ニュース

福岡市の「健康先進都市戦略」 人生100年を見据えた新戦略「福岡100」

 福岡市が「福岡100~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~」を発表した。「人生100年時代」の到来を見据えた100のアクションを2025年までに実施する。
保健医療分野における新戦略「福岡100」を開始
 日本の高齢化が急速に進む中、高齢者介護に携わる人材の不足が深刻な課題となっている。団塊の世代が一斉に75歳以上になる2025年には、全国で38万人が不足すると国は試算。必要なケアが受けられない高齢者が大量に生まれることが危惧されている。

 そうした事態を地域全体のケア力を高めることで乗り切ろうとする試みが、福岡市で始まっている。同市は、保健医療分野における新戦略「福岡100」を開始。寿命延伸に伴う「人生100年時代」の到来を見据え、誰もが100歳まで健康で自分らしく生き続けられる持続可能な社会システムの構築を実現すべく、100のアクションを2025年までに実施する。

 同市は、2016年3月に開催された厚生労働省主催の「保健医療2035シンポジウム」で、「保健医療2035推進シティ」の第1号として名乗りを上げるとともに、2017年3月に「福岡市健康先進都市戦略」を策定した。福岡100は、この戦略にもとづくもの。
認知症ケア「ユマニチュード」 コミュニケーションが劇的に改善
 この戦略にもとづく先行事業として、認知症の先進的ケア技法である「ユマニチュード」の実証実験を実施。政令指定都市がまちづくりおよび高齢化対策の一環として、ユマニチュードを取り入れることは国内初の試みだ。

 ユマニチュードは、知覚・感情・言語によるマルチモーダル・コミュニケーションケア技法であり、「見る」「話す」「触れる」などの実践的技術で構成される。フランスではユマニチュードの研修制度があり、400以上の施設でユマニチュードが全面導入されている。

 ユマニチュードには「顔の正面から同じ高さで目を合わせる」「何をしているか実況するように伝える」「腕を上からつかまず、必ず下から支える」などの確立された具体的な技術が含まれており、この技術を用いてケアを行うと、認知症の行動・心理症状としてしはしばみられる暴言・暴力などの症状が起こりにくくなることが知られている。
デジタル技術を駆使して「地域包括ケアシステム」を構築
 福岡市は、ICT(情報通信技術)を活用した「地域包括ケア」も実施。​住まい・医療・介護・予防・生活支援サービスを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」を構築するために、ICTを活用した情報通信基盤「地域包括ケア情報プラットフォーム」の構築を中心とした「care4FUKUOKA」(ケアフォーフクオカ)プロジェクトを立ち上げた。

 市民・団体が楽しみながら健康増進に取り組めるような、新しい製品・サービスを生み出す市民参加型健康プラットフォーム「福岡ヘルス・ラボ」も立ち上げた。

 ICTを活用した「かかりつけ医」機能の強化にも乗り出している。​​​『ICTを活用した「かかりつけ医」機能強化事業推進ワーキンググループ』は、平成29年に市内11医療機関の参加を得て事業の実証を開始。 診療時間の効率化や医療の質の向上を図るため、ICTを活用しオンラインで医師と患者をつなぐことにより、地域の医療介護に貢献する「かかりつけ医」機能の強化を目指している。

 この事業では、オンラインで医師と患者をつなぐことにより市民の皆様が自宅等に居ながら、「自身の健康を気遣い予防できること」「不安があるときにかかりつけ医に相談できること」「受診が困難な場合でもかかりつけ医と繋がり治療を継続できること」の実現を通じ、年齢を重ねても、健康不安を抱えても、安心して暮らすことができる地域 社会づくりに向けた次世代の地域医療インフラの確立を目指すという。
平均寿命と健康寿命のギャップを減らすことが課題
 健康・医療・介護分野に挑戦するスタートアップを「ケア・テック・ベンチャー」と位置付け、支援する枠組みとして「ケア・テック・アライアンス(コンソーシアム)」も創設する。

 前述の「福岡ヘルス・ラボ」と連携し、オープンイノベーションにつながるアイデアソンやマッチングイベントなどを実施することで、ICTなどを駆使したケア・テックの開発・事業化を促進する。

 福岡100の開始に合わせて開催された記者会見で、同市長の高島宗一郎氏は「100歳まで生きられる現代では、平均寿命と健康寿命のギャップを減らしていくことが一番の課題。そのギャップを埋めるべく、『福岡100』ではさまざまな支援・取り組みを行っていく。高齢化していく人類の大きな一歩になると期待している」と説明し、「国に先駆け、『日本一元気なまち』福岡から社会を変えていく」とコメントした。

福岡100~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~(福岡市)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発
2017年09月13日
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証
2017年09月13日
10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始

最新ニュース

2017年09月26日
糖尿病合併症のバイオマーカー:GAの臨床的意義
2017年09月26日
厚労省が職場での死亡災害撲滅に向けた緊急要請を実施
2017年09月25日
急性心腎症候群の管理 ~虚血ストレスマーカー L-FABPの可能性~
2017年09月22日
働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」参加者募集中!
2017年09月22日
【保健師求人情報 更新】産業保健分野で活躍できる保健師募集
2017年09月22日
【健やか21】「9月24~30日は結核予防週間です」ポスター(厚生労働省)
2017年09月22日
「くすり教育」に関わるの教材・情報源が充実 日本くすり教育研究所
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月19日
仕事で強い不安やストレスを感じる労働者は約6割~労働安全衛生調査
2017年09月15日
「保健指導の基本姿勢」保健指導を受ける立場になり対象者に寄り添える産業保健師に【産保PC第2回レポート】
2017年09月15日
【健やか21】教師×NPO 意見交流会~虐待予防教育のこれから~
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発
2017年09月13日
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証
2017年09月13日
10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始
2017年09月13日
マグネシウムの多い食品が心筋梗塞のリスクを低下 8.5万人を調査
2017年09月12日
防災に役立つ75のサイトを集約、多言語化も ー国交省「防災ポータル」
2017年09月12日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える
2017年09月08日
【9/12申込締切・残席わずか】東京糖尿病療養指導士受験者用講習会
2017年09月07日
【健やか21】フォトコンテスト2017作品募集中!
2017年09月07日
「ロコモ」予防のための運動「ACTIVE5」 3世代別の3分間エクササイズ
2017年09月07日
がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要
2017年09月07日
うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定
2017年09月07日
「野菜の日」調査 野菜を1日350gを食べているのはたった5%
2017年09月07日
生命保険にも人工知能(AI)を活用 高血圧患者の保険加入を緩和
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,404 人(2017年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶