ニュース

血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん

 千葉県がんセンターなどの研究チームは、血中に微量に含まれる元素17種類の濃度を測定することで、90%近い確率でがんを早期に診断できる方法を発見したと発表した。
数滴の血液でがん判別 微量元素に着目
 研究は、千葉県がんセンター研究所、神奈川県立がんセンター臨床研究所、半導体メーカー「レナテック」などの研究チームが、経済産業省の助成を得て行ったもの。

 研究チームは、血中の微量元素の濃度ががんの種類によって違うことに着目。患者の血清中にある微量元素の濃度を測定し、それぞれの割合を算出することで、がんかどうかやがんの種類を判断するのに成功した。

 測定するのは、ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、カリウム、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、セリン、ルビジウム、ストロンチウム、ヒ素、モリブデン、セシウム、コバルト、銀の17元素。

 血清中の微量元素の測定・解析は取り扱いが容易であり、かつ測定機器も工業用のものが流用できるため、測定コストが低く抑えられ、がんを早期に見つけるスクリーニング検査としては極めて安価に提供できるという。

 研究チームは、▽膵臓がん、▽前立腺がん、▽大腸がん、▽乳がん、▽子宮体がんの5種類のがんについて、がん患者計約960人とがんではない約550人の血清を集め、千葉と神奈川の2カ所で微量元素の濃度を測定し、データを解析した。

 その結果、男性では膵臓がん 88.0%、大腸がん 83.9%、前立腺がん 89.7%、女性では乳がん 84.2%、子宮体がん 89.0%、大腸がん 87.1%と、いずれも9割近い確率で診断できた。

1回の採血で8~10種類の「がんのリスク」を判別
 現在がん検査で主流の腫瘍マーカーによる的中率は前立腺がん25~50%、大腸がん30%などとなっているのに対し、新しい検査方法では大幅に精度が向上している。

 また、がん検診や人間ドックでは発見が困難な膵臓がんや子宮体がんに対しても有効で、絶食などの前処置や苦痛を伴う検査が必要な大腸がんや前立腺がんも、この簡易的な血液検査で発見できという。

 通常の画像診断検査でも見つからないような小さながんを早期に発見でき、外科手術後の定期的な血液検査の際に、余った血液を利用することで、いち早く再発の有無を把握できる。

 現在、胃、肺、肝臓、胆嚢、卵巣、子宮頚部、甲状腺のがんに関してもデータの収集と微量元素の測定を継続しており、最終的には、1回の採血で8~10種類の「がんのリスク」を判別できる見込みだ。

 人間ドックへの導入など、微量元素の測定機器は2019年春をめどに国の医療機器の承認を目指すという。

 同研究所の永瀬浩喜所長は「がん検診などでより多くの患者を対象に研究を重ね、臨床試験を経て実用化につなげたい。人間ドックなどの際に採取した血液も使え、安価で身体的負担も少ない新たな検診方法となる可能性がある」と話している。

千葉県がんセンター
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年10月25日
「乳がん」早期発見のきっかけはセルフチェック 定期的な検診が決め手
2017年10月25日
日本人の最大規模の「バイオバンク」を構築 長寿医療研究センターなど
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年09月27日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査

最新ニュース

2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年11月01日
「糖質50%オフおせち」 お正月も食事には気を抜けない
2017年11月01日
40歳代の独身男性のメタボ該当率は23% 既婚者の2倍
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶