ニュース

寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策

第62回日本糖尿病学会年次学術集会
 「転倒」は命にも関わる深刻な問題で、高齢者では「寝たきり」の原因にもなる。寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐための方法が解明されている。
高齢者の労災が増えている 60歳超では4割近くが「転倒」
 転倒や骨折は高齢者の身体障害をもたらす主要な原因になっている。転倒の多くは、身体的に動作やバランス能力に支障をきたしている状態の人が、家庭や職場で障害物に遭遇したときに起きる。

 家庭だけでなく、職場での転倒により労働災害につながるケースも多い。日本の人口動態調査によれば、職業生活を含めた一般生活の中で、転倒・転落で亡くなる人は交通事故で亡くなる方より多い。

 働く高齢者の労働災害は増えている、厚生労働省の労働災害発生状況の報告によると、2018年に労災に遭った60歳以上の働き手は前年よりも10.7%増え、労災全体の4分の1を占めている。

 なかでも目立つのが転倒事故だ。全世代では労災全体の25%が転倒によるものだが、60歳以上に限れば37.8%を占める。

関連情報
転倒災害の防止が重要課題に
 転倒については、業種を問わず増加傾向にあり、休業4日以上の死傷災害の25%程度を占める。とくに高齢の女性での被災が多く、被災者のうち約26%が60歳以上の女性だ。

 高齢者の労災が増えているのは、65歳までの定年延長や全国的な人手不足を背景に、働く高齢者が増えているからだ。65歳以上の働き手は10年前より309万人増えて875万人に達し、労働力人口全体の12.8%を占める。

 転倒災害の防止は、あらゆる人にとっての重要課題といえる。政府は70歳までの雇用の確保を努力義務として企業に課す方針を打ち出している。高齢者が安心して働ける職場づくりも課題となっている。
筋力の低下や低栄養が転倒の原因であることが多い
 要介護になるきっかけとなるのが、骨折をまねく転倒だ。年齢を重ねるとともに、視力や握力、バランス保持能力といった身体機能が低下していくにつれ、転倒事故を起こしやすくなる。

 転倒は筋力の低下が要因であることが多い。高齢者の筋力の低下の主因となるのは、低栄養と運動不足だ。

 低栄養は、身体を動かすために必要なエネルギーや筋肉や皮膚、内臓などをつくるタンパク質が不足した状態。食欲の低下や食事が食べにくくなるなどの理由で食事量が徐々に減ると、低栄養になりやすい。

 高齢者夫婦世帯や独居世帯による孤食では、食事を簡単に済ませたり(ご飯とお味噌汁のみ、菓子パンや麺類と単品メニューなど)、肥満やコレステロールが気になり、動物性タンパク質(肉類、卵、乳製品)を控える傾向がある。

 食事は1日3食しっかり食べて、1日に必要なエネルギーとタンパク質を摂取することが大切だ。

 「高齢者糖尿病診療ガイドライン 2017」では、腎臓の重度の機能障害がなければ、高齢者は十分なタンパク質を摂ることが勧められている。

 高齢者の筋肉の量や質を保つために1.0~1.2g/kg 体重/日のタンパク質を摂ることが推奨されている。タンパク質は、全体の摂取量だけではなく、1日3食を均等に摂取した方が良い。
ウォーキングやレジスタンス運動、バランス運動で転倒を防ぐ
 骨は、負荷がかかるほど骨をつくる細胞が活発になり、強くなる性質がある。ウォーキングを日課にしたり、階段の上り下りを取り入れるなど、日常生活のなかでできるだけ運動量を増やすことが必要となる。

 フレイルやサルコペニアを予防するために有効なのは、筋肉に負荷をかけて行うレジスタンス運動だ。レジスタンス運動は筋力を高め、疲労を軽減させる。適度な負荷の運動を行い、継続することが大切だ。

 また、バランス運動や有酸素運動も、転倒リスクの低減につながるものとされている。とくにバランス運動とレジスタンス運動を併用すると、筋力の維持とバランス改善により、歩行や移動が安定する。

 片脚だけで10秒以上立っていられるかどうかを確認する転倒リスクのセルフチェックを行うことも重要だ。
身体機能の低下は運動で防げる
 加齢とともにあらわれる身体機能の低下は、トレーニングや日常活動のなかでの心がけで予防できる。

 米国予防医療作業部会(USPSTF)は2018年、高齢者の転倒の予防のための推奨をまとめた。転倒予防のための対策として運動を推奨している。

 運動や栄養を改善することで、高齢者の転倒の発生率を0.79倍に減少できるという。これは、1人につき1年あたり1.5回ほど転倒を減らすことに相当する

 ウォーキングなどの運動を週3回以上6ヵ月以上続けることで、転倒をおよそ0.8倍に減らすことができるという報告がある。

 USPSTFが推奨しているのは、次の3点だ――。
▼ウォーキングなどの中強度の運動を週に150分以上、または高強度の運動を週75分続ける。
▼筋力トレーニングを週に2回以上行う。
▼バランス運動を週に3日以上行う。
ビタミンDは筋肉や骨の代謝で重要
 また、ビタミンDは筋肉や骨の代謝で重要だ。ビタミンD不足と身体活動の低下、転倒や骨粗鬆症性の骨折との関連が報告されている。

 高齢者は体内のビタミンDが不足することが多く、とくに2型糖尿病のある人ではビタミンDの不足は筋肉量の低下につながるという調査結果がある。

 ビタミンDは日光を浴びることで体内に作られる。また、魚類にはビタミンDが豊富に含まれている。魚を食べることでビタミンDを十分に体内に取り入れることができる。

 ただし、サプリメントでビタミンDを大量に摂取することには注意が必要だ。USPSTFは、転倒や骨折の予防のためにビタミンDやカルシウムのサプリメントを摂取することについて、「十分なエビデンスがない」という見解を発表している。

 サプリメントによるビタミンDの過剰摂取は毒性をもたらす。一方で、身体が生成するビタミンD量は制限することができるため、日光への過剰曝露がもとでビタミンD中毒が発生することはない。

 USPSTFは、「主治医が、状況に応じて高齢者の転倒リスクをチェックし、栄養を含め個々の患者に合わせた予防策を提示する」ことを推奨している。

2018年の労働災害発生状況(厚生労働省 2019年5月17日)
転倒災害防止対策(厚生労働省)
職場のあんぜんサイト:STOP!転倒災害プロジェクト(厚生労働省)
身体的能力のセルフチェック
USPSTF Issues Final Guidance on Preventing Falls, Fractures(米国予防医療作業部会 2018年4月18日)
Interventions to Prevent Falls in Older Adults: Updated Evidence Report and Systematic Review for the US Preventive Services Task Force(ジャーナル オブ アメリカン メディカル アソシエーション 2018年4月24日)
第62回日本糖尿病学会年次学術集会
[Terahata]

「記事の内容」に関するニュース

2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下

最新ニュース

2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
2019年05月30日
【健やか21】若者を中心に大麻による検挙者が急増!「誘われて」「興味本位で」が落とし穴に(内閣府)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶