ニュース

歯周病発見「AI」の共同研究 スマホで検診受診率を向上 東北大学とドコモ

 東北大学とNTTドコモは、「歯周病発見」のためのAI(人工知能)の共同研究を今年4月から開始すると発表した。生活習慣病や歯の喪失を引き起こす歯周病を早期発見できる効率的な仕組みづくりを目指す。
スマホを使い歯周病検診の受診率向上を目指す
 歯周病は20歳代の61%、40歳代の71%、60歳代の75%が罹患しており、高齢化が進展している日本で注目が集まっている(平成28年歯科疾患実態調査)。歯周病検診を受けることが歯周病を発見するために効果的だが、検診を受けられるのは歯科医院の診察時間内といった条件があり、受診率は伸び悩んでいる。

 40歳~70歳を対象とした歯周病検診の受診率は全国で4.3%と推定されており、重症化してから歯科医師にかかることが少なくない。

 そこで東北大学とNTTドコモは、この課題を解決するために、スマートフォンで歯ぐきを撮影するだけで歯周病を発見できるAI(人工知能)の共同開発に乗り出した。具体的には、撮影時の手振れや撮影環境の明るさの違いを考慮しながら、歯ぐきの色情報や歯周病独特の形状などを解析し、歯周病のリスクがあるかどうかを判定する。
関連情報

 共同研究では、東北大学は口腔疾患に関する専門的な見識や、症例データ(画像など)を提供し、ドコモはAIなどの技術を提供し、技術検証や実利用環境に向けたアプリケーションの開発を行う。

 この技術により、利用者は自宅や会社で空き時間に歯周病のリスクを把握し、歯科医師とのコミュニケーションを活性化できる。歯周病検診の受診につなげ、重症化を防ぐことを期待している。

 東北大学の口腔疾患に関する豊富な診断実績・研究実績にもとづく専門的見識と、ドコモのAI技術を合わせることで、日常の生活シーンで活用できる「歯周病発見AI」を確立するという。2022年度を目途に、歯周病だけではなく顎関節症や口腔がんなど他の口腔疾患にも範囲を広げ実用化を目指す。
東北大学大学院歯学研究科
NTTドコモ
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月10日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年09月10日
腸内細菌が不飽和脂肪酸の代謝をコントロール 高脂肪食による肥満を防ぐ働き
2019年09月10日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大
2019年09月04日
自宅や職場でメタボ判定 アディポネクチン値を測定できる簡易キットを開発 徳島大
2019年09月04日
肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
2019年09月04日
身体に優しい最適な姿勢「美ポジ」 健康寿命の延伸には腰痛対策など心身アプローチが必要
2019年09月04日
女性の認知症を防ぐために 女性ホルモンの分泌期間が短いと認知症リスクは上昇
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶