ニュース

都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差

 日本の平均寿命は過去25年間に4.2歳延びたが、都道府県間の健康状態の格差は拡大したという研究結果が発表された。
平均寿命の格差は3.1歳に拡大 健康寿命の格差も拡大
 日本は超高齢化時代を迎え、「健康転換」が進んでいる。そのペースは国内の地域によって異なり、地域的な健康格差に対する懸念が高まっている。

 1990年以降、日本の平均寿命・健康寿命ともに伸長し、多くの疾患で死亡率が減少したものの、平均寿命の都道府県格差は2.5歳から3.1歳に広がっているほか、2005年以降は死亡率の低下が鈍化傾向にあることが、明らかになった。

 研究は、東京大学大学院医学系研究科の国際保健政策学分野教授の渋谷健司氏と米国ワシントン大学保健指標・保健評価研究所(IHME)などによるもので、医学誌「The Lancet」オンライン版に発表された。

 格差を生み出す要因として、都道府県レベルの保健アウトカム(1人当たりの医療費や人口当たりの医師数など)と、保健システムへのインプット(行動習慣など)との関係を調べたが、有意な相関はみられず、医療資源(医療費や人材)の増加は、必ずしも健康指標の改善に結びついていないことが示された。

 「国レベルで、持続可能な保健システムの実現に向けた具体的施策を検討するのみならず、都道府県レベルで、健康格差是正に向けた保健システムに関する研究や政策立案を行うことが重要」と、渋谷氏は指摘している。

平均寿命は延びているが都道府県の格差は拡大
 主な研究成果は以下の通り。

・ 平均寿命は、1990年から2015年にかけて、79.0歳から83.2歳へと4.2歳延びた。一方、都道府県の平均寿命の格差(最も寿命が長い県と短い県の差)も2.5歳から3.1歳に拡大し、健康寿命の格差も同様2.3歳から2.7歳へと増大した。

・ 健康寿命についても同様に、70.4歳から73.9歳まで延びた。一方、都道府県間における健康寿命の格差は2.3年から2.7年へと拡大した。

・ 年齢調整死亡率は、1990年から2015年にかけて、29.0%減少したが、その減少率は22.0%から32.3%と都道府県による差がみられた。
三大疾患の死亡率の低下率は鈍化
・ 主に脳血管疾患、虚血性心疾患、がんという三大疾患の死亡率の減少により、1990年から2015年にかけて平均寿命は上昇した。しかし、2005年以降、これら三大疾患を含む多くの疾患の年齢調整死亡率の低下率は鈍化している。

 一方、アルツハイマー病等の認知症の年齢調整死亡率は、増加の一途をたどっている。
行動習慣リスクの影響が大きい
・ 2015年の死亡のうち、33.7%は行動習慣リスク(食習慣や喫煙など)、24.5%は代謝系リスク(高血圧や脂質代謝異常など)、6.7%は環境や職業上のリスクに起因していることが判明した。

・ 特に、男性において最も主要な行動習慣リスクは喫煙で、18.9%の死亡に寄与。また不健康な食事(特に高塩分食)も、男女それぞれ18.8%(男性2位)、18.0%(女性1位)の死亡に寄与している。
健康格差を生じる要因は何か
・ 各都道府県における保健システムの主なインプット(1人当たりの医療費、人口当たりの医師数、看護師数、保健師数)と保健アウトカム(年齢調整死亡率および疾病負荷〔死亡と障害を含む包括的な健康指標〕)との間には有意な相関はみられなかった。

・ リスク要因(行動習慣、代謝系、環境および職業上のリスク)と都道府県間の健康格差についても顕著な相関は見られず、これら以外に、健康格差を生じる要因があることが示唆された。

東京大学大学院医学系研究科 国際保健学専攻
Slowed-down progress in population health and increasing regional variations of disease burden in Japan, 1990-2015: a systematic subnational analysis for the Global Burden of Disease Study 2015(Lancet 2017年7月19日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い

最新ニュース

2018年02月23日
「見える化」し社会的評価を―経産省が健康経営優良法人2018を認定
2018年02月22日
【健やか21】「ベランダ1000」プロジェクト 報告書の完成について
2018年02月21日
タクシー乗務員に学ぶ糖尿病対策 「ちょっと糖尿病」は危険?
2018年02月21日
早食いほど肥満は増える 肥満予防に「ゆっくり食べる」と効果的
2018年02月21日
ヨーグルトを食べると心血管疾患のリスクが低下 女性では30%減少
2018年02月21日
「腸内細菌」が2型糖尿病や肥満などに影響 メカニズムを解明
2018年02月21日
「食べ物だ」と意識する前に脳は反応 脳が「食べよう、やめよう」と指令
2018年02月21日
【講演会参加者募集】" 実践!スローカロリー " ~上手な糖質活用のノウハウを教えます
2018年02月20日
健診・予防3分間ラーニングDVD 決算SALE実施中 ♪ ~健診待合室や健康教育・保健指導の情報提供に最適~
2018年02月19日
妊娠子育て期の女性に医師・管理栄養士伴走による遠隔指導研究を開始
2018年02月19日
【健やか21】約100名の女子大生・女子高生と"女性の健康"を考えるイベント
2018年02月15日
「たばこ規制」をどうする? 多方面で厚労省の法改正素案に反対の声
2018年02月15日
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月15日
日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年02月11日
【健やか21】平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について
2018年02月09日
花粉症予防アプリ「アレルサーチ」で発症要因解明と予防の啓もうを(順天堂大学)
2018年02月08日
「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる
2018年02月07日
いま知っておきたい「花粉症」対策 最新の治療で上手に乗り切ろう
2018年02月07日
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意
2018年02月07日
「時間栄養学」の新たな発見 食事のタンパク質が「体内時計」を調整
2018年02月07日
アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別
2018年02月06日
「働く女性の健康~今日的な課題への対応~」へるすあっぷ21 2月号
2018年02月05日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語が決定しました!
2018年02月05日
健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に
2018年01月31日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年01月31日
特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少
2018年01月31日
国立がん研究センターとヤフーが連携 検索で「がん情報サービス」を表示
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,852 人(2018年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶