ニュース

東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ

  人工乳房の専門メーカー「ブレストケア京都株式会社」では、オーダーメイド人工乳房を始め、人工乳頭、乳房パッドを製造販売するほか、全国でも唯一の、人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」を育成するスクールを運営しています。このたび東京第1期人工乳房製作者養成スクールの開講が決まりました。

 スクール説明会(9/1~9/2)参加申し込み受付中です。詳細・お申込み詳細はこちら≫スクールのご案内(ブレストケア京都株式会社)

母親の乳がん手術をきっかけに、人工乳房製作者の道へ


社内に展示されている製品のサンプル。
まるで本物のように見えるクオリティの高さ。

 代表取締役社長の林かおりさんが人工乳房の製作方法を学ぶことになったのは、2006年に林さんのお母様が乳がんになり、手術を受けたことがきっかけでした。

 「乳房再建手術を受けられなかったので、母から『私の胸を作ってほしい。名古屋に教えてくれるところがあるみたいだから』と頼まれました。以前、陶芸関係の仕事をしており、粘土の扱いには慣れていたので大丈夫だろうと、母は考えたのだと思います」(林さん)

 名古屋市の人工乳房製作会社「池山メディカルジャパン」で製作方法を学びながら営業として3年間勤務し、技術を身につけたそうです。

 当時、仕事で病院を回っているときに感じたのは、人工乳房の存在を知らない医療関係者や患者さんが多いこと。もっと人工乳房を知ってほしいと思う気持ちが強くなっていったといいます。

 その後、営業として乳がん経験者や製作者と一緒に打ち合わせを重ねてきた経験を生かし、自分で人工乳房の空気調整ができる軽量タイプ人工乳房を開発(現在、特許出願中)。軽くて動きやすいだけではなく、登山などによる気圧の変化、そして体型の変化にも対応できる優れものです。

【参考】
No.1 全国でも唯一の人工乳房製作スクール
No.2 人工乳房製作者を養成で乳がんサバイバーの就労支援も!


型取りした石膏模型をもとにして粘土で作ったモデルをお客様の体に合わせて
ブレスト・アーティストが調整をする「粘土合わせ」という工程

『乳がん患者さんの支えになりたい』 受講生の想い、強く

 人工乳房の製作者は全国でも数少なく、技術を身につければ大変な強みとなります。もし製作者として技術のレベルが達しなくても、営業や商品開発、製作の補助として、ブレストケア京都で働くという道が拓けています。


ブレスト・アーティスト養成スクールの様子

■2期生の神田さん(29歳)
 2年前に乳がんを罹患、養成スクールに参加したのは1年半前のことでした。現在は治療を続けながらブレスト・アーティストとして働いています。「自分の胸を作りたいと思ったのがスクールに入ったきっかけでした。当時は辛い気持ちでいることも多かったのですが、自分の人工乳房を製作したら、不思議と前向きな気持ちになれたんです」

■3期生の加納さん(20歳)
造形系の専門学校を出て、すぐに養成スクールに参加。これまで学んできたことをすぐに仕事に活かしたいという希望に加え、お祖母様が乳がんだったことも影響していると言います。「とても難しいですが、楽しく学んでいます。ブレスト・アーティストは乳がんの人の役にたてる、大変やりがいのある仕事だと思います」と話してくれました。

■3期生の榊原さん(55歳)
保険会社の窓口担当だった榊原さんは仕事柄、乳がんの人に会うことが多く、人工乳房のスクールに興味を持ったのだそうです。「今後は技術を学びながら、ブレストケア京都で働くことになりました。会社を辞めるのは勇気が入りましたが、みんな『いいね』と笑顔で送り出してくれたんです。私の55歳での転身を『うらやましい』と言ってくれる人も多かったですね」

東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ 

開催詳細フライヤー(PDF)

スクール説明会
2018年9月1日(土) ・ 2日(日) 要予約
13:30 ~ 15:00

説明会場
東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル

説明会の申込み方
メールのみの受付けとなります。
申し込み詳細

※スクール申込期間   2018年9月3日(月) ~ 9月14日(金)
◎説明会にて受講資料・受講申込書などお渡しいたします。
◎所定の受講申込書をメールまたは郵送にて申込期間内に送付ください。

【お問い合わせ】
ブレストケア京都株式会社
TEL:075-874-5819
WEBお問い合わせはこちら
[soshinsha]

「がん」に関するニュース

2018年07月26日
東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
2018年06月27日
乳がん患者の不安や恐怖を緩和 乳がんサバイバーを支援するアプリを開発
2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年05月30日
日本で未承認の「抗がん剤」は65種類 8割が100万円超 患者の負担が重い

最新ニュース

2018年08月14日
★出展者募集★第1回健康診断・健康管理EXPO~保険者・企業の方々が多数来場予定!!
2018年08月09日
質がいい「脂肪」の摂り方を説明できますか?(くるみ病態別レシピ・栄養ガイド提供中)
2018年08月09日
未規制物質への対応などを強化~第五次薬物乱用防止五か年戦略
2018年08月09日
【健やか21】アワード2018 子育てに協力的な企業・団体の事例募集!
2018年08月08日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質・血圧・肝機能など複数のリスクを保有 健康保険組合連合会
2018年08月08日
大雨の「危険度分布」をスマホの位置情報でスピーディーに表示~気象庁
2018年08月07日
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く
2018年08月07日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
2018年08月07日
【応募受付中~8/20(月)まで】「パパコト」アンバサダー募集中!
2018年08月06日
「一般社団法人日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会」が発足
2018年08月06日
【連載更新】高齢期の健康運動の考え方 ~体も心も生涯現役を目指す~
2018年08月02日
【健やか21】子どもの事故防止ハンドブック 英語版と中国語版(消費者庁)
2018年08月01日
糖尿病治療に「IoT」を活用 スマホで治療を改善 【参加者を募集中】
2018年08月01日
肥満や糖尿病になるとなぜ「骨格筋」が減少? 新たなメカニズムを解明
2018年08月01日
50歳代の6割が歯や口の中が「健康ではない」と回答 歯科医師会調査
2018年08月01日
「今こそ!歯科対策!!」へるすあっぷ21 8月号
2018年07月31日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年07月31日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年07月31日
「職場ストレス」がメタボの危険性を40%上昇 仕事の心理社会的要因とは
2018年07月31日
「10月8日は、糖をはかる日」今年は"写真"を募集します!2018年コンテスト作品募集開始!!
2018年07月31日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2018 参加者募集開始!!
2018年07月30日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)  2018年度講習会申込受付中
2018年07月30日
心血管腎臓病に克つために
2018年07月27日
「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の変更を閣議決定~新たな数値目標も設定
2018年07月26日
東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ
2018年07月26日
【健やか21】妊娠期喫煙および出生後受動喫煙が子の聴覚発達に与える影響
2018年07月25日
腎臓病対策 CKD重症化予防の徹底など明記 厚労省が報告書
2018年07月25日
熱中症予防に関する緊急提言 小児や高齢者など「熱中症弱者」に注意を
2018年07月25日
認知症の原因は「日常生活活動」の低下 日常活動や社会的活動が大切
2018年07月25日
「受動喫煙対策法」が成立 全面施行は2020年 違反者には罰則も
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,421 人(2018年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶