ニュース

【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「保健指導リソースガイド Labo」始動!

 「保健指導リソースガイド Labo」は、豊富なノウハウやキャリアを持つ保健指導スタッフとともに、保健指導の現場で役立つツールやサービス、展開可能なノウハウを創り出すことを目的とした保健指導リソースガイドの新たなプロジェクトです。
 このたび、その第1弾として指導ツールの開発プロジェクトがスタートすることになり、メンバーを募集します。

第1弾は指導ツールの開発!

 第1弾は「血糖値」、「血圧」、「脂質」のコントロールを指導するツールの開発にチャレンジします。若手からベテランまで保健指導スタッフの声を結集し、指導時の利便性と対象者の理解度向上・行動変容促進を兼ね備えた画期的な指導ツールの開発に取り組みます。

 メンバー構成は、ファシリテータ1名、Laboメンバー4~5名の少数精鋭チームを予定しています。

 第1弾の指導ツール開発にあたり、メンバーを募集します。メンバーに参加すると、指導ツールの開発に携われると共に、様々な企業の産業保健に従事するメンバーと共同作業することで会社外のネットワークを構築することができます。応募締め切りは7/11(水)正午です。皆さまのご応募お待ちしております。
 なお、指導ツールの開発過程は保健指導リソースガイドでも報告していきますので、こちらもお楽しみにしてください。

「保健指導リソースガイド Labo」応募要項
以下の条件にあてはまる方が対象です―――
  • 対象:産業保健分野で働く保健指導スタッフ(保健師、看護師、管理栄養士)
  • 条件:7月後半~10月上旬の平日夜間3日間(2時間程度)ミーティングへ参加できる方
  • 日時:(第1回)2018年7月24日(火)18:30開始予定
  • 場所:都内某所 ※当選した方にご連絡いたします。
  • ※本プロジェクトは「トリプルリスクを考える会」との共同事業となります。
  • 応募方法など―――
  • 応募は編集部までメールにてお願いいたします
      office@tokuteikenshin-hokensidou.jp
  • メールの件名に「保健指導リソースガイド Labo メンバー応募」、本文に氏名所属保健指導実績(年数)を入れてご連絡ください。
  • 応募締め切り:2018年7月11日(水)正午
  • 当選結果通知:2018年7月13日(金)15時頃 編集部よりご連絡いただいたメールにご連絡いたします。
    [soshinsha]

    「健診・検診」に関するニュース

    2019年12月12日
    厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
    2019年12月11日
    抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
    2019年12月11日
    「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
    2019年12月11日
    「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
    2019年12月10日
    通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
    2019年12月10日
    冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
    2019年12月05日
    働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
    2019年12月05日
    健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
    2019年12月05日
    【健やか21】改正母子保健法が成立しました
    2019年12月04日
    睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
    無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
    • 週1回配信(毎週木曜日)
    • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
    登録者の内訳(職種)
    • 産業医 2.7%
    • 保健師 44.8%
    • 看護師 10.8%
    • 管理栄養士・栄養士 19.8%
    • その他 22%
    登録はこちら ▶
    ページのトップへ戻る トップページへ ▶