ニュース

「糖尿病重症化予防の推進TOPICS」へるすあっぷ21 4月号


「へるすあっぷ21」4月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」4月号をご紹介致します。
 今月号の特集は「糖尿病の重症化予防対策」がテーマです。
 国をあげて糖尿病の重症化予防対策が推進され、全国で取り組む自治体や保険者も増えています。厚生労働省はさらに取り組みを広げるとともに、重症化予防事業の質を上げていくため、全国でセミナーを開催するなど啓発事業を展開しています。
 糖尿病の重症化予防を推進する国や自治体の取り組み、糖尿病学会での食事療法の議論などのトピックをお伝えします。

●国をあげて推進する糖尿病性腎症重症化予防
●データ分析に基づいて事業の実践を継続的にサポート
<沖縄県保険者協議会・沖縄県国民健康保健団体連合会>
●糖尿病の食事療法に関するシンポジウム
<日本糖尿病学会>

「へるすあっぷ21」4月号
株式会社法研








【目次】

■HEALTH WAVE
 ヤフー(株)
 最高のコンディションで仕事に向き合える企業に

■次世代ヘルスケア
 3年後の糖尿病リスクをAIが予測

■折れない心をつくるストレス対処法
 「笑い」のパワー<理論編>

■働き方改革と産業保健の実務Q&A 大津章敬
 働き方改革関連法の全体像の理解

■HEALTH TOPIC
 高プロ制度の導入は適正な手続きを

■メンタルヘルス・ハラスメント
 職場の困った!に答えます 見波利幸
 発達障害の社員をサポートする周囲の対応

■けんぽREPORT
 ホトニクス・グループ健康保険組合
 健康文化を基盤に独自の保健事業を推進

■わかる!身につく!健康力
 「風疹」から自分と家族を守ろう

■小島美和子流 体が変わる食べ方 小島美和子
 体調が確実に変わる食べ方~栄養って何?~

■大人の体力づくり 松井浩
 本当は 私もできて いないけど

【連載】

■週末フィトセラピー 池田明子
 緊張を和らげる

■よい人間関係を結ぶひとこと 藤田尚弓
 噂話をかわす

■現役産業医が教える 産業医活用術 柿沼充
 「先生はお忙しいから・・・」その遠慮は不要です!

■働く女性のセルフケア 加倉井さおり
 心も体も疲弊する女性たちへ「愛して、学んで、仕事をする」

■へるすあっぷCHANNEL
 【腸内フローラの真実】福田真嗣「100兆個の生き物が成す腸内コミュニティ」
 【世界の国か健康よもやま話】寺田直子「南米一人旅で4kgやせた理由」
 【最新美容皮膚科学】関東裕美「UV対策の重要性~サンスクリーン剤の最新事情と賢い選び方・使い方~」
 【目からウロコの時間栄養学】柴田重信「食・栄養と体内時計」

■ほっと一息 今日の一品 小森まり子 
 果報は寝て待て?
 【今日の一品】イカと大根の塩麹和え


「へるすあっぷ21 4月号
株式会社法研
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年09月12日
【PR】歩いて熊本地震の復興支援!ウォークビズキャンペーンで組合員の健康増進を
2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月10日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年09月10日
腸内細菌が不飽和脂肪酸の代謝をコントロール 高脂肪食による肥満を防ぐ働き
2019年09月10日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大
2019年09月06日
見慣れたパンフレットにおさらば!⑴ 書籍「特定健診を受けて生活習慣を振り返りましょう」
2019年09月04日
「行動を促す!広がるナッジの活用」へるすあっぷ21 9月号
2019年09月04日
自宅や職場でメタボ判定 アディポネクチン値を測定できる簡易キットを開発 徳島大
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶