ニュース

がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く

 日本におけるがん保険のパイオニアとして、がんに関する啓発活動に力を入れてきたアフラック生命保険株式会社(以下、アフラック)は、社員が「がんや病気にかかっても安心して自分らしく働く」ことへの支援を積極的に行っている。
2.jpg
アフラック生命保険株式会社人事部の
田中美樹さん(右)と浜野直也さん(左)
がんを経験した社員によるコミュニティ「All Ribbons」
 アフラックのがん治療と就労の両立支援の取り組みのひとつに、2017年12月に発足した、がんを経験した社員によるコミュニティ「All Ribbons」がある。

 がんの経験を活かし、「治療と仕事の両立に悩む社員へのサポート(ピアサポート)」、「両立支援に関する制度や運用・啓発活動への協力」、「アフラックのビジネスやサービスに対する貢献」の3つが活動の柱となっている。

 ピアサポートの中にはがんに罹患した社員が「All Ribbons」のメンバーに働き方やキャリアに関する相談ができるという仕組みがある。相談する社員、「All Ribbons」の双方のプライバシーに配慮し、匿名で相談することも可能としている。その場合は、間に産業医、産業保健スタッフなどが所属する健康管理室が仲介し、匿名処理を行っている。

 「健康管理室で社員からの相談等で知り得た情報は、本人の了承がない限り、産業医、産業保健スタッフ限りで取り扱っています。その意味でも健康管理室が適任と考えています。」 (人事部・田中さん)

健康経営の取り組みとして、産業医を積極的に活用する
 アフラックでは会社がリーダーシップをとり、健康管理室と人事部の労務担当者との連携体制を構築、社員の健康を管理。がん治療と就労の両立支援においても、社員からの相談受付のほか、会社の業務、職場環境、制度を理解している立場として、社員、上司、さらに人事部への総合的なサポート・アドバイスを三位一体で行っている。 1.png
アフラックにおける両立支援のための連携体制

 従業員数50名以上の企業であれば産業医の選任が労働安全衛生法で定められてはいる。産業医の役割は、心身の健康の悩みを抱えている社員に対し、専門的な立場から指導・助言を行うことであるが、アフラックのように産業医を上手に活用している例は未だ少ない。

 健康経営という考えが日本においても広まりつつある中、産業医や産業保健スタッフの積極的な活用は今後の企業経営においてますます重要になると考えられる。アフラックのこうした取り組みは、大いに参考になるだろう。

■文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年11月27日
【イベントレポート】カリフォルニアプルーンと「なりきり歌舞伎体操」で健康増進!
2019年11月27日
家庭での食塩摂取量が多いと心臓病や脳卒中のリスクが上昇 家族ぐるみで減塩に取組むことが必要
2019年11月27日
ウォーキングでうつ病を予防 1日35分で効果 認知症や脳の老化も防げる
2019年11月27日
母乳育児が糖尿病と高血圧のリスクを低下 糖尿病リスクは半分に減少
2019年11月27日
睡眠中は照明を消すべき? 寝室が明るいと動脈硬化が進行しやすくなる 平城京スタディ
2019年11月27日
トランス脂肪酸の上昇が認知症リスクを高める 日本人1,600人を10年間調査 久山町研究
2019年11月27日
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発 健診の血液検査でがんを早期発見
2019年11月20日
牛乳やチーズなど乳製品が認知症を予防 1日1杯の牛乳は脳の健康にも良いことが判明
2019年11月20日
佐賀県の「歩くライフスタイル推進プロジェクト」 無料アプリを配信しウォーキングを促進
2019年11月20日
腸内環境を人工知能(AI)で解析 特定保健指導に腸内環境という新たな視点を導入
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶