ニュース

【応募受付開始!】厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第8回 <母子保健分野>」

 厚生労働省は今年度の「健康寿命をのばそう!アワード 第8回 <母子保健分野>」の応募受付を開始した。<母子保健分野>では、母子の幸せで健康な暮らしを支援するための健康増進を目的とする優れた取組を行っている企業や団体、自治体を表彰する。応募は8月23日(金)まで。

head_r.png

 厚生労働省「健康寿命をのばそう!アワード」の<母子保健分野>は、「健やか親子21(第2次)」がスタートしたことに伴い、2012年度から実施されてきた「生活習慣病予防分野」と「介護予防・高齢者生活支援分野」に加えて2015年度に創設されたもの。

 <母子保健分野>では、「妊産婦、子育て、思春期の子どもの健康に関わる活動を実施している企業・団体・自治体」における、母子の幸せで健康な暮らしを支援するため様々な取組を募集している。

 応募の中から優れた取組には、厚生労働大臣賞として最優秀賞を全体で1件、部門ごとに優秀賞を1件ずつ表彰。また厚生労働省子ども家庭局長賞としても各部門で優良賞を5件以内ずつ選ぶ。表彰式は11月中旬に東京都内で行う予定。

 受賞した取組みは健やか親子21(第2次)公式HPなどの各種メディアで紹介するほか、アワード受賞ロゴマークが使用可能になり、取組のPRに活用ができる。

 応募はメールか郵送で8月23日(金)まで受け付ける。詳しい募集内容や応募要項、応募申込書などは健やか親子21(第2次)公式HP内の特設ページに掲載している。

「地域保健」に関するニュース

2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月23日
優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」をAIで学習 "優しい介護"を誰もが学べる
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月23日
「緑茶」の摂取が糖尿病リスクを減少 九州大学・久山町研究で明らかに
2019年07月23日
「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用
2019年07月22日
市町村職員を対象に母子保健情報の利活用について説明 厚労省
2019年07月18日
【健やか21】海外旅行の際には感染症対策も万全に!「海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド」で対策を
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶