ニュース

働きやすく生産性の高い企業・職場を表彰―最優秀賞に3社を決定

 厚生労働省はこのほど、第3回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」(委託事業)の表彰対象企業13社を決定。
 最優秀賞(厚生労働大臣賞)では、大企業部門にハクブン(神奈川県)、中小企業部門にアップコン(神奈川県)と荒木組(岡山県)の3社が選ばれた。
 2月5日にはイイノホール(東京都千代田区)で表彰式とシンポジウムが開かれる。
 表彰事業は平成28年度から行われており、企業における生産性向上と雇用管理改善(魅力ある職場づくり)の両立を促進するのが目的。

 今回は全国45の企業・職場から応募があった。審査の結果、最優秀賞3社のほか、優秀賞(職業安定局長賞)に3社、キラリと光る取り組み賞(同)に7社の計13社を選出。いずれも大企業部門と中小企業部門に分けて選出しており、中小企業部門は常時雇用する労働者が300人以下の事業主を対象としている。

健康活動をした社員にポイントを付与
 このうち中小企業部門で最優秀賞となったアップコンは建設業で、従業員数は35人。

 同社は、ウオーキングや禁煙などを行った従業員にポイントを付与し、貯(た)まったポイントでギフトなどと交換できる「健康活動ポイント制度」を実施。この取り組みで、従業員の病欠や遅刻の大幅減少に成功した点が評価された。

 また生産性の向上に関わる取り組みとしては、全社員が入社して1年以内に日本語検定3級に合格することを必須とし、コミュニケーション能力の向上や報告書作成時間の短縮につながっている点などが挙げられる。

 実際に、2014年度に比べて2017年は報告書作成時間が60%ほど短縮したという。現場では新技術も積極的に導入し、生産効率の上昇をはかっている。

 さらに同社には定年退職制度がなく、能力とやる気があれば年齢に関わらず就労できる環境を整備。年齢による処遇の変更をしない点も、評価を受けた大きなポイントとなっており、過去には80歳以上まで働いた社員もいるという。

生産性向上や業務効率化への積極的な取り組みを評価
 そのほか大企業部門で最優秀賞を受賞したハクブン(従業員2018人)は、全国各地にヘアスタジオを展開。社員の希望する時間帯で働けるように集客を工夫したり、作業のマニュアル化や給与体系の工夫で働きやすさと生産性向上を両立したりしている点などが評価された。

 またアップコンと同じく、中小企業部門で最優秀賞となった荒木組(従業員203人)は、社内コミュニケーションの活性化をはかる「ありがとうカード」の導入、休暇取得の促進、ドローンやIT活用による業務効率化などが評価のポイントとなった。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶