ニュース

腕帯の要らない「カフレス」血圧測定を開発 血圧変化を「見える化」

 名古屋大学は、腕帯(カフ)を必要としない新しい血圧測定の技術を開発したと発表した。
腕帯を巻く必要のある測定には限界が
 血圧変化は脳心血管病発症の大きな原因となることが知られており、とくに家庭での自己測定血圧は重要視されている。

 およそ120年前に血圧という概念が発見されて以来、血圧測定は診察室で行われている聴診法や、現在の家庭血圧計に応用されているオシロメトリック法により行われてきた。

 従来の方法は、腕に帯状のカフを巻くことが血圧の測定の必要条件となるため、たとえば入浴や運動などの生活シーンでの測定が難しく、カフ締め付けによる睡眠中の不快感や測定誤差の発生などの限界がある。

 カフのない方法での血圧測定が可能になれば、今まで測定困難であった測定条件下で、血圧変化の「見える化」が可能となると期待されている。
患者の負担がなく簡易に血圧を計測できる仕組みを確立
 今回の研究では、脈波から血圧を測定する技術である「カフレス血圧測定技術」が、実際に臨床応用可能な精度を有するかを検証した。

 開発したのは、カフで上腕を締め付けることなく、心電図波形のR波(上向きの幅の狭い波)と、掌や指先で計測した脈波を使って血圧を連続的に推定する方法だ。

 LEDの光を皮膚の表面にある毛細血管に当て、脈波(心拍動に伴う末梢血管系内の血圧・容積変化)をセンサーで感知する。

 開発した血圧測定法であれば、患者への負担が少なく、睡眠時の測定や連続計測などもでき、慢性腎臓病(CKD)での血圧の日内変動の計測も可能になると期待されている。
入眠時のカフによる不快感を有意に軽減
 研究チームは、健常者ならびに循環器内科へ通院中、あるいは入院中の患者を対象に、従来のカフ式ならびにカフレス式により血圧を同時測定する実証実験を行った。

 データ収集を行い、カフレス血圧値が血圧測定の世界標準規格であるIEEE標準規格(IEEE1708-2014)の要求する「安静試験」「血圧変動試験(上昇・低下)」「長期再現性試験」で精度を満たすかどうかを評価した。

 この試験条件の設定方法には先例がないことから、研究ではIEEE1708-2014に準拠する、新たな評価方法を作成。

 検討した結果、カフレス血圧値は要求された全ての試験における精度要求を達成しただけでなく、入眠時のカフによる不快感を有意に軽減することが明らかになった。
血圧のさまざまなシーンでの「見える化」が可能に
 カフレス血圧計の開発は、ウェアラブルデバイスの開発に直結するため、重要な健康指標である血圧のさまざまなシーンでの「見える化」が可能となる。

 開発中の新しい血圧計は、たとえば腕時計のように身に付け、データをスマートフォンに送って、「きょうは血圧が高い」などというときは食事や運動、睡眠に気を付けるなど、患者が自身で健康管理することを促す仕組みも考えられているという。

 現在、日本に2,000万人以上いるという高血圧患者の脳心血管病の予防だけでなく、血圧の自己測定が難しい被介護者の診察室外の血圧測定が可能となり、遠隔医療システムの実現による予防医療への貢献なども期待される。

 研究は、名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学の室原豊明教授、坂東泰子講師、渡邊直樹大学院生による研究チームによるもの。研究成果は「Journal of the American College of Cardiology(JACC): Basic to Translational Science」電子版に発表された。

名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学
Development and validation of a novel cuff-less blood pressure monitoring device(Journal of the American College of Cardiology(JACC):Basic to Translational Science 2017年12月25日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に

最新ニュース

2018年04月19日
【健やか21】パンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」ご活用下さい
2018年04月19日
【新連載】女性のライフステージと、体と心の健康運動
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月13日
厚労省がGWの海外渡航に感染症予防注意を呼びかけ
2018年04月12日
【健やか21】「母子保健指導部」の会員募集と30年度研修会一覧の掲載
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月09日
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋"
2018年04月06日
【健やか21】「ふくおか子育てマイスター活動事例集」のご紹介
2018年04月06日
東京都が福祉保健基礎調査「東京の子どもと家庭」(速報版)を公表
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年04月04日
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に
2018年04月04日
魚の「オメガ3脂肪酸」が死亡リスクを低下 「食後高脂血症」に注意
2018年04月04日
体重増加の犯人は果物や野菜のジュースかも 毎日飲み続けるとどうなる?
2018年04月03日
【連載更新】ナースがおうちで産後ケア/私は踊る保健師!ワクワクを届ける
2018年04月02日
【健やか21】公開フォーラム 「多職種による母子保健の推進~歯科からの提案~」
2018年04月02日
驚きのコラボが実現!『健やか親子21と鷹の爪団のみんなで子育て大作戦』
2018年04月01日
「健康行動の壁 行動を後押しするヒント」へるすあっぷ21 4月号
2018年03月30日
【ちらし配布ご協力お願い】女性特有のがんコミュニティ型SNS「Peer Ring」
2018年03月28日
収入や教育年数が「健康格差」に影響 年収低いほど肥満リスクは上昇
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,045 人(2018年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶