ニュース

家庭用電気マッサージ器でケガや危害が相次ぐ 情報提供を要請

 家庭用の電気マッサージ器を使用中に骨折などのけがをしたとの相談が相次いでいることから、国民生活センターは使い方を注意するよう呼びかけている。「体の疲れを癒すための家庭用電気マッサージ器が、大きな事故につながる可能性がある」として、関連業界には適切な使用法を消費者に伝えるよう求めている。
電気マッサージ器による危害は年々増加
 マッサージチェアやハンディタイプのマッサージ器など、家庭用電気マッサージ器の出荷台数は過去4年間で増加し続けており、2013年には約195万台に達したと報告された。

 「全国消費生活情報ネットワーク・システム」(PIO-NET)には、「電器店でマッサージ器を買って3日目に圧迫骨折した」「フットマッサージ器を使用していたところ、太ももが内出血した」といった相談が、2010~2015年に253件寄せられた。

 報告件数は年間40~50件に増加しており、性別にみると女性が70%(176件)と多く、60歳以上が全体の60%(155件)を占めている。医療機関を受診した件数は51.8%(131件)。1ヵ月以上の治療期間を要したと回答した割合は15%(38件)だった。

 危害内容は「擦過傷・挫傷・打撲傷」(50件)がもっとも多く、「神経・脊髄の損傷」(19件)や「皮膚傷害」(15件)が続いた。骨折や脱臼、捻挫なども報告されている。

 機器の形状別にみると、もっとも多いのはマッサージチェア(83件)で、フットマッサージャー(49件)、ベッド型マッサージ器(22件)、首および肩掛け型マッサージ器(19件)が続く。マッサージチェアでは「神経・脊髄の損傷」(7件)、「筋・腱の損傷」(5件)、「骨折」(4件)が多い。

 また、4分の1が量販店などのフロアにある展示販売の場所や宿泊施設、温泉施設などに設置された機器で起きていることが判明した。
PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)
 国民生活センターと全国の消費生活センターをネットワークで結び、消費者から消費生活センターに寄せられる消費生活に関する苦情相談情報(消費生活相談情報)の収集を行っているシステム。
使用前に販売店や医師に相談を
 同センターは消費者に対し、以下の注意項目を確認するよう呼びかけている――
(1)使用が禁止されている疾病等があるので購入や使う前には販売店や医師に確認しましょう
(2)店舗等での体験でも事故が発生しているのでまず機器の操作方法を知りましょう
(3)安全のため、使用する際にはまず弱の強さから始めましょう
(4)身体に異常を感じた時にはただちに中止しましょう
(5)利用の前には機器の状態を確認しましょう

 さらに事業者に対しては、「安全な使い方が販売・体験時に消費者に十分提供されていない」として、適正な使用につながる正しい情報提供を行うこと、販売員への教育の徹底などを要望している。
半数近くが「取扱説明書を読んでいない」
 今回の調査の相談事例の中には、「腰に良いと宣伝されていたマッサージチェアを8日間、全身に使用したところ腰が痛くなったので、整形外科を受診した。取扱説明書に"腰が痛い場合は気を付けてください"と書いてあったが高齢者向けには注意事項がなかった」という事例があった。

 また、「首と肩の掛け式マッサージ器を使用していた高齢の母が肩と胸の骨を骨折した」「85歳の義母へのプレゼントとしてフットマッサージ器を購入したが、使用中に強く締め付けられて痛みを感じ、途中で止めたいと思ったが、操作方法が分からずそのまま15分間(ワンセット)続け、脚が赤く腫れ上がった」といった事例が報告された。

 量販店や通信販売業者が扱っている家庭用電気マッサージ器のほとんどは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の規制対象となる家庭用管理医療機器だった。同法では、製造販売業者は機器の適正な使い方などについて販売事業者等に情報提供を行う努力義務、販売事業者も機器の適正に使い方などについて購入者等に情報提供を行う努力義務が定められている。

 しかし、過去3年以内にマッサージ器を購入、または体験した人1,000人へのアンケートでは半数近くが「取扱説明書を読んだり、販売員などの説明を聞いたりせずに使用した」と回答した。また、マッサージ器の禁忌となる疾病や使用に当たっては医師への相談が必要な疾病があることを「覚えていない」「分からない」との回答は8割に上っていた。
国民生活センター
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶