ニュース

健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開

 一般社団法人 日本臨床内科医会は1月18日、健康に関して何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイト「あなたの近くのかかりつけ医」の公開を開始した。
かかりつけ医の役割とメリット
 日本臨床内科医会(日臨内、猿田享男会長)は、全国の約1万5,000人(2017年3月時点)の内科医が参加する内科医会。全国47都道府県の内科医会で構成され、2016年に創立30周年を迎えた。

 日臨内は主に診療所の医師で構成されおり、すべての人が「かかりつけ医」をもつことを呼びかけている。かかりつけ医とは、病気になったときや、健康に関することを何でも相談できる頼りになる、自宅や職場の近くなど地域の医師のこと。

 「あなたの近くのかかりつけ医」は、日臨内の会員のかかりつけ医を全国から検索できるサイト。スマートフォンにも対応しており、旅行中に具合が悪くなった時などにも利用できる。

 操作方法は、(1)検索欄に都市名や郵便番号を入力して検索ボタンをクリックする、(2)表示された地図を動かし、青色のマークをクリックすると、医院名と住所が表示される、(3)その下にある「この医療機関の詳細を見る」をクリックすると、ドクターの専門や医院の特長、診療時間・受付時間・急患対応の有無などが表示される。
 かかりつけ医は、幅広い医学的視野・知識をもち、実地臨床医として最新の医療を提供するだけでなく、患者さんのニーズに柔軟に対応できる医師。患者の病気を診断し治療を行うだけでなく、介護の相談や、家族の健康など何でも気軽に相談できる。医療保険や介護保険の知識をもち、さらに専門的な医療が必要な場合は、すぐに専門医に紹介できる幅広い人脈ももっている。

 日臨内の会員の医師は、(1) 糖尿病や高血圧などの生活習慣病などの適切な管理、感染症の予防、軽度認知症状やがんの早期発見、体力を維持するための生活指導などを通じて、健康寿命を延伸する、(2) 高齢者特有の病態を理解し、患者の生きがいを考慮して診療にあたり、人生の最終段階までを支える、(3)患者に寄り添い、地域で安心して生活できるよう努める――といった対応をするよう努めているという。

 日本人の平均寿命は、2016年現在、男性 80.98年、女性 87.14年。平均寿命は将来には男性で85歳、女性で90歳に達すると予測されている。日本の総人口に占める65歳以上の人口の割合は27.7%。2065年には、約2.6人に1人が65歳以上になると予測されている(内閣府「高齢社会白書」)。

 国では、日本の高齢化に対応するため、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で暮らしていけるよう、医療、介護、福祉などのサービスを一体的に提供できる体制の構築を進めている。そうしたなか、かかりつけ医の存在はますます重要となっている。安心して暮らすために、健康に関して何でも相談できるかかりつけ医は頼りになる。

あなたの近くのかかりつけ医(日本臨床内科医会)
一般社団法人 日本臨床内科医会
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月26日
より良い睡眠をとるための秘訣は「寝る1~2時間前の入浴」
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶