ニュース

生活スタイル改善で肌が10歳若返る 肌を若く保つ方法

 ライフスタイルを改善すれば、女性の肌は実際の年齢に比べ、10年若く見えるようになる可能性があるという国際的な研究が発表された。
生活スタイルが健康な女性は若く見える
 「女性にとって顔の肌の状態は大きな関心事です。肌にあらわれる加齢の影響は、遺伝的な要因が半分を占め、残りの半分を生活環境や生活習慣が占めていると考えられます」と、研究を主導したUnilever科学センターのアンドリュー メイズ博士は話す。

 研究チームは、英国、スペイン、中国に在住している585人の女性を対象に調査を行った。

 研究は、英国のベッドフォード、スペインのマドリッド、中国の上海に在住している女性を対象に行われた。参加した女性の年齢は、英国では45~75歳、スペインでは30~70歳、中国では25~70歳だった。

 参加者に、年齢や体重、体格指数などの基本的な情報に加えて、「野菜を食べる頻度」、「運動習慣」、「日光を浴びる時間の平均」、「喫煙習慣」、「睡眠の時間と質」、「肌の保湿のために行っている対策」、「歯磨きの習慣」、「歯の治療状況」などの生活スタイルについての質問を行った。同時に、参加者の顔を鮮明なデジタル写真で撮影した。

 次に、インターネットでボランティアを募り、被験者の顔写真を見てもらい、アンケートに答えてもらった。被験者の顔写真を見せ、「実際の年齢より若く見える」、「老けて見える」、「実年齢と同じくくらいに見える」という選択肢を選んでもらい、何歳に見えるかという予想年齢を記入してもらった。

 その結果、実年齢と顔写真から見てとれる予想年齢は、最大で10.4年の違いがみられた。さらに、健康な生活スタイルをもっている女性ほど、実年齢より若く見られる傾向があることが示された。

 「米国とカナダの研究グループが以前に、顔の整形外科手術により実年齢より平均8.5年若返って見えるようになるという研究を発表しましたが、健康的な生活スタイルはそれを上回る影響力をもっていることが示されました。健康的な生活をおくっている女性は若く見えるのです」と、メイズ博士は話す。

肌を実年齢よりも若く保つ5つの方法
 皮膚の状態は、皮膚表面の脂肪、保湿能力などによって変化する。加齢が大きな原因で、空気の乾燥でも悪化するが、不健康な食事や運動不足、睡眠不足、ストレスなどの生活スタイルも大きく影響するという。

 「日常のちょっとしたことを見直すだけで、肌の加齢を抑えることできます、日頃から生活習慣にも気を配り、適切なスキンケアを心がけることが肝心です」と、メイズ博士は話す。

 米国のメイヨークリニックは、肌を実年齢よりも若く保つ方法として、次のことをアドバイスしている。

・日焼け対策をする
 肌をケアするための効果的な方法は、日光を避けることです。直射日光を浴びる時間が長いと、皮膚がんの罹患が増え、しわや黒ずみなどの肌のトラブルが増えます。
 効果的な方法は、日焼け止めを使うこと。屋外で長時間活動するときは、SPF値が15以上の日焼けローションやクリームを使いましょう。
 日差しの強い日には、午前10時~午後4時に外出するときは注意が必要です。つばの広い防止、長袖シャツや長ズボンで日差しを防ぎましょう。

・たばこを吸わない
 肌の老化を促進する最大の要因はたばこです。たばこを吸うと、皮膚の内側の細い血管が収縮し、皮膚を健康に保つのに必要な酸素や栄養が届きにくくなります。
 たばこによって、肌のコラーゲンやエラスチンが損なわれ、肌の弾力性が失われます。

・健康的な食事をする
 健康的な食事は肌を健やかに保つのに必要です。野菜や果物、全粒粉を十分にとり、タンパク質を補給してください。ダイエットをしている人ではタンパク質が不足し、肌荒れが増えることがあるので注意しましょう。
 肌を健康に保つのに必要な栄養素は、野菜や果物に含まれるビタミンC、ナッツ類や魚に多く含まれるオメガ脂肪酸、くるみなどに含まれるリノレン酸などです。玄米や全粒粉など精製されてない穀類も、肌を若く保つのに効果的です。

・肌の手入れをする
 洗浄力の強すぎる洗剤で肌を洗うと、表皮の脂肪が失われ、角質がはがれやすくなります。
 角質を健康に保つために、適度な脂肪と水分が必要です。顔を洗うときは、刺激の軽い洗剤を使い、保湿成分の入ったローションやジェルを付けましょう。男性の方はヒゲをそるときにシェービングクリームやローションを使うと、肌の老化対策になります。
 入浴後は顔を軽く拭いて、肌に湿気を残してください。乾燥肌の人は皮膚に合ったモイスチャーを使ってください。

・ストレスを管理する
 ストレスは、適度であれば脳を活性化し心身に良い影響をもたらしますが、過重になると皮膚を過敏にし、肌荒れやにきびを引き起こします。
 仕事や家庭でのストレスが増えすぎないようにコントロールしましょう。やるべき仕事のリストを増やしすぎないようにし、楽しむための時間を増やすことが大切です。肌への影響は想像以上に大きいかもしれません。

Environmental and Lifestyle Factors Associated with Perceived Facial Age in Chinese Women(プロスワン 2010年8月24日)
Skin care: 5 tips for healthy skin(メイヨークリニック 2011年12月6日)

[Terahata]

「禁煙」に関するニュース

2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月19日
解説「データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルスガイドライン」
2017年07月19日
「糖尿病性腎症の重症化予防」 課題が浮き彫りに 地域連携の整備が必要
2017年07月06日
厚労省「データヘルス改革」の工程表を発表 2019年までにシステム構築

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶