ニュース

結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響

 結婚生活が「改善している」男性は、「悪化している」男性に比べ、体重や血圧、コレステロール値や良好であるという研究が発表された。夫婦がカウンセリングを受けることで健康に好ましい影響が生じる可能性があるという。
独身者に比べ既婚者は健康である傾向
 結婚生活における家族の関係性が、男性の健康状態に大きく影響しているという調査結果を、英国のブリストル大学が発表した。

 「エイボン親子縦断調査研究」(ALSPAC)は、ブリストル大学などが1万4,500人の家族の健康について長期にわたり調査している研究で、1991年に開始された。

 研究チームは、この調査に参加した620人の既婚の父親を対象に、心血管などのリスクについて追跡して調査した。

 独身者に比べ既婚者は健康である傾向を示した研究は過去に報告されているが、結婚している人の健康が家族の関係性からどのような影響を受けるかを調べた研究は少ない。

 ほとんどの研究は結婚生活の一時点に集中して調査しており、時間の経過によりもたらされる潜在的な影響を継続して調べた研究は今回の研究がはじめてだという。

 研究に参加した父親は、子供が3歳のときに、親子の親密な関係性について調べる12項目のアンケートに答えて、家族関係の質が評価された。子供が9歳になったときに再びアンケートに答えた。

 研究チームは、参加者の夫婦や家族の関係性を「一貫して良い」「一貫して悪い」「改善している」「悪化している」のいずれかで評価した。さらに2011~2013年に健康診査を実施し、血圧、安静時の心拍数、体格指数(BMI)、血中脂肪量、空腹時血糖値などを評価した。

夫婦の関係性が「改善」すると検査値が良好に
 その結果、夫婦の関係性が「改善している」と評価された父親のLDLコレステロール値は平均して4.5mg/dL低下し、BMIは1低下した。総コレステロール値は4.3mg/dL低下し、拡張期血圧は2.24mmHg低下した。

 一方で、夫婦関係が「悪化している」と評価された父親は、拡張期血圧が平均して2.74mmHg上昇していた。

 「良好な結婚生活は、とくに男性において、健康状態を改善することが示されました。結婚生活は、社会的・経済的な状況や社会心理的なメカニズムの影響を受けます」と、ブリストル大学のイアン ベネット ブリトン氏(社会コミュニケーション医学)は言う。

 「一貫して良い」または「一貫して悪い」と判定された男性では、あまり変化が確認されなかった。これについて研究チームは、男性がそうした状況に時間をかけて「順応」していることが理由ではないかと推測している。

 「女性は一般的に、職場以外の地域社会などで社会ネットワークを豊富にもっています。また、パートナーに依存することなく、社会的な交流するのが得意です。男性はこうした恩恵を受けるのが苦手な場合が多いのです」と、ブリトン氏は指摘する。

 今回の研究は観察研究であり、良好な結婚生活が男性の健康を向上させるという結論を決定付けることはできない。また、参加者は若い男性が多かったので、長期にわたる影響については不明の点が多いと、研究者は付け加えている。

 ただし、結婚生活と健康状態の因果関係について考えるとき、「関係性が悪化しているカップルは、結婚カウンセラーに相談して問題解決に取り組むことが、心理的な幸福度を向上するのに役立つ可能性があります。夫婦の関係性を改善することで多くの健康上のメリットを得られます」と、ブリトン氏は結論付けている。

 今回の研究は医学誌「Journal of Epidemiology&Community Health」に発表された。

Risk factors for heart health linked to marital ups and downs(ブリストル大学 2017年10月12日)
Changes in marital quality over 6 years and its association with cardiovascular disease risk factors in men: findings from the ALSPAC prospective cohort study(Journal of Epidemiology&Community Health 2017年10月12日)
[Terahata]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月06日
新しい「発芽玄米」で脳内「BDNF」が増える 脳卒中や認知症などを予防
2018年11月02日
【健やか21】児童虐待防止推進月間「愛の鞭ゼロ作戦」
2018年10月24日
10分間の運動で記憶力や認知能力がアップ 高齢者向けプログラムに期待

最新ニュース

2018年12月14日
【健やか21】不登校傾向にある子どもの実態調査 中学生約33万人
2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月06日
【参加募集中】第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年12月04日
「依存症を知る~今日的課題と対応~」へるすあっぷ21 12月号
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~
2018年11月29日
【健やか21】伝染性紅斑が流行しています(東京都)
2018年11月28日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」※申込みを締切りました
2018年11月28日
高齢者の入浴に「要介護」を防ぐ効果 ただし冬の入浴には注意も必要
2018年11月28日
高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明
2018年11月28日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月28日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
2018年11月28日
肥満の多い国にいる日本人は肥満になりやすい? 運動指導がポイント
2018年11月25日
【健やか21】暮らしに役立つ情報「一人ひとりの医療情報が"明日の医療"につながります。」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶