ニュース

肥満でなくても「高コレステロール」に注意 日本人を30年調査 滋賀医大

 この30年間に日本人では、総コレステロール値の高い人の割合は、肥満の人だけでなく、やせている人、標準体重の人でも増えており、体形による差がなくなったという調査結果を、滋賀医科大学が発表した。
 「体形に関わらず飽和脂肪酸の多い食事をとる人が増えている。体に悪い脂肪の摂り過ぎには注意が必要」としている。
日本人を1980~2010年に10年ごとに調査
 「NIPPON DATA」(ニッポンデータ)研究は、国が実施した全国調査である「循環器疾患基礎調査」(現在は国民健康・栄養調査に統合されている)の対象者を長期にわたり追跡している研究(コホート研究)。

 「NIPPON DATA」研究は現在、厚生労働省研究班(代表者:三浦克之・滋賀医科大学アジア疫学研究センター長)が実施している。

 対象者の日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)、死亡した場合の死因などを調査している。

 今回の研究では、1980~2010年に10年ごとに実施した調査に参加した全国の50歳以上の男女、それぞれ5,014人、4,673人、5,059人、2,105人を対象に解析した。

 BMI(体格指数)が25以上を「肥満」、18.5未満を「やせ」、18.5以上25未満を「適正体重」と判定した。

 また、総コレステロール値が220mg/dL以上を、高コレステロールと判定した。これは、悪玉のLDLコレステロールで、140mg/dL以上に相当するという。
日本人が変化 肥満でなくとも高コレステロールに
 1980~2010年の30年間に、肥満の人の割合は10年ごとに、男性では16.3%、21.6%、28.2%、34.1%と増えた。女性では26.2%、29.0%、27.1%、27.0%とほぼ横ばいだった。

 一方、高コレステロールの人の割合は、男性では14.3%、26.4%、24.7%、27.4%、女性では28.9%、47.2%、44.2%、42.3%となっている。それぞれ1990年まで増加し、その後はほぼ横ばいだった。

 解析した結果、肥満の人が、適正体重の人に比べ、高コレステロールにどれだけなりやすいかを調べたところ、男性では1980年(2.4倍)、1990年(2.0倍)、2000年(1.4倍)、2010年(0.9倍)となり、年を経るごとにオッズ比が低下したことが分かった。

 女性でも1980年(1.4倍)、1990年(1.3倍)、2000年(1.1倍)、2010年(1.1倍)となり、オッズ比は低下傾向にある。

 一方、女性ではやせの人でも、1980年(0.4倍)、1990年(0.7倍)、2000年(0.6倍)、2010年(1.0倍)となり、年を経るごとにやせていても高コレステロールになりやすい傾向が出てきた。
やせや適正体重の人にも保健指導が必要
 「総コレステロール値が上昇するのを防ぐ取り組みは、肥満の人だけでなく、やせや適正体重の人にとっても必要です」と、研究グループは指摘している。

 30年前は肥満になりやすい人は高脂肪の食事をとっている傾向があり、高コレステロールになりやすかった。

 「近年は体型に関わらず、飽和脂肪酸の多い食事をとる人が増え、高コレステロールになりやすくなっている可能性がある。高コレステロールと肥満ややせとの関連は弱くなっている」と、研究グループは指摘している。

 脂質異常症は、コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が異常な値になる病気だ。高コレステロール、とくにLDLコレステロールの上昇は動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす一因になる。

 総コレステロール値は、食事でとる飽和脂肪酸の量と密接な関係があるとされる。調査によると、2010年は1980年に比べ、摂取した総カロリーに占める飽和脂肪酸の割合は男女とも1.5~1.9ポイント増加した。

 「脂質異常症を予防するために、肥満に対策するだけでなく、適正体重ややせの人も、食事に含まれる脂肪にも注意した方が良い。飽和脂肪酸や食事性コレステロールの過剰摂取を防ぐ対策が必要」としている。

 今後は、特定保健指導などが高コレステロールの改善にどうつながるかを調べていくという。

 浜松医科大学健康社会医学講座の柴田陽介氏らによる論文は、医学誌「Journal of Epidemiology」電子版に掲載された。

NIPPON DATA(ニッポンデータ)
Associations of overweight, obesity, and underweight with high serum total cholesterol level over 30 years among the Japanese elderly: NIPPON DATA 80, 90, and 2010(Journal of Epidemiology 2018年7月21日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明

最新ニュース

2018年11月21日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
2018年11月20日
今夏の熱中症による救急搬送人員は95,000人、昨年度に比べて大幅増加
2018年11月16日
【健やか21】平成30年度「医療安全推進週間」
2018年11月15日
【産保PC第6回(2018年度 第2回)レポート】テーマ:メンタルヘルス
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月13日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大
2018年11月12日
「糖尿病になったらいくらかかる?」を改訂 糖尿病の医療費
2018年11月09日
【健やか21】妊娠中・産後のママのための食事BOOK(ダウンロード無料)
2018年11月08日
適切な情報選択の一助に!「アレルギーポータル」を開設~日本アレルギー学会
2018年11月08日
「効果を上げる! 健康教育のツボ」へるすあっぷ21 11月号
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年11月06日
簡易に測定できる「フレイルチェック」を産官学協働で開始 九州大学など
2018年11月06日
新しい「発芽玄米」で脳内「BDNF」が増える 脳卒中や認知症などを予防
2018年11月06日
肥満やメタボの新たな治療 肝臓の「アクチビンE」が脂肪を燃焼
2018年11月06日
チョコレートが閉経後女性の高血糖、高血圧、高コレステロールを改善
2018年11月05日
生活改善の「三日坊主」を防止するアプリ チームで励まし治療を継続
2018年11月02日
【健やか21】児童虐待防止推進月間「愛の鞭ゼロ作戦」
2018年11月01日
ブレインフードレシピを提供します(くるみヘルスケアプロジェクト)
2018年10月31日
なぜ朝食は食べた方が良いのか? 肥満と脂質異常症を予防するのに有利
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶