ニュース

結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響

 結婚生活が「改善している」男性は、「悪化している」男性に比べ、体重や血圧、コレステロール値や良好であるという研究が発表された。夫婦がカウンセリングを受けることで健康に好ましい影響が生じる可能性があるという。
独身者に比べ既婚者は健康である傾向
 結婚生活における家族の関係性が、男性の健康状態に大きく影響しているという調査結果を、英国のブリストル大学が発表した。

 「エイボン親子縦断調査研究」(ALSPAC)は、ブリストル大学などが1万4,500人の家族の健康について長期にわたり調査している研究で、1991年に開始された。

 研究チームは、この調査に参加した620人の既婚の父親を対象に、心血管などのリスクについて追跡して調査した。

 独身者に比べ既婚者は健康である傾向を示した研究は過去に報告されているが、結婚している人の健康が家族の関係性からどのような影響を受けるかを調べた研究は少ない。

 ほとんどの研究は結婚生活の一時点に集中して調査しており、時間の経過によりもたらされる潜在的な影響を継続して調べた研究は今回の研究がはじめてだという。

 研究に参加した父親は、子供が3歳のときに、親子の親密な関係性について調べる12項目のアンケートに答えて、家族関係の質が評価された。子供が9歳になったときに再びアンケートに答えた。

 研究チームは、参加者の夫婦や家族の関係性を「一貫して良い」「一貫して悪い」「改善している」「悪化している」のいずれかで評価した。さらに2011~2013年に健康診査を実施し、血圧、安静時の心拍数、体格指数(BMI)、血中脂肪量、空腹時血糖値などを評価した。

夫婦の関係性が「改善」すると検査値が良好に
 その結果、夫婦の関係性が「改善している」と評価された父親のLDLコレステロール値は平均して4.5mg/dL低下し、BMIは1低下した。総コレステロール値は4.3mg/dL低下し、拡張期血圧は2.24mmHg低下した。

 一方で、夫婦関係が「悪化している」と評価された父親は、拡張期血圧が平均して2.74mmHg上昇していた。

 「良好な結婚生活は、とくに男性において、健康状態を改善することが示されました。結婚生活は、社会的・経済的な状況や社会心理的なメカニズムの影響を受けます」と、ブリストル大学のイアン ベネット ブリトン氏(社会コミュニケーション医学)は言う。

 「一貫して良い」または「一貫して悪い」と判定された男性では、あまり変化が確認されなかった。これについて研究チームは、男性がそうした状況に時間をかけて「順応」していることが理由ではないかと推測している。

 「女性は一般的に、職場以外の地域社会などで社会ネットワークを豊富にもっています。また、パートナーに依存することなく、社会的な交流するのが得意です。男性はこうした恩恵を受けるのが苦手な場合が多いのです」と、ブリトン氏は指摘する。

 今回の研究は観察研究であり、良好な結婚生活が男性の健康を向上させるという結論を決定付けることはできない。また、参加者は若い男性が多かったので、長期にわたる影響については不明の点が多いと、研究者は付け加えている。

 ただし、結婚生活と健康状態の因果関係について考えるとき、「関係性が悪化しているカップルは、結婚カウンセラーに相談して問題解決に取り組むことが、心理的な幸福度を向上するのに役立つ可能性があります。夫婦の関係性を改善することで多くの健康上のメリットを得られます」と、ブリトン氏は結論付けている。

 今回の研究は医学誌「Journal of Epidemiology&Community Health」に発表された。

Risk factors for heart health linked to marital ups and downs(ブリストル大学 2017年10月12日)
Changes in marital quality over 6 years and its association with cardiovascular disease risk factors in men: findings from the ALSPAC prospective cohort study(Journal of Epidemiology&Community Health 2017年10月12日)
[Terahata]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2018年06月20日
メタボや肥満の人が「睡眠不足」を感じたら放置してはいけない理由
2018年06月20日
梅雨に多い「梅雨だる」を6割が実感 症状を深刻化させないポイント
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年05月30日
「体内時計」が糖尿病・メタボに影響 「時間生物学」が注目されている
2018年05月30日
ビタミンCが「認知症」リスクを低下 女性でリスクが10分の1に低下
2018年05月23日
「高血圧」の治療で伝わらない説明 コミュニケーションのズレは深刻
2018年05月16日
SNSの「自殺防止相談」に月に1万件以上 「対策強化月間」に実施
2018年05月16日
早期のアルツハイマー病「軽度認知障害」 日本人対象の研究で解明
2018年05月16日
「睡眠障害」が高血圧・糖尿病に関連 日本で最大規模の研究
2018年05月01日
休日の寝過ぎが体調不良の原因に 「社会的時差ぼけ」を解消

最新ニュース

2018年06月22日
「葉酸」は妊娠"前"からの摂取が重要です!「妊活中から葉酸をとろう」(指導箋)
2018年06月22日
【健やか21】母子保健指導者養成研修会 受講申込 受付開始
2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下
2018年06月20日
アブラナ科野菜は「台所のドクター」 心疾患、脳卒中、がんのリスクを低下
2018年06月20日
メタボや肥満の人が「睡眠不足」を感じたら放置してはいけない理由
2018年06月20日
女性に多い「下肢静脈瘤」のリスク 認知度が低く受診放置が多い
2018年06月20日
梅雨に多い「梅雨だる」を6割が実感 症状を深刻化させないポイント
2018年06月20日
6月20日から「『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」を全国各地で実施
2018年06月15日
女性の「やせ」をテーマにした教材が登場!「気にしてますか?やせすぎ注意」(指導箋)
2018年06月15日
【健やか21】イクメン企業・イクボスアワード2018募集中!
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月13日
日本の給食が「肥満」を減らす 給食実施率の増加で肥満が低下
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
2018年06月13日
糖尿病学会でウォークイベントを開催 特別な運動でなくとも効果的
2018年06月12日
厚労省が禁煙支援マニュアルを増補改訂―社会情勢の変化に合わせて内容をアップデート
2018年06月08日
食育指導で使えるイラスト提供します(健やか親子21食育プロジェクト)
2018年06月08日
【連載更新】成人期の健康運動の考え方~体と心を感じる習慣づくり~
2018年06月07日
対談「女性と生活習慣病予防」一無、二少、三多で健康長寿
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年06月06日
「高血圧」の治療がインフルエンザ対策に ウイルスの感染を防ぐ効果が
2018年06月06日
「子どもの貧困」が発育異常にも影響 子どもへの社会的な支援が必要
2018年06月06日
「歯周病」に対策 3ヵ月のプロジェクトでタクシー乗務員を意識改革
2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年06月04日
【応募受付中】「でかメモ」アンバサダー募集!
2018年06月04日
健康スコアリングの詳細設計に関する報告書を公表―日本健康会議
2018年06月01日
プルーン食べ合わせレシピコンテスト実施中!骨の健康(プルーン × カルシウム) 
2018年06月01日
「健康・医療・介護の新潮流」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,257 人(2018年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶