ニュース

食育「実践していない」が42% 食育推進を担うのは「家庭」

 栃木県保健福祉部は、栃木県在住の10代から70代の男女185名(男性:126人、女性59人)を対象に、「食育」に関するインターネットアンケートを実施し、その結果を発表した。

 『食育を推進するにあたり、特に重要な役割を担うのはどこだと思いますか』という質問を行ったところ、もっとも多かったのは「家庭」(89.2%)だった。次いで「保育所や幼稚園、学校など」(51.9%)、「食品等を提供する企業、店舗等」(22.2%)という回答が多かった。

 栃木県は、野菜の算出額の増加が全国2位になっており、農業の普及に力を入れている。食育に農業を取り組む試みを全国に先駆けて行っており、県民の理解も高い。『農作業体験や農産物の加工体験などの食に関する体験活動に参加したことがありますか』という質問に対しては、76.2%が「参加したい」と回答した。

 また、『栃木県では、「三食きちんと食べること」、「野菜・牛乳の十分な摂取」、「減塩・うす味」、「日本型食生活」、「食卓に3つの器を」など、栄養バランスのとれた食生活の実践を推進しています。これについて、あなたはどのように実践していますか』と聞いたところ、以下のような結果になった。

■ 栄養バランスのとれた食生活の実践について
 1位:栄養バランスは気にしているが、何を参考にしていいかわからない(34.6%)
 2位:飲食店などの表示、テレビ料理番組などを主に参考に実践している(26.5%)
 3位:栄養バランスは気にしているが、実践する余裕がない(17.8%)
 4位:「食事バランスガイド」などの行政資料を主に参考に実践している(15.1%)

 最後に、『あなたは「食育」を意識し、実践していますか』という質問を行ったところ、44.9%の人が「食育を意識しているが、実践はしていない」と回答。また、42.2%の人は、「食育を意識し、実践している」と答えている。

平成25年度とちぎネットアンケート調査結果(栃木県)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶