• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
厚労省が感染症情報 ゴールデンウイークに海外へ出る人はジカ熱に注意
2016.04.21
 海外渡航者が増えるゴールデンウィークを前に、厚生労働省は、ジカ熱などの感染予防のポイントを公式サイトに掲載した。特に強調されているのが、ジカウイルス感染症やデング熱などの蚊がウイルスを媒介する感染症の予防対策だ。
妊婦や妊娠の可能性がある人はなるべく渡航を自粛
 特に中南米などで流行しているジカウイルス感染症については、妊娠中の感染でお腹の赤ちゃんにも感染する可能性があるとして、妊婦や妊娠の可能性がある人は、なるべく流行地へ渡航するのを自粛し、やむを得ず渡航する場合は「厳重な防蚊対策を講じることが必要」としている。

 海外で気を付けるべき感染症情報として強調されているのは次のことだ――

  • 妊婦および妊娠の可能性がある方は、可能な限り流行地への渡航を控えてください。やむを得ず渡航する場合は、主治医と相談の上で、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。
  • 海外の流行地へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、こまめに虫除け剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。
  • ジカウイルス感染症流行地からの帰国者は症状の有無にかかわらず虫除け剤の使用など蚊に刺されないための対策を少なくとも2週間程度特に注意を払うことを推奨します。
  • 流行地域から帰国した男性は、症状の有無にかかわらず、最低4週間、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、性行為の際に、コンドームを使用するか性行為を控えることを推奨します。

 ジカ熱以外の感染症についても発生地域や症状、予防方法などに触れ、「最も感染の可能性が高いのは、食べ物や水を介した消化器系の感染症」などと説明。日本で発生していない、動物や蚊などが媒介する病気が流行していることもあるため、注意を促している。

 このうち中南米を中心に流行しているジカウイルス感染症について、蚊に刺されてから数日後に発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などの症状が見られた場合には医療機関を受診するよう呼びかけている。

 感染症には、潜伏期間が数日から1週間以上と長いものもあり、帰国後しばらくしてから具合が悪くなることもある。そうした場合は、早急に医療機関を受診し、▽渡航先、▽滞在期間、▽現地での飲食状況、▽渡航先での職歴や活動内容、▽動物との接触の有無、▽ワクチン接種歴――などを伝えることを要望。

 こうした呼び掛けに加え、厚労省は、「蚊 意外にキケンあり。」と題したジカ熱やデング熱、マラリアなどの蚊媒介感染症に関するポスターも作成した。
ゴールデンウィークの海外旅行では感染症に注意しましょう(厚生労働省 2016年4月15日)
(Terahata)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |