ニュース

東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ

  人工乳房の専門メーカー「ブレストケア京都株式会社」では、オーダーメイド人工乳房を始め、人工乳頭、乳房パッドを製造販売するほか、全国でも唯一の、人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」を育成するスクールを運営しています。このたび東京第1期人工乳房製作者養成スクールの開講が決まりました。

 スクール説明会(9/1~9/2)参加申し込み受付中です。詳細・お申込み詳細はこちら≫スクールのご案内(ブレストケア京都株式会社)

母親の乳がん手術をきっかけに、人工乳房製作者の道へ


社内に展示されている製品のサンプル。
まるで本物のように見えるクオリティの高さ。

 代表取締役社長の林かおりさんが人工乳房の製作方法を学ぶことになったのは、2006年に林さんのお母様が乳がんになり、手術を受けたことがきっかけでした。

 「乳房再建手術を受けられなかったので、母から『私の胸を作ってほしい。名古屋に教えてくれるところがあるみたいだから』と頼まれました。以前、陶芸関係の仕事をしており、粘土の扱いには慣れていたので大丈夫だろうと、母は考えたのだと思います」(林さん)

 名古屋市の人工乳房製作会社「池山メディカルジャパン」で製作方法を学びながら営業として3年間勤務し、技術を身につけたそうです。

 当時、仕事で病院を回っているときに感じたのは、人工乳房の存在を知らない医療関係者や患者さんが多いこと。もっと人工乳房を知ってほしいと思う気持ちが強くなっていったといいます。

 その後、営業として乳がん経験者や製作者と一緒に打ち合わせを重ねてきた経験を生かし、自分で人工乳房の空気調整ができる軽量タイプ人工乳房を開発(現在、特許出願中)。軽くて動きやすいだけではなく、登山などによる気圧の変化、そして体型の変化にも対応できる優れものです。

【参考】
No.1 全国でも唯一の人工乳房製作スクール
No.2 人工乳房製作者を養成で乳がんサバイバーの就労支援も!


型取りした石膏模型をもとにして粘土で作ったモデルをお客様の体に合わせて
ブレスト・アーティストが調整をする「粘土合わせ」という工程

『乳がん患者さんの支えになりたい』 受講生の想い、強く

 人工乳房の製作者は全国でも数少なく、技術を身につければ大変な強みとなります。もし製作者として技術のレベルが達しなくても、営業や商品開発、製作の補助として、ブレストケア京都で働くという道が拓けています。


ブレスト・アーティスト養成スクールの様子

■2期生の神田さん(29歳)
 2年前に乳がんを罹患、養成スクールに参加したのは1年半前のことでした。現在は治療を続けながらブレスト・アーティストとして働いています。「自分の胸を作りたいと思ったのがスクールに入ったきっかけでした。当時は辛い気持ちでいることも多かったのですが、自分の人工乳房を製作したら、不思議と前向きな気持ちになれたんです」

■3期生の加納さん(20歳)
造形系の専門学校を出て、すぐに養成スクールに参加。これまで学んできたことをすぐに仕事に活かしたいという希望に加え、お祖母様が乳がんだったことも影響していると言います。「とても難しいですが、楽しく学んでいます。ブレスト・アーティストは乳がんの人の役にたてる、大変やりがいのある仕事だと思います」と話してくれました。

■3期生の榊原さん(55歳)
保険会社の窓口担当だった榊原さんは仕事柄、乳がんの人に会うことが多く、人工乳房のスクールに興味を持ったのだそうです。「今後は技術を学びながら、ブレストケア京都で働くことになりました。会社を辞めるのは勇気が入りましたが、みんな『いいね』と笑顔で送り出してくれたんです。私の55歳での転身を『うらやましい』と言ってくれる人も多かったですね」

東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ 

開催詳細フライヤー(PDF)

スクール説明会
2018年9月1日(土) ・ 2日(日) 要予約
13:30 ~ 15:00

説明会場
東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル

説明会の申込み方
メールのみの受付けとなります。
申し込み詳細

※スクール申込期間   2018年9月3日(月) ~ 9月14日(金)
◎説明会にて受講資料・受講申込書などお渡しいたします。
◎所定の受講申込書をメールまたは郵送にて申込期間内に送付ください。

【お問い合わせ】
ブレストケア京都株式会社
TEL:075-874-5819
WEBお問い合わせはこちら
[soshinsha]

「がん」に関するニュース

2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年09月11日
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大
2018年08月29日
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催
2018年07月26日
東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
2018年06月27日
乳がん患者の不安や恐怖を緩和 乳がんサバイバーを支援するアプリを開発
2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下

最新ニュース

2018年10月19日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
2018年09月28日
働き盛りの睡眠不足が問題に~睡眠障害への早期対応も必要
2018年09月28日
スマートフォンアプリ「ぜんそくリスク予報」をリリース~JMDCと日本気象協会
2018年09月27日
【健やか21】平成30年度学校保健及び学校安全表彰
2018年09月26日
若い世代ほど「公的年金」をあてにしていない 社会保障の意識調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶