ニュース

ストレスを軽減する方法 困っている人を助けるとメンタルヘルスが改善

 知人や友達や、周囲の困っている人を手助けすることで、精神的な健康や感情を向上させ、日常のストレスを減らすことができるという調査結果が発表された。
他人を支援する行為を行うとストレスを軽減できる
 「多忙な生活をおくる人は、周囲の困っている人に手をさしのべる余裕を失いがちですが、困っている人を見かけたら積極的に助けてあげると、自分自身を助けることにつながります」と、エール大学医学部のエミリー アンセル氏(精神医学)は言う。

 混雑している駅の構内の階段などで、子連れの母親が重そうにベビーカーを運ぶ姿を見たことがある人は多いだろう。そんなときに、母親に手を貸したり、ドアを開けたまま待ってあげるといった手助けをするだけでも効果があるという。

 研究チームは、18~44歳の77人の参加者を対象に、14日間にわたって日常の感情や経験をスマートフォンで毎日報告してもらった。アルコール依存症や精神疾患、認知障害をもつ人は除外された。

 参加者は対人関係、仕事/学校、家庭生活、経済、健康/事故などの日常生活での出来事やストレスについて詳しく報告した。同時に他人を支援する行為を行ったかについても報告した。

 参加者のストレスについて、5項目のポジティブ感情と、5項目のネガティブ感情の計10項目からなる簡易尺度「PANAS」を用いて、精神的な健康状態を0~100の段階で評価した。

 その結果、他人を支援する行為を行った参加者は精神的な状態が良く、ストレスの影響が少ない傾向があることが判明した。

 逆に支援行為の少ない参加者は、ストレスを強く受けており、積極性が失われ、ネガティブな感情が強いことも示された。

困っている人を支援する余裕をもつことが大切
 通常よりも強い支援行為を行った人は、ストレスに対する抵抗力が強く、精神的健康が保たれており、その日は幸福感が高まることも分かった。

 他人を助ける支援行為は、ストレスのネガティブな影響を取り除く効果があることが示された。驚くことにこうした影響は毎日の生活で一貫してみられるという。

 「ストレスを強く受けた日に支援行為を行い、精神的な健康状態が向上し、積極性を得られるという人がみられました。社会的な支援活動を行っている人は、ストレスのネガティブな影響を受けにくいのです」と、アンセル氏は言う。

 多くの人はストレスに毎日さらされており、不安や緊張を募らせ、健康が脅かされている。そうであっても、困っている人に社会的支援を施す余裕をもつことが大切だという。

 「助けを必要としている他人を支援することで、結果的にあなた自身のストレスを軽減できます。体の不自由な高齢者を見かけたらエレベーターのドアを開けたまま待ってあげる、困っている人を見かけたら声をかけるといった小さなことでも効果はあります」と、アンセル氏は指摘する。

 今後の研究では、米国以外の文化の異なる社会でも同様の結果が得られるかを調べる予定だという。

Helping others dampens the effects of everyday stress(エール大学 2015年12月14日)
Prosocial Behavior Mitigates the Negative Effects of Stress in Everyday Life(Clinical Psychological Science 2015年12月10日)

[Terahata]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2017年08月23日
「過労死」の実態把握のための労働調査 なぜ過重労働は改善されないか
2017年08月23日
大規模災害時の保健活動 「保健医療調整本部」を設置し連携強化
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月21日
【新連載】高齢者の外出、移動の問題を考える

最新ニュース

2017年08月23日
「過労死」の実態把握のための労働調査 なぜ過重労働は改善されないか
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年08月23日
大規模災害時の保健活動 「保健医療調整本部」を設置し連携強化
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月22日
「褐色脂肪」を活性化する因子を特定 エネルギー消費を促しメタボに対策
2017年08月22日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶