてほしい」とした。

 最後に、現在たばこを吸っている人へのメッセージとして「たばこは自分だけでなく周りの大切な人たちの健康に影響することから、禁煙に心がけるようにしてほしい」とコメントした。

2013年「世界禁煙デー記念イベント」を5月31日に開催(厚生労働省)
たばこと健康に関する情報ページ(厚生労働省)

[soshinsha]

「禁煙」に関するニュース

2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2020年12月09日
約8割が自分の健康状態を「よい」と認識 『都民の健康と医療に関する実態と意識』の結果(東京都)
2020年12月02日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2020年11月11日
「禁煙サポート新時代」へるすあっぷ21 11月号
2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶