ニュース

現代の性教育の課題とは 関東甲信越静性教育研究大会を開催

 連載「養護教諭の重要性とこれから望むこと」(羽根田 都志子 横浜市性教育研究会会長)を更新しました。第3回は、現代の性教育の課題をテーマに開催された関東甲信越静性教育研究大会の模様をお伝えします。

 第2回投稿で紹介させていただいた第23回関東甲信越静性教育研究大会(神奈川大会)は平成25年11月9日(土)に桜木町にある横浜市健康福祉総合センターにおきまして、231名の参加を得て盛会に終えることができました。

 昨今、様々な性に関する課題が問題視される中、大会では現代的課題に焦点をあてて基本テーマを「豊かに生きる力を育む性教育」~現代的課題に対応して~といたしました。

 午前中は講演会、午後は課題別研究協議会を行い、未来ある子どもたちが豊かに生きる力を育むための性教育はどうあったらよいかをご参会の皆様と共に考えることができました。以下、大会のご報告をさせていただきます。

学校保健 オピニオン 「養護教諭の重要性とこれから望むこと」
学校保健 トップページ

[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月08日
【健やか21】全国大会事前申込み受付中(10/4(金)〆切)
2019年08月07日
トマトのリコピンが肥満とメタボのリスクを低下 血管を健康にする抗酸化作用
2019年08月07日
朝食をスキップすると体重が増加する 若い世代でより深刻 朝食はもっとも重要な食事
2019年08月02日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ 2018年版厚生労働白書
2019年07月30日
「運動」をすると脳でインスリンが効きやすくなる 脳機能の低下を予防 肥満やメタボで効果
2019年07月30日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 心と身体にポジティブな効果が
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶