ニュース

口の中が乾く「ドライマウス」 不健康な生活習慣が原因のことも

 唾液の分泌量が低下し口の中が乾燥する「ドライマウス」は、生活の質を低下させるだけでなく、口臭や歯周病、味覚障害、舌の痛みなどを引き起こすこともある。セルフケアで改善を期待できるが、最近では専門外来も増えてきた。
ドライマウスは唾液の分泌量が低下する病気
 「ドライマウス」は、さまざまな原因で唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥した状態になる病気で、正式には「口腔乾燥症」という。

 ドライマウスの診断と治療の普及を目的に活動している「ドライマウス研究会」によると、日本の有病数は800万人で、予備群は3,000万人に上り、ドライマウスは「現代病」といえる。

 ドライマウスを放置しておくと、生活の質が低下するだけでなく、虫歯や歯周病、味覚障害、舌の痛み、乾いた食品を食べられない、食べ物をうまく飲み込めないといった症状が引き起こされる。早めの対策が効果的だ。

自分でできるドライマウスの改善法
 ドライマウスの原因としてまず考えられるのはストレスだ。日常的にストレスを受けていると、自律神経の乱れから、口の渇きが慢性化してしまうことがある。

 もうひとつ考えられる原因が、老化に伴う「筋力の低下」だ。唾液の分泌は噛むという行為により促され、唾液を分泌する唾液腺は口の周りの筋肉の動きにより刺激される。その筋肉が衰え唾液の分泌量が低下すると、ドライマウスになりやすい。

 さらに、薬の副作用がドライマウスの原因になることもある。例えば、更年期障害の不定愁訴に悩む患者が抗うつ剤を飲み、その副作用でドライマウスになり、唾液が出ないことにストレスを感じて、症状がさらに強くなるケースもあるという。

 これらの原因があり、唾液腺が正常なのに唾液が出ない場合は、生活習慣を変えれば症状が改善することが多い。

 唾液は、噛んだり、話したりすることで、唾液腺から分泌される。症状を改善するために自分でできる対処法として、次のような対策が効果的だ。
・ 規則正しい食事をとり、しっかり噛んで食べる。
・ 食事の時間が空くときはドロップを舐めると、唾液が出やすくなる。
・ 運動を行い人と会話をすると、ストレスが解消され唾液腺も刺激される。
・ 睡眠を十分にとり疲れをためないようにする。

 市販のドライマウス用ケア用品を使う方法もある。代表的なものには、唾液の蒸発を防ぐマスク、潤いを補給するスプレーやジェル、保湿剤が配合されたマウスウオッシュなどがある。

 また、耳とあごの境目の上の奥歯の辺りを指で円を描くようにマッサージすると、唾液線の中でも最も大きい「耳下腺」が刺激され、唾液が分泌されやすくなる。これを10回ほど行うと効果的だ。唾液線はほかにも、下あご後方の「顎下腺」、舌の下の「舌下腺」などがあり、あごを動かすことでも刺激できる。
ドライマウスの専門外来は増えている
 生活習慣病を改善しても症状が3ヵ月以上改善されなければ、医療機関を受診する必要がある。ドライマウスは、糖尿病や腎不全などの病気を介して起こることもあるので、検査を受けることが大切だ。

 2002年に医療従事者が集まり設立された「ドライマウス研究会」は、診断・治療のガイドラインを作成したり、医療従事者向けに疾患への理解を深める講習を開くなどの活動を行っている。

 同研究会によると、ドライマウスの専門外来は全国に増えているという。医療機関では、問診のほか、唾液分泌量の測定、血液検査、唾液腺の画像検査などが行われる。症状に応じて、唾液の分泌を増やす薬剤の処方や、洗口剤、人工唾液などによる粘膜の保湿、マッサージなどによる唾液腺の刺激などが指導される。

 同研究会のホームページでは、ドライマウスの治療を行っている医療機関のリストが公開されている。

ドライマウス研究会
  ドライマウス 医療従事者リスト

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2019年05月21日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省
2019年05月21日
低脂肪ダイエットが乳がんによる死亡リスクを低下 食事改善はすべての女性に恩恵をもたらす
2019年05月21日
授乳中の骨折を防ぐために骨密度検査は重要 出産後の女性が骨粗鬆症を発症することが
2019年05月21日
65歳以上の世帯の1人暮らしは2040年には3割超 高齢者世帯は42都道府県で増加
2019年05月17日
大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要

最新ニュース

2019年05月21日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省
2019年05月21日
低脂肪ダイエットが乳がんによる死亡リスクを低下 食事改善はすべての女性に恩恵をもたらす
2019年05月21日
授乳中の骨折を防ぐために骨密度検査は重要 出産後の女性が骨粗鬆症を発症することが
2019年05月21日
65歳以上の世帯の1人暮らしは2040年には3割超 高齢者世帯は42都道府県で増加
2019年05月17日
大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
2019年05月16日
【健やか21】 『子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド~子ども虐待を見逃さないために~(第1版)』の掲載について(日本小児保健協会)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月14日
日本初の医師監修ウォーキングレッスンアプリがリリース
2019年05月10日
「小児のアレルギー疾患 保健指導の手引き」を掲載~アレルギーポータル
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月09日
【健やか21】「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ」の掲載について(文部科学省)
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
2019年05月08日
チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
2019年05月08日
「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号
2019年04月26日
風しんの今年の累計患者数1000人突破、いまだ増加中
2019年04月25日
【健やか21】ダウン症のお子さんを持つ保護者のための手帳「+Happyしあわせのたね」を配布します(愛知県)
2019年04月24日
【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
2019年04月24日
健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月24日
父親の赤ちゃんに対する「ボンディング障害」 産後のメンタルケアが重要と指摘 エコチル調査
2019年04月24日
生活習慣が夜型の子どもは虫歯のリスクが高い 夜型は肥満の原因にも
2019年04月24日
スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
2019年04月18日
【健やか21】全国一斉「あそびの日」キャンペーンの実施について(スポーツ庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,121 人(2019年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶