ニュース

保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出

 少子高齢化等の社会的な変化に伴い、保健師の役割は今後さらに拡大していくことが予想されている。このような状況を踏まえ、公益社団法人 日本看護協会は4月25日、厚生労働省健康局局長に2つの要望事項を明記した「2020年度予算・政策に関する要望書」を提出した。

20190509.png  昨今、少子高齢化に伴う健康寿命延伸の実現、地域力の弱体化・孤立化等による虐待の増加への対策、精神障害者の地域移行・地域定着に向けた入退院支援の推進等、さまざまな社会課題に向けた取り組みの強化が急務となっている。

 このような社会課題解決をより効果的・効率的に推進するために、医療・福祉の専門知識を持つ保健師の役割拡大が重要視されている。

 平成30年12月18日に「児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議」で決定した「児童虐待防止対策体制総合強化プラン」では、『子どもの健康・発達面に関する支援の充実を図るため、保健師について、2020年度までに全国で70人程度増員する。【目標】2017年度140人→2020年度各児童相談所(+70人程度) 』と方針が打ち出された。

 そこで公益社団法人 日本看護協会は、自治体の保健活動をより効果的、継続的に展開するするために、保健師の人材確保と適切な配置、人材育成の推進を求め、厚生労働省健康局に要望書を提出した。

「2020年度予算・政策に関する要望書」
要望事項
■1. 自治体保健師の計画的な人材確保および適切な配置の推進
■2. 市町村の統括保健師の配置および人材育成計画の策定の推進
公益社団法人 日本看護協会 ニュースリリース【厚生労働省健康局へ要望書を提出】
公益社団法人 日本看護協会
[yoshikawa]

「地域保健」に関するニュース

2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析 保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知
2019年07月11日
児童虐待防止強化の改正法が成立―医師と保健師の配置義務化など児童相談所機能強化
2019年07月11日
【健やか21】令和元年度「子どもの事故防止週間」が7月22日から始まります(消費者庁)
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月10日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」からのご報告(2)
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶