ニュース

口の中が乾く「ドライマウス」 不健康な生活習慣が原因のことも

 唾液の分泌量が低下し口の中が乾燥する「ドライマウス」は、生活の質を低下させるだけでなく、口臭や歯周病、味覚障害、舌の痛みなどを引き起こすこともある。セルフケアで改善を期待できるが、最近では専門外来も増えてきた。
ドライマウスは唾液の分泌量が低下する病気
 「ドライマウス」は、さまざまな原因で唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥した状態になる病気で、正式には「口腔乾燥症」という。

 ドライマウスの診断と治療の普及を目的に活動している「ドライマウス研究会」によると、日本の有病数は800万人で、予備群は3,000万人に上り、ドライマウスは「現代病」といえる。

 ドライマウスを放置しておくと、生活の質が低下するだけでなく、虫歯や歯周病、味覚障害、舌の痛み、乾いた食品を食べられない、食べ物をうまく飲み込めないといった症状が引き起こされる。早めの対策が効果的だ。

自分でできるドライマウスの改善法
 ドライマウスの原因としてまず考えられるのはストレスだ。日常的にストレスを受けていると、自律神経の乱れから、口の渇きが慢性化してしまうことがある。

 もうひとつ考えられる原因が、老化に伴う「筋力の低下」だ。唾液の分泌は噛むという行為により促され、唾液を分泌する唾液腺は口の周りの筋肉の動きにより刺激される。その筋肉が衰え唾液の分泌量が低下すると、ドライマウスになりやすい。

 さらに、薬の副作用がドライマウスの原因になることもある。例えば、更年期障害の不定愁訴に悩む患者が抗うつ剤を飲み、その副作用でドライマウスになり、唾液が出ないことにストレスを感じて、症状がさらに強くなるケースもあるという。

 これらの原因があり、唾液腺が正常なのに唾液が出ない場合は、生活習慣を変えれば症状が改善することが多い。

 唾液は、噛んだり、話したりすることで、唾液腺から分泌される。症状を改善するために自分でできる対処法として、次のような対策が効果的だ。
・ 規則正しい食事をとり、しっかり噛んで食べる。
・ 食事の時間が空くときはドロップを舐めると、唾液が出やすくなる。
・ 運動を行い人と会話をすると、ストレスが解消され唾液腺も刺激される。
・ 睡眠を十分にとり疲れをためないようにする。

 市販のドライマウス用ケア用品を使う方法もある。代表的なものには、唾液の蒸発を防ぐマスク、潤いを補給するスプレーやジェル、保湿剤が配合されたマウスウオッシュなどがある。

 また、耳とあごの境目の上の奥歯の辺りを指で円を描くようにマッサージすると、唾液線の中でも最も大きい「耳下腺」が刺激され、唾液が分泌されやすくなる。これを10回ほど行うと効果的だ。唾液線はほかにも、下あご後方の「顎下腺」、舌の下の「舌下腺」などがあり、あごを動かすことでも刺激できる。
ドライマウスの専門外来は増えている
 生活習慣病を改善しても症状が3ヵ月以上改善されなければ、医療機関を受診する必要がある。ドライマウスは、糖尿病や腎不全などの病気を介して起こることもあるので、検査を受けることが大切だ。

 2002年に医療従事者が集まり設立された「ドライマウス研究会」は、診断・治療のガイドラインを作成したり、医療従事者向けに疾患への理解を深める講習を開くなどの活動を行っている。

 同研究会によると、ドライマウスの専門外来は全国に増えているという。医療機関では、問診のほか、唾液分泌量の測定、血液検査、唾液腺の画像検査などが行われる。症状に応じて、唾液の分泌を増やす薬剤の処方や、洗口剤、人工唾液などによる粘膜の保湿、マッサージなどによる唾液腺の刺激などが指導される。

 同研究会のホームページでは、ドライマウスの治療を行っている医療機関のリストが公開されている。

ドライマウス研究会
  ドライマウス 医療従事者リスト

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月26日
より良い睡眠をとるための秘訣は「寝る1~2時間前の入浴」
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶