ニュース

転倒経験がある高齢者は、自転車での転倒発生率も高い 肥満も転倒の要因に

 自転車を利用している高齢者のうち、自転車以外での転倒経験がある高齢者は、将来の自転車利用時の転倒発生率が5.6倍高いことが、東京都健康長寿医療センターの調査で明らかになった。
高齢者の自転車傷害事故は潜在的に多い
 日本の都市部では高齢者の6割が自転車を日常的に利用している。そのうち約1割が通院が必要な傷害を負ったことがあり、その約7割が警察への通報をしていないことが、東京都健康長寿医療センター研究所の調査で分かった。

 高齢者の潜在的な自転車傷害事故が多いことは知られているが、こうした傷害事故の最大の原因と考えられる自転車利用時の転倒のリスク要因についてはよく分かっていなかった。

 そこで研究グループは、2013年と2016年に板橋区で行った健康調査「お達者健診(代表:大渕修一研究部長)」に参加した395名の自転車利用者のデータを用いて、自転車転倒事故の特徴とリスク要因を調べた。

 その結果、以下の4点が明らかとなった――。

(1) 自転車を利用する高齢者の16.4%が3年の間に新たな転倒を引き起こしていた。

(2) 2013年調査時に転倒を経験していた高齢者のうち、65.4%は2016年調査時にも転倒を経験していた。

(3) 新規転倒高齢者の3人に1人は病院で手当てが必要な重篤な怪我を負っていた。

(4) 自転車利用時の新規の転倒発生に関連する要因は、自転車利用時以外で転倒の経験があることと、BMI(体格指数)が高いことだった。

 高齢期の自転車利用は外出を促進する効果的な移動手段ではあるが、自転車での転倒は致傷率が高い事故につながる。研究グループは、「自転車利用時を問わず転倒の経験がある人は注意が必要」と述べている

 研究は、東京都健康長寿医療センター研究所の藤原佳典研究部長らの研究グループによるもので、詳細は国際雑誌「Journal of Epidemiology」オンライン版に掲載された。

An epidemiological study of the risk factors of bicycle-related falls among Japanese older adults(Journal of Epidemiology 12月8日)
東京都健康長寿医療センター
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析 保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月09日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月09日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
2019年07月09日
運動+認知機能トレーニング 有酸素運動を可視化するシステムを開発 東北大学と日立の共同ベンチャー
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶