ニュース

平成30年は2倍の増加―職場における熱中症による死傷災害発生状況

 厚生労働省はこのほど、平成30年の「職場における熱中症による死傷災害の発生状況(速報値)」を公表した。結果によると死傷者数は1128人、死亡者数は29人で、平成29年の発生状況に比べ死傷者数、死亡者数の両方で2倍を上回っていたことが分かった。
GUM05_PH02074.jpg  過去10年間の発生状況を見ると、職場での熱中症による死亡者と休業4日以上の業務上疾病者の人数(以下、死傷者数)は平成22年に656人となったのが最高で、以降、400~500人台で推移していた。

 しかし平成30年の暫定値で熱中症による死傷者数は1128人となっていることから、例年より2倍近く増加したことが分かる。

 過去5年間、業種別の熱中症死傷者数を見ると建設業、製造業の順に多く、毎年、全体の4割強をこの2業種で発生している。平成30年については建設業だけで全体の約3割を占めていた。

「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施予定
 また、月別の発生状況では、全体の9割弱が7月と8月に発生。時間帯別では11時台と14~16時台が最も多かったが、日中の作業をして帰宅後に体調が悪化し、病院へ搬送されたケースもいくつかあった。

 発生状況を詳しく見ると、WBGT値(暑さ指数)計を事業場で準備しておらず、
 ・作業環境の把握や作業計画の変更ができていない例
 ・熱中症になった労働者の発見や救急搬送が遅れた例
 ・事業場における健康管理を適切に実施していない例
 などが見られる。

 そのため厚生労働省は労働災害防止団体などと連携し、5月から9月まで「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施する予定で、4月を準備期間、7月を重点取組期間にあてる。

 厚生労働省はキャンペーンを通して事業場における対策・体制の整備を呼び掛け、改めて職場における熱中症予防対策を徹底したい考え。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2019年09月12日
【PR】歩いて熊本地震の復興支援!ウォークビズキャンペーンで組合員の健康増進を
2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月10日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年09月10日
腸内細菌が不飽和脂肪酸の代謝をコントロール 高脂肪食による肥満を防ぐ働き
2019年09月10日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大
2019年09月04日
「行動を促す!広がるナッジの活用」へるすあっぷ21 9月号
2019年09月04日
自宅や職場でメタボ判定 アディポネクチン値を測定できる簡易キットを開発 徳島大
2019年09月04日
肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶