ニュース

アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別

 アルツハイマー病を、症状が出る前でもわずか0.5ccの血液で簡単に検査できる技術を、国立長寿医療研究センターと島津製作所などが共同で開発した。アルツハイマー病の治療の開発につながる成果だ。
簡単に検査できる新しい方法が求められている 従来の検査では限界が
 国立長寿医療研究センターと島津製作所は、質量分析システムを用いたアルツハイマー病血液バイオマーカーにおいて、現在用いられている脳脊髄液やPETイメージングの検査に匹敵するアルツハイマー病変(アミロイド蓄積)検出する方法を確立したと発表した。

 この研究は、京都大学、東京大学、東京都健康長寿医療センター、近畿大学と共同で行い、オーストラリアの研究組織「Australian Imaging Biomarkers and Lifestyle Study of Ageing」(AIBL)と連携して行われたもの。研究成果は「Nature」オンライン版に発表された。

 アルツハイマー病は、記憶を司る脳の海馬の周辺から萎縮が始まる病気で、最初に物忘れが起こるのが特徴だ。進行するにつれて脳全体が萎縮して、認知機能全体が徐々に低下していく。

 アルツハイマー病では、脳内にアミロイドβというタンパクが異常に蓄積し、神経細胞が傷害されて脳が萎縮していくことが分かっている。

 このアミロイドβの脳内蓄積は発症の20年以上前に始まると考えられている。早い段階で発見できれば、新たな治療法や予防法の開発につながる。また進行を遅らせることができ、良好な状態を保つことが可能となる。

 現在用いられているのは、背骨の間に針を入れて脳脊髄液(CSF)を採取する検査や、1人あたり十数万~数十万円かかる陽電子放射断層撮影(PET)検査で、侵襲性があったり、検査費用が高額なため、数千人規模の参加を必要とする臨床治験への適用には限界があった。
根本的な治療薬や予防薬の開発につながる成果
 質量分析システムを用いたアルツハイマー病血液バイオマーカーは、2014年に発見されていた。アミロイドβが脳に蓄積すると、その一種がわずかな量だけ血液中で減ることが分かっていた。これを応用すれば脳のアミロイドβの蓄積を知ることができるが、微量のアミロイドβを血液検査で知るのは難しいと考えられていた。

 国立長寿医療研究センターと島津製作所などの研究チームは、研究開発を重ね、アミロイドβの蓄積によって変動する複数の関連物質の比率から脳内の蓄積の度合いを推定する技術を開発し、わずか0.5ccの血液で測定できる方法を確立した。

 この方法は、CSFやPET検査に匹敵する精度の極めて高いもので、研究グループは「世界的にいまだ成功していないアルツハイマー病の根本的な治療薬、予防薬の開発の飛躍的向上に大きく貢献するものと期待される」と述べている。

 研究グループは、60~90歳の日本人121人とオーストラリア人111人を対象に、血液検査と脳画像検査を行い、結果を比較した。両国とも約9割で一致し、アミロイドβの有無を正しく判定できたという。
検診でアルツハイマー病を早期発見できる可能性
 国立長寿医療研究センターでは、「アルツハイマー病を症状が出る前の段階で早期発見し治療することが、根本治療につながることが最近の研究で分かってきた。簡単な血液検査で対象者を選び出せれば、研究の加速を期待できる」と述べている。

 研究チームの一員で2002年にノーベル化学賞を受賞した島津製作所シニアフェローの田中耕一氏は、「体内の微量な物質を測定する分析技術は、急速に進歩している。病気の治療や検査などに活用できるようにすることを目指している」と述べている。

 アルツハイマー病進行を抑える作用のある治療薬はあるが、根本的に治す薬は現時点では開発されていない。

 今回の研究で開発された検査法は、安全性が確認され、アルツハイマー病の治療法が開発されれば、発症前の高齢者検診に生かせる可能性があるという。
国立長寿医療研究センター
島津製作所
High performance plasma amyloid-β biomarkers for Alzheimer's disease(Nature 2018年1月31日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2018年10月22日
【PR】病気を発見するAIや遺伝子検査予防法など最新技術が集結!無料の専門セミナーも多数開催【健康診断・健康管理EXPO】
2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条

最新ニュース

2018年10月22日
現役保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋無料配付キャンペーンのお知らせ
2018年10月22日
【PR】病気を発見するAIや遺伝子検査予防法など最新技術が集結!無料の専門セミナーも多数開催【健康診断・健康管理EXPO】
2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月18日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶