ニュース

糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に

 大阪市立大学医学部附属病院は、肥満や2型糖尿病をはじめとする生活習慣病予防のために「1:1:1お弁当ダイエット法」を考案した。
 このダイエット法は、同病院が糖尿病患者に対する食事管理法のひとつとして実践している「カーボカウント」をもとに考えられたものだ。
糖質は血糖上昇にもっとも影響する
 食物のなかで急激な血糖上昇にもっとも影響するのは炭水化物(糖質)だ。この糖質の摂取量に着目した食事療法が「カーボカウント」。

 「カーボカウント」は、適切な糖質摂取量を理解し、糖質量を調整することで、食後の血糖上昇をコントロールする食事療法。なお、「カーボカウント」は糖質の摂取を否定するものではない。

 大阪市立大学医学部附属病院栄養部では、糖質の適切な摂取量を把握するために、糖尿病食などの入院患者への食事の主食・主菜・副菜の量的配分に着目した研究を行った。

 「栄養素摂取配分」は、総エネルギーに対するタンパク質、脂肪、炭水化物という3大栄養素の比率を示すもの。

 その結果、理想的な「栄養素摂取配分」を実現するために、糖質の主たる供給源であるご飯など「主食量」の決定が重要であるを明らかにした。

 研究は、同病院先端予防医療部副部長の福本真也氏と同病院栄養部保健主幹の塚田定信氏らの研究グループによるもの。

関連情報
主食:主菜:副菜を「1:1:1」に調整
 同病院で、管理栄養士が病院給食で提供する料理などをもちより、主食:主菜:副菜を1:1:1の割合で詰めた174食を含む400食以上を調べ、その容量と重量に強い関係があることを確認した。

 加齢とともに心身の活力が低下する「フレイル」を予防するために、主菜(肉・魚・卵など)の摂取は重要だ。また副菜(野菜、キノコ、海藻類など)の摂取は、ビタミン・ミネラルの供給と食物繊維による高血糖の抑制の観点からそれぞれ必要だ。主菜と副菜の量的配分も肝要となる。

 こうした研究成果をもとに、研究グループは「お弁当」という日本食文化に着目し、お弁当箱に「1(主食):1(主菜):1(副菜)」で詰め合わせることで、3大栄養素のバランスを適正に保ちながら、容量と重量からおよそのエネルギー量が算出できる「弁当用カロリー測定システム及び弁当用カロリー測定器」を開発した。

 「1:1:1お弁当箱ダイエット法」は栄養バランスが良く、容量と重量からおおむねの栄養価を把握でき、一定の体に合った食事量を継続できるとしている。
関西の2府8県で発売
 研究で明らかとなった栄養バランスを取り入れた同大学医学部附属病院監修の「1:1:1バランス弁当」を、グローカル・アイより販売。大阪、和歌山、兵庫、京都、奈良、岡山、広島、三重、岐阜、愛知の2府8県の830店舗以上で2月28日に発売した。

【850mLサイズでの一例】
内容量の総重量は411g、600kcal弱
  ごはん(180g) 302kcal
  チーズハンバーグ(80g) 160kcal
  かにかまぼこ(20g) 20kcal
  ゆで卵1/2(30g) 40kcal
  五目白和え(70g) 65kcal
  付け合わせ野菜(30g) 4kcal
  総カロリー 591kcal

1:1:1バランス弁当

1:1:1バランス弁当 十五穀米とチキンカツレツ
1:1:1バランス弁当 もち麦ご飯とチキンステーキ

[販売価格] 本体価格498円(税込537円)
[販売場所] 近畿地区のスーパー・コンビニ・病院売店
[製造元] 藤本食品
[商品特徴]
(1)主食:主菜:副菜を1:1:1の割合で詰める
(2)同じ調理法のおかずを重ねない(油の多い料理は1品にする)
(3)1食は500~600kcal、塩分2.5g未満、野菜100~150g、タンパク質15~20%、脂質25~30%、炭水化物50~55%と栄養バランスに優れる。(炭水化物においては、芋類は原則使っていない)
(4)商品ラベルに記載されたWEBアドレスあるいは電話番号に連絡すると、グローカル・アイの管理栄養士が無料で健康づくりのご相談を受ける。

大阪市立大学医学部附属病院

グローカル・アイ
 グローカル・アイは、調理支援システム「アイシステム」を開発し、医療機関の信頼ある献立・レシピや調理ノウハウをデータ化し、全国国立病院管理栄養士協議会や国立循環器病研究センター、大阪市立大学医学部附属病院、九州大学病院、大阪府立大学などと共同で研究している。ネットワークを通じて蓄積されていく献立・レシピを提供している
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す

最新ニュース

2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
2019年03月06日
幼児の脳の発達に親の励ましが大きく影響 離婚は子のメンタルヘルスに影響
2019年03月06日
【書籍紹介】「増補新訂 医療機関における産業保健活動ハンドブック」※19年3月31日まで割引サービス中!
2019年03月05日
「どうする? 新入社員の健康支援」へるすあっぷ21 3月号
2019年03月05日
平成30年は2倍の増加―職場における熱中症による死傷災害発生状況
2019年03月05日
さらなる周知・啓発が必要―中小企業の「健康経営に関する実態調査」
2019年03月05日
佐賀のNPO法人が『教師のための2型糖尿病対応マニュアル』を作成
2019年02月28日
【健やか21】父親の仕事と育児両立読本(ワーク・ライフ・バランス ガイド)
2019年02月27日
運動は「魔法の薬」 健康なエイジングのために運動が必要 食事を改善でき腎臓にも効果
2019年02月27日
腸内細菌叢がインフルエンザワクチンの効果を高める 温暖化の影響も 東京大学
2019年02月27日
歯周病発見「AI」の共同研究 スマホで検診受診率を向上 東北大学とドコモ
2019年02月27日
食事でメタボや肥満に対策 やってみるとはるかに簡単 食事管理に要する時間は1日15分以内
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶