ニュース

アルツハイマー病はウォーキングで予防できる 運動不足が最大の原因

 ウォーキングなどの運動を習慣として行うことで、アルツハイマー症の3分の1は予防可能だ。生活習慣を見直し改善することで、世界の数百万人がアルツハイマー病の発症を予防できるという研究が、医学誌「ランセット ニューロロジー」に発表された。

 「わずか20分のウォーキングを週に3回行うだけで、将来にアルツハイマー病を発症する危険性を下げることができます」と、研究者は述べている。

 バス停の停留所や鉄道の駅をひとつ手前に降りて、残りの行程を歩くだけで、20分の運動は達成可能だ。

アルツハイマー病の最大の原因は運動不足
 アルツハイマー病には効果的な治療がない。発症すると、患者やその家族に破壊的な影響をもたらし、医療費の負担も深刻だ。

 人口の急増と高齢化によって、アルツハイマー病の患者数は世界的に増えている。2010年にアルツハイマー患者の数は約3,000万人だった。2050年までに1億600万人以上に増えると予想されている。

 認知症の原因の約7割を占めるアルツハイマー病は、アミロイドβとタウという2種類のタンパク質が脳の神経細胞を破壊していく病気だ。脳内にタウの凝集が生じると、やがて神経細胞が障害され、情報をうまく伝達できなくなり認知機能が低下していく。

 アミロイドβやタウをたまりにくくする要因が解明されている。アルツハイマー病と関連の深い7つの危険因子とは、(1)糖尿病、(2)高血圧、(3)肥満、(4)運動不足、(5)うつ病、(6)喫煙、(7)低学歴だ。

 英ケンブリッジ大学のキャロル ブレイン教授(公衆衛生学)は、生活スタイルとアルツハイマー病の発症の関連を調べた30件の研究を分析した。その結果、アルツハイマー病の3分の1は、不健康な生活スタイルが原因となることが明らかになった。

 「これらの危険因子の相対危険度をそれぞれ10%減らすことで、2050年にアルツハイマー病の発症率は8.5%減少し、900万人の発症を防ぐことができます」と、ブレイン教授は言う。

 科学的な研究でもっとも効果が高いとされている予防法が運動だ。「運動不足がアルツハイマー病の22%に影響しています。特にウォーキングなどの有酸素運動は、脳の血量を改善するので効果的です」としている。

週に150分の運動がWin-Winの効果をもたらす
 2011年に発表された研究では、アルツハイマー病の患者のおよそ半数は、生活スタイルの改善で発症を防ぐことができるとしていたが、今回の研究では、これらリスク要因が複雑に絡み合っているので、この予想値は楽観的過ぎるとしている。

 認知症を確実に防ぐ方法はないが、そのリスク要因を1つずつ減らしていけば、高い確率で予防できるという。そのために健康的な生活が必要であることが、重要なメッセージとして示された。

 運動ガイドラインでは、ウォーキングやガーデニング、家事など、体を動かす頻度を高め、週の運動時間を150分に増やすことを奨励している。

 実際には、十分な運動をしている人の割合は3分の1程度で、運動時間が週に30分以下の人も5分の1に上るという。

 「運動不足の解消は、肥満や高血圧、2型糖尿病などの病気を改善するためにも重要です。運動をすることで、アルツハイマー病の予防にもつながります。運動は正にWin-Winの効果をもたらします」と、ブレイン教授は強調している。

One in three cases of Alzheimer's worldwide potentially preventable, new estimate suggests(ケンブリッジ大学 2014年7月14日)

[Terahata]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶