ニュース

【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「保健指導リソースガイド Labo」始動!

 「保健指導リソースガイド Labo」は、豊富なノウハウやキャリアを持つ保健指導スタッフとともに、保健指導の現場で役立つツールやサービス、展開可能なノウハウを創り出すことを目的とした保健指導リソースガイドの新たなプロジェクトです。
 このたび、その第1弾として指導ツールの開発プロジェクトがスタートすることになり、メンバーを募集します。

第1弾は指導ツールの開発!

 第1弾は「血糖値」、「血圧」、「脂質」のコントロールを指導するツールの開発にチャレンジします。若手からベテランまで保健指導スタッフの声を結集し、指導時の利便性と対象者の理解度向上・行動変容促進を兼ね備えた画期的な指導ツールの開発に取り組みます。

 メンバー構成は、ファシリテータ1名、Laboメンバー4~5名の少数精鋭チームを予定しています。

 第1弾の指導ツール開発にあたり、メンバーを募集します。メンバーに参加すると、指導ツールの開発に携われると共に、様々な企業の産業保健に従事するメンバーと共同作業することで会社外のネットワークを構築することができます。応募締め切りは7/11(水)正午です。皆さまのご応募お待ちしております。
 なお、指導ツールの開発過程は保健指導リソースガイドでも報告していきますので、こちらもお楽しみにしてください。

「保健指導リソースガイド Labo」応募要項
以下の条件にあてはまる方が対象です―――
  • 対象:産業保健分野で働く保健指導スタッフ(保健師、看護師、管理栄養士)
  • 条件:7月後半~10月上旬の平日夜間3日間(2時間程度)ミーティングへ参加できる方
  • 日時:(第1回)2018年7月24日(火)18:30開始予定
  • 場所:都内某所 ※当選した方にご連絡いたします。
  • ※本プロジェクトは「トリプルリスクを考える会」との共同事業となります。
  • 応募方法など―――
  • 応募は編集部までメールにてお願いいたします
      office@tokuteikenshin-hokensidou.jp
  • メールの件名に「保健指導リソースガイド Labo メンバー応募」、本文に氏名所属保健指導実績(年数)を入れてご連絡ください。
  • 応募締め切り:2018年7月11日(水)正午
  • 当選結果通知:2018年7月13日(金)15時頃 編集部よりご連絡いただいたメールにご連絡いたします。
    [soshinsha]

    「健診・検診」に関するニュース

    2019年11月28日
    「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
    2019年11月27日
    家庭での食塩摂取量が多いと心臓病や脳卒中のリスクが上昇 家族ぐるみで減塩に取組むことが必要
    2019年11月27日
    ウォーキングでうつ病を予防 1日35分で効果 認知症や脳の老化も防げる
    2019年11月27日
    母乳育児が糖尿病と高血圧のリスクを低下 糖尿病リスクは半分に減少
    2019年11月27日
    睡眠中は照明を消すべき? 寝室が明るいと動脈硬化が進行しやすくなる 平城京スタディ
    2019年11月27日
    トランス脂肪酸の上昇が認知症リスクを高める 日本人1,600人を10年間調査 久山町研究
    2019年11月27日
    血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発 健診の血液検査でがんを早期発見
    2019年11月22日
    【健やか21】政府インターネットテレビ「気づいて!~DVや子どもへの虐待」
    2019年11月20日
    牛乳やチーズなど乳製品が認知症を予防 1日1杯の牛乳は脳の健康にも良いことが判明
    2019年11月20日
    佐賀県の「歩くライフスタイル推進プロジェクト」 無料アプリを配信しウォーキングを促進
    無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
    • 週1回配信(毎週木曜日)
    • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
    登録者の内訳(職種)
    • 産業医 2.7%
    • 保健師 44.8%
    • 看護師 10.8%
    • 管理栄養士・栄養士 19.8%
    • その他 22%
    登録はこちら ▶
    ページのトップへ戻る トップページへ ▶