ニュース

がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果

 進行がん患者の家族が経験する家族内の葛藤の実態について、筑波大学と東北大学の研究グループが調査結果をまとめた。
 緩和ケア病棟で最期を迎えた患者の家族のうち、約40%が何かしらの家族内の葛藤を経験している。
がん患者の家族が経験した葛藤の実態を調査
 がん患者の家族が経験する葛藤は、がん患者の苦痛や寂しさ、そして、介護者の負担感、抑うつ、悲嘆などに影響し、がん患者と家族のQOL(クオリティ オブ ライフ)に影響すると考えられている。

 しかし、がん患者の家族がどのような葛藤を経験しているか、どのような家族に葛藤が多いかといったことは明らかになっていない。

 そこで筑波大学と東北大学の研究グループは、緩和ケア病棟で最期を迎えたがん患者の家族が経験した葛藤の実態について検証を行った。

 今回の研究は、ホスピス緩和ケアに関する研究や啓発活動を展開している「日本ホスピス緩和ケア協会」の事業である「J-HOPE2016研究」の付帯研究として実施された。同研究は、日本のがん患者の緩和ケアの質を評価するために、遺族を対象に行われている全国調査だ。

 調査は、国内の71ヵ所の医療機関の緩和ケア病棟で、2016年1月31日以前に亡くなった患者の遺族を対象に行われ、458名が解析対象となった。

 調査では「OFC scale」(Outcome-Family Conflict scale)を用いて家族内の葛藤について評価した。「OFC scale」は、がん患者の終末期に家族が経験する葛藤を評価するための8項目で構成される評価スケール。
がん患者の40%が家族内の葛藤を経験
 その結果、緩和ケア病棟で最期を迎えた進行がん患者の家族のうち、約40%が何かしらの家族内の葛藤を経験していたことが分かった。

 「自身が本来果たすべき役割を十分にしていない家族がいると思うことがあった」「患者の治療方針に関することで意見が合わないことがあった」については、20%以上の遺族が「とても良くあった」「よくあった」「時々あった」と回答した。

 さらに、「遺族の年齢が若い場合」「家族内で意見を強く主張する人がいた場合」「病気後に家族内でのコミュニケーションが十分に取れていなかった場合」に、家族内の葛藤が増えることが示された。

 一方で、「病気前に交流がなかった家族と連絡をとるようになった場合」に、家族内の葛藤が減ることも分かった。
家族内の葛藤に気付くことが、進行がん患者の家族の支援につながる
 これらの結果から、緩和ケア病棟で最期を迎えた進行がん患者の家族は、家族内で葛藤を経験することが少なくないことが分かり、家族の年齢、家族内の関係性やコミュニケーションの状況が、家族内の葛藤の有無に関係する可能性があることが示された。

 これらの知見から、医療従事者などが、家族内の関係性やコミュニケーションの状況を理解して関わることが、家族内の葛藤の有無に気付くことに役立ち、進行がん患者の家族への支援、そして、患者、家族のQOLの向上につながると考えられる。

 ただし、今回の研究では、患者が亡くなった後に家族の記憶を頼りに回答してもらっている点、病気になる前の家族内の関係性やコミュニケーションの状況が評価できていない点など限界があり、今後のさらなる展開は必要だという。

 研究は、筑波大学医学医療系の浜野淳氏、東北大学の宮下光令教授らの研究グループによるもの。研究成果は、米国精神腫瘍学会・英国精神腫瘍学会・国際精神腫瘍学会の論文誌「Psycho-Oncology」オンライン版に発表された。

日本ホスピス緩和ケア協会
日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団
筑波大学医学医療系
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶