ニュース

アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開

全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート

 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会は2月6日に、東京の日比谷コンベンションホールで公開講演会を開催しました。このたび動画の公開も始めました。

 「全国生活習慣病予防月間」で掲げるスローガン「一無、二少、三多」から、2019年は「少酒の勧め」に着目。酒は「百薬の長」と言われるとおり、適度な飲酒は健康に良いと昔から信じられてきました。しかし飲み過ぎると、確実に健康に害を及ぼします。

 分かっていても、ついつい飲み過ぎてしまうという方が多いのでは? アルコールの飲み過ぎのリスクと食の健康法について、専門家が解説しました。
生活習慣病の多くは予防が可能
 開会の挨拶では、宮崎 滋 先生(日本生活習慣病予防協会 理事長)と前原喜彦 先生(がん集学的治療研究財団 理事長)が講演。

 日本人の死因順位の第1位は悪性新生物(がん)、第2位は心疾患、第3位は脳血管疾患。これらの疾患に生活習慣が深く関わっており、多くは予防が可能であることが分かってきました。いかに5大生活習慣病(高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、がん)を予防・治療するかが、健康寿命を延ばすための鍵となります。

 日本生活習慣病予防協会が掲げるスローガン「一無、二少、三多」とは、「一無:無煙・禁煙の勧め」「二少:少食・少酒の勧め」「三多:多動・多休・多接の勧め」のこと。将来寝たきりにならず自分の力で活動し、生きがいのある人生を全うするために、ふだんから自分の健康状態をチェックすることが重要です。

「全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会」のレポートを下記ページでご覧いただけます。
動画も公開しました。2020年2月の「予防月間」までの限定公開です。

全国生活習慣病予防月間2019」スローガンの入選作品が決定いたしました。
多くのメディアに取り上げていただき、応募総数2,147通7,063本ものご応募を頂戴しました。

全国生活習慣病予防月間のポスターとリーフレットをできます。ダウンロードして職域や地域の啓発活動にご活用ください。

[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年09月18日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月18日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年09月18日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年09月18日
「減塩」はやはり必要 塩分の摂り過ぎが糖尿病のリスクを上昇
2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月10日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年09月10日
腸内細菌が不飽和脂肪酸の代謝をコントロール 高脂肪食による肥満を防ぐ働き
2019年09月10日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶