ニュース

災害時の心のケアをする専門家チーム「DMORT」 被災者の悲嘆に対応

 大規模災害時に遺族の心のケアをする専門家チーム「DMORT」(ディモート)の訓練マニュアルを、日本集団災害医学会が作成した。
災害被害者の心のケアが必要
 「DMORT」は「Disaster Mortuary Operational Response Team」の略語で「災害死亡者家族支援チーム」と訳されている。

 災害を想定したシナリオにもとづいて医師や看護師、遺族の役を演じながらケアの方法を学ぶ内容だ。チームは「自治体や病院などで、遺族への連絡と心のケアの訓練で活用してほしい」としている。

 DMORTは、医師や看護師などで構成。犠牲者と対面する遺族らに付き添い、悲嘆を和らげる。災害現場では発災早期より家族(遺族)への組織的支援が必要となる。

 多数の死傷者が生じる災害(大事故)における遺族・遺体に関わるさまざまな問題についての検討が必要なり、2006年に「日本DMORT研究会」が発足した。

 2005年のJR福知山線脱線事故では、現場でトリアージが行なわれ、黒タッグをつけられた犠牲者(黒タッグ患者)は現場で死亡確認され病院に搬送されず、それが病院の混乱を回避したと報告されている。

 しかし、この黒タッグ患者の扱いについて、あるいは遺族の心のケアや遺体に接する救援者のメンタルヘルスなどにおいては、さまざまな課題が残された。
災害直後から家族支援を始めることは重要
 同研究会が作成したマニュアルでは、親しい人を失った時に起きる悲嘆の反応や心理、ケアのポイントなどを紹介。

 災害直後から災害死亡者の家族支援を始めることはもっとも重要な活動だ。災害直後にケアを受ける機会のない家族は長く心の問題を残すことになるという。

 訓練は、実際の災害を想定したシナリオに基づき、参加者が「DMORT役」と「遺族役」を演じる。DMORT役は、遺族役のさまざまな反応に合わせてケアを進める。

 急性期の遺族によくみられる心理状態としては、親しい人や大切なものを喪失した時におこるさまざまな心理的・身体的・社会的な反応である「悲嘆反応」がある。

 悲嘆反応には、(1)呆然自失、ショック、(2)感覚鈍磨、(3)怒り、(4)罪悪感と自責感、(5)不安感、(6)孤独感、(7)無力感、(8)思慕、(9)混乱や幻覚などがある。マニュアルではそれぞれの対応の仕方を解説している。

 災害急性期のグリーフケアのポイントとしては、(1)悲嘆の反応は個人差がある、(2)遺族の「語り」(ナラティブ)の尊重、(3)抑圧された悲嘆にはふみこまない、(4)そっと「寄り添うこと」、(5)相手のニーズに合わせる、(6)スピリチュアルな苦痛を理解する、(7)ケアする側(ケアギバー)の限界を知る――とったことが必要だという。
「気持ち分かります」「頑張って」...遺族を傷つける可能性のある言葉
 遺族を傷つける可能性のある言葉としては、「気持ちはわかりますよ」は、遺族の簡単にわかってほしくないという心理を引き出すおそれがある。決して「禁句」ではないが、言葉を発する際に気をつける必要がある。「黙ってうなずくくらいの方がいいこともある」と解説している。

 「楽になったんですよ」(単なる気休めに聞こえる)、「これからがんばってください」(遺族は既に十分にがんばっている)、「そのうち楽になりますよ」(その場限りの気休めに聞こえる)、「泣いた方がいいですよ」(泣けない場合もある)、「あなたが生きていてよかった」(自身を責めている場合にはそれを増長する)といった言葉にも注意が必要だ。

 マニュアルは、同学会のホームページで公開されている。

日本集団災害医学会
  DMORT 訓練マニュアル(日本集団災害医学会DMORT検討委員会編)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年03月28日
「糖尿病予備群向けの重症化予防プログラム」を開始 日本生命
2018年03月19日
東京の糖尿病療養指導を担う「東京CDE」と「東京CDS」 新年度の活動
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」

最新ニュース

2018年04月26日
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します!
2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月24日
環境省が熱中症環境保健マニュアルを改訂~夏季イベント時の対策を追加
2018年04月19日
【健やか21】パンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」ご活用下さい
2018年04月19日
【新連載】女性のライフステージと、体と心の健康運動
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月13日
厚労省がGWの海外渡航に感染症予防注意を呼びかけ
2018年04月12日
【健やか21】「母子保健指導部」の会員募集と30年度研修会一覧の掲載
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月09日
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋"
2018年04月06日
【健やか21】「ふくおか子育てマイスター活動事例集」のご紹介
2018年04月06日
東京都が福祉保健基礎調査「東京の子どもと家庭」(速報版)を公表
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年04月04日
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に
2018年04月04日
魚の「オメガ3脂肪酸」が死亡リスクを低下 「食後高脂血症」に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,045 人(2018年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶