ニュース

一筋縄ではいかない保健指導 意義・目的を伝えるのことも大切

 連載・保健指導あれこれ「郁子の栄養指導あれこれ」(佐藤 郁子/管理栄養士)を更新しました。第3回は、保健指導とはどんなものなのか知らず、何をされるのかわからないまま指導を受けにくる方の事例を紹介します。

 予定の時間になっても対象者さんは来られず、もう少しで連絡を入れようとした時にその方は来られました。

 入られた時の第一声は「俺はプロスポーツ選手のAと身長も体重も同じだ。Aはメタボなのか?」です。

 あまりにも突然の出来事に唖然としながら、挨拶を済ませ、座っていただくように声をかけましたが、怒っておられるようで、「座らない」の一点張りです。

 とりあえず、立ったままでは...と何とか座ってもらい、指導を始めようとしたのですが、私に話す隙も与えないくらい早口で話し始めました。

 今回は、保健指導とはどんなものなのか知らず、何をされるのかわからないまま指導を受けにくる方の事例です。

保健指導あれこれ「郁子の栄養指導あれこれ」
栄養/食生活 トップページ

[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶