ニュース

肥満でなくても「高コレステロール」に注意 日本人を30年調査 滋賀医大

 この30年間に日本人では、総コレステロール値の高い人の割合は、肥満の人だけでなく、やせている人、標準体重の人でも増えており、体形による差がなくなったという調査結果を、滋賀医科大学が発表した。
 「体形に関わらず飽和脂肪酸の多い食事をとる人が増えている。体に悪い脂肪の摂り過ぎには注意が必要」としている。
日本人を1980~2010年に10年ごとに調査
 「NIPPON DATA」(ニッポンデータ)研究は、国が実施した全国調査である「循環器疾患基礎調査」(現在は国民健康・栄養調査に統合されている)の対象者を長期にわたり追跡している研究(コホート研究)。

 「NIPPON DATA」研究は現在、厚生労働省研究班(代表者:三浦克之・滋賀医科大学アジア疫学研究センター長)が実施している。

 対象者の日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)、死亡した場合の死因などを調査している。

 今回の研究では、1980~2010年に10年ごとに実施した調査に参加した全国の50歳以上の男女、それぞれ5,014人、4,673人、5,059人、2,105人を対象に解析した。

 BMI(体格指数)が25以上を「肥満」、18.5未満を「やせ」、18.5以上25未満を「適正体重」と判定した。

 また、総コレステロール値が220mg/dL以上を、高コレステロールと判定した。これは、悪玉のLDLコレステロールで、140mg/dL以上に相当するという。
日本人が変化 肥満でなくとも高コレステロールに
 1980~2010年の30年間に、肥満の人の割合は10年ごとに、男性では16.3%、21.6%、28.2%、34.1%と増えた。女性では26.2%、29.0%、27.1%、27.0%とほぼ横ばいだった。

 一方、高コレステロールの人の割合は、男性では14.3%、26.4%、24.7%、27.4%、女性では28.9%、47.2%、44.2%、42.3%となっている。それぞれ1990年まで増加し、その後はほぼ横ばいだった。

 解析した結果、肥満の人が、適正体重の人に比べ、高コレステロールにどれだけなりやすいかを調べたところ、男性では1980年(2.4倍)、1990年(2.0倍)、2000年(1.4倍)、2010年(0.9倍)となり、年を経るごとにオッズ比が低下したことが分かった。

 女性でも1980年(1.4倍)、1990年(1.3倍)、2000年(1.1倍)、2010年(1.1倍)となり、オッズ比は低下傾向にある。

 一方、女性ではやせの人でも、1980年(0.4倍)、1990年(0.7倍)、2000年(0.6倍)、2010年(1.0倍)となり、年を経るごとにやせていても高コレステロールになりやすい傾向が出てきた。
やせや適正体重の人にも保健指導が必要
 「総コレステロール値が上昇するのを防ぐ取り組みは、肥満の人だけでなく、やせや適正体重の人にとっても必要です」と、研究グループは指摘している。

 30年前は肥満になりやすい人は高脂肪の食事をとっている傾向があり、高コレステロールになりやすかった。

 「近年は体型に関わらず、飽和脂肪酸の多い食事をとる人が増え、高コレステロールになりやすくなっている可能性がある。高コレステロールと肥満ややせとの関連は弱くなっている」と、研究グループは指摘している。

 脂質異常症は、コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が異常な値になる病気だ。高コレステロール、とくにLDLコレステロールの上昇は動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす一因になる。

 総コレステロール値は、食事でとる飽和脂肪酸の量と密接な関係があるとされる。調査によると、2010年は1980年に比べ、摂取した総カロリーに占める飽和脂肪酸の割合は男女とも1.5~1.9ポイント増加した。

 「脂質異常症を予防するために、肥満に対策するだけでなく、適正体重ややせの人も、食事に含まれる脂肪にも注意した方が良い。飽和脂肪酸や食事性コレステロールの過剰摂取を防ぐ対策が必要」としている。

 今後は、特定保健指導などが高コレステロールの改善にどうつながるかを調べていくという。

 浜松医科大学健康社会医学講座の柴田陽介氏らによる論文は、医学誌「Journal of Epidemiology」電子版に掲載された。

NIPPON DATA(ニッポンデータ)
Associations of overweight, obesity, and underweight with high serum total cholesterol level over 30 years among the Japanese elderly: NIPPON DATA 80, 90, and 2010(Journal of Epidemiology 2018年7月21日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】

最新ニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月25日
【新連載】住み慣れた地域で最期まで暮らすことを目指した「暮らしの保健室」~医療・看護・介護を通じた住みよいまちづくりの試み~
2019年03月25日
地域保健・健康増進事業報告②~健康診査についてなど「健康増進事業」の概要
2019年03月22日
2017年度 特定健診の実施率は53.1%、特定保健指導の終了者は19.5% 目標との隔たり埋まらず
2019年03月22日
【健やか21】春本番、自転車の思わぬ事故に注意! ~安全のために知っておきたいポイント~
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告①~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶