ニュース

腹囲が基準未満でも特定保健指導の対象に 「非肥満保健指導」を検討

 厚生労働省は5月17日に、「第7回特定健康診査・特定保健指導の在り方に関する検討会」(座長:永井良三・自治医科大学長)を開催した。腹囲が基準値未満でも高血圧や脂質異常などで心血管疾患を発症するリスクの高い、いわゆる「隠れメタボ」の人を、新たに設ける「非肥満保健指導」の対象とすることを決めた。
腹囲が基準値以下でも脳卒中や心筋梗塞のリスクは上昇
 厚労省研究班(研究代表者:門脇孝・東京大大学院教授)による調査では、高血圧や脂質異常、高血糖値などのリスク要因が多いと、腹囲が基準値以下でも脳卒中や心筋梗塞を発症する確率が高くなることが判明。このため腹囲でまず選別するのではなく、リスク要因の有無で判断することの必要性が指摘された。

 新しい特定健診では、「血圧高値」「脂質異常」「耐糖能異常」のリスクが集積しており、腹囲が基準値未満の人を「非肥満保健指導」の対象とする。2018年度から実施される見通しだ。

 尿検査や肝機能検査など、保健指導対象者の選定に用いられない項目や、導入が見送られている血清尿酸や血清クレアチニンなどの項目についても検討する。
内臓脂肪に着目した保健指導の効果は認める
 あわせて開催されている「保険者による健診・保健指導等に関する検討会」では、腹囲について、肥満者では内臓脂肪の蓄積が危険因子を増加させる主たる原因であり、腹囲は内臓脂肪の減少をはかる特定保健指導の対象者を効率的に抽出する簡易な手法であることが確認されている。

 ただし、腹囲が基準以上であれば必ず内臓脂肪の蓄積があるわけではなく、また、腹囲が基準以下であっても内臓脂肪の蓄積がある場合がある。非肥満者で危険因子を保有する人に対しても、危険因子を増大させている原因を特定し、介入可能な方法を検討する必要があることが示された。

 さらに、検討会では具体的な検査項目について、主に次のことが検討されている。

脂質について
・ 中性脂肪は随時採血であっても虚血性心疾患や脳血管疾患の発症予測能があり、健診項目として活用可能である。
・ non-HDLコレステロールを保健指導対象者の選定に用いる(空腹時採血であればフリードワルド式で算出される LDL コレステロールも使用可)。
・ LDLコレステロール直接測定法を健診項目から廃止し、総コレステロールを健診項目へ追加する。

肝機能について
・ 肝機能検査は肝機能障害の重症化を早期に評価するための検査である。
・ 特に、虚血性心疾患や脳血管疾患等の発症予測能の低い AST(GOT)は、特定健康診査の健診項目からは廃止することも可能とする。
・ 肝機能検査を実施すべき対象者、検査間隔等は改めて検討する。

代謝系について
・ 随時血糖でも虚血性心疾患や脳血管疾患の発症予測能があり、健診項目として活用可能である。
・ 尿糖は健診項目から廃止することも可能とする。

尿腎機能について
・ 尿腎機能検査は腎機能障害の重症化を早期に評価するための検査である。
・ 尿腎機能検査は「基本的な項目」から「詳細な健診の項目」へと位置づけを整理し、検査の対象者を明確とした上で実施することとする。
・ 尿腎機能検査の検査項目、実施すべき対象者、検査間隔等は改めて検討する。

第7回特定健康診査・特定保健指導の在り方に関する検討会(厚生労働省 2016年5月11日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年09月22日
【保健師求人情報 更新】産業保健分野で活躍できる保健師募集
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月15日
「保健指導の基本姿勢」保健指導を受ける立場になり対象者に寄り添える産業保健師に【産保PC第2回レポート】
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発

最新ニュース

2017年09月22日
働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」参加者募集中!
2017年09月22日
【保健師求人情報 更新】産業保健分野で活躍できる保健師募集
2017年09月22日
【健やか21】「9月24~30日は結核予防週間です」ポスター(厚生労働省)
2017年09月22日
「くすり教育」に関わるの教材・情報源が充実 日本くすり教育研究所
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月19日
仕事で強い不安やストレスを感じる労働者は約6割~労働安全衛生調査
2017年09月15日
「保健指導の基本姿勢」保健指導を受ける立場になり対象者に寄り添える産業保健師に【産保PC第2回レポート】
2017年09月15日
【健やか21】教師×NPO 意見交流会~虐待予防教育のこれから~
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発
2017年09月13日
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証
2017年09月13日
10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始
2017年09月13日
マグネシウムの多い食品が心筋梗塞のリスクを低下 8.5万人を調査
2017年09月12日
防災に役立つ75のサイトを集約、多言語化も ー国交省「防災ポータル」
2017年09月12日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える
2017年09月08日
【9/12申込締切・残席わずか】東京糖尿病療養指導士受験者用講習会
2017年09月07日
【健やか21】フォトコンテスト2017作品募集中!
2017年09月07日
「ロコモ」予防のための運動「ACTIVE5」 3世代別の3分間エクササイズ
2017年09月07日
がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要
2017年09月07日
うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定
2017年09月07日
「野菜の日」調査 野菜を1日350gを食べているのはたった5%
2017年09月07日
生命保険にも人工知能(AI)を活用 高血圧患者の保険加入を緩和
2017年09月07日
「食べても太りにくい」仕組みを解明 脂肪細胞の褐色化を促進
2017年09月06日
「有職」の母が増加傾向―厚労省が21世紀出生児横断調査の結果を公表
2017年09月05日
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,404 人(2017年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶