ニュース

「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連

 東京大学などの研究グループは、女性のバストの大きさや月経痛の重さなど、女性特有の体質と関連が強い遺伝子がある領域を発見したと発表した。
 解明を進めれば、個人の体質に合った月経中の痛みや発熱などの改善や、病気の予防法を提案できるようになる可能性がある。
1万1,348人の女性の遺伝情報を解析
 東京大学などの研究グループは、1万1,348人の女性の遺伝情報と、22の女性特異的な体質に関するアンケートの結果を用いて、大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、バストサイズや月経痛など女性特有の体質と関連の強い遺伝子領域をそれぞれ発見した。

 研究は、東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座の大須賀穣教授らが、スタージェンの鎌谷直之氏らと共同で行ったもの。エムティーアイの子会社であるエバージーンの遺伝子解析サービスのプラットフォームを利用し、同社が運営する「ルナルナ」を利用している女性ボランティアの協力を得た。

 女性ボランティアが自宅で採取した唾液より抽出したDNAから約54万の遺伝子多型(SNP)の情報を読み取り、その中から精度の高い検体およびSNPのみを抽出。

 女性ボランティアが回答した体質に関するWEBアンケートの結果を用いて、大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、バストサイズや月経痛など女性特有の体質と関連の強い遺伝子領域を探した。

バストサイズに関連する遺伝子を発見
 アンケートでバストのカップ数(AA~Gカップ以上)について質問し、その回答をもとに、バストサイズの傾向を数値化して解析を実施。

 その結果、バストサイズが大きい傾向の人と小さい傾向の人とで異なる遺伝型の組み合わせが、6番染色体の「CCDC170」と、8番染色体の「KCNU1/ZNF703」と呼ばれる遺伝子領域にあることが明らかになった。

 「CCDC170」は、乳がんの発症リスクとも関連が強いことが報告されており、エストロゲン受容体をコードしている「ESR1遺伝子」と隣接している。

 今回、実際の遺伝子発現に与える効果を調べたところ、これらの遺伝子変動が「ESR1」の発現量よりも「CCDC170」の発現量に関連することが確認された。
月経痛の重さに関連する遺伝子を特定
 また、月経痛の重い傾向の人と軽い傾向の人とで異なる遺伝型の組み合わせが、1番染色体の「NGF」と2番染色体の「IL1A」と呼ばれる遺伝子領域にあることも分かった。

 「NGF」は神経の成長に関わる遺伝子としてよく知られており、「IL1A」は痛みや炎症を引き起こす炎症系サイトカインと呼ばれるタンパク質をコードし、月経痛の主な原因と言われている「プロスタグランジン」の生産を促すことが知られている。

 さらに、アンケートで月経中にある症状として「発熱」を選んだ人では、6番染色体の「OPRM1」と呼ばれる遺伝子領域に特徴的な遺伝型の組み合わせがあることも明らかになった。
月経中の痛みや発熱 個人の体質に合わせた治療法を開発
 これらの遺伝子多型が、実際の遺伝子の発現に与える量的効果を「eQTL」という。eQTLの解析を行うことで、遺伝子多型と疾患発症や体質の関連を検討できると考えられている。

 今回のゲノムワイド関連解析で得られた成果をデータベースで調べたところ、研究グループの同定した遺伝子多型が、実際にタンパク発現をコードする遺伝子の発現やロングコーディングRNAの発現に関連することが分かった。

 研究グループは今後、さらに研究を進め、遺伝因子および環境因子の全貌を明らかにし、個人の体質に合わせた月経中の痛みや発熱などを改善する治療法の開発につなげたいとしている。

 女性特有の体質とそれに関連する疾患との関係性が明らかにすれば、一人ひとりに合った情報やアドバイスの提供、疾患予防法の選択が可能になると期待される。

京大学医学部附属病院女性外科
Japanese GWAS identifies variants for bust-size, dysmenorrhea, and menstrual fever that are eQTLs for relevant protein-coding or long non-coding RNAs(Scientific Reports 2018年5月31日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月06日
【参加募集中】第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明

最新ニュース

2018年12月14日
【健やか21】不登校傾向にある子どもの実態調査 中学生約33万人
2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月06日
【参加募集中】第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年12月04日
「依存症を知る~今日的課題と対応~」へるすあっぷ21 12月号
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~
2018年11月29日
【健やか21】伝染性紅斑が流行しています(東京都)
2018年11月28日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」※申込みを締切りました
2018年11月28日
高齢者の入浴に「要介護」を防ぐ効果 ただし冬の入浴には注意も必要
2018年11月28日
高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明
2018年11月28日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月28日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
2018年11月28日
肥満の多い国にいる日本人は肥満になりやすい? 運動指導がポイント
2018年11月25日
【健やか21】暮らしに役立つ情報「一人ひとりの医療情報が"明日の医療"につながります。」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶