ニュース

産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」

 法人向け産業保健支援サービス「first call」を提供しているMediplatはこのほど、産業医500人を対象に「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施し、産業医の経験知をとりまとめた。
「メンタル不調の分かりやすいサイン」「復職の成否を分ける要因」は?
 メドピアの連結子会社であるMediplatは、法人向け産業保健支援サービス「first call」として、「オンライン産業医」「オンライン医療相談」「ストレスチェック」を提供しており、6月時点で300社以上が導入している。

 同社はこのほど、産業医500人を対象に「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施し、「メンタル不調の原因」「メンタル不調の分かりやすいサイン」「休職後の復職の成否を分ける要因」などに関する産業医の経験知をとりまとめた。

 調査の対象となったのは、医師専⽤コミュニティサイト「MedPeer」に会員登録をする医師のうち、産業医資格があり、現在産業医として事業所で従事している医師500人で、調査は2019年6月にインターネットで実施された。

 その結果、従業員のメンタル不調の原因の1位は「職場の人間関係」で、うち7割が「上司との人間関係」をもっとも多い原因として挙げた。

 メンタル不調のサインでは、「遅刻や欠勤が増える」「表情が暗くなる」が上位だった。また、早期発見のために経営者や人事が行った方が良いことでは、「従業員との日常的な会話」「定期的な面談」と、変化にいち早く気づくために日頃から従業員と接する重要性が挙げられた。

 メンタル不調で休職した後の復職は、約半数の産業医が「どちらかというとうまくいかないケースが多い」と回答し、復職の成否を分ける要因には「職場による理解とフォローの有無」が1位に挙げられた。
従業員のメンタル不調の「原因」について
Q1. 従業員のメンタル不調の原因で、多いものは?(選択式/1~3つまで選択)
Q2. メンタル不調の原因となる「職場の人間関係」で最も多いものは?(択一選択式)
※Q1で「職場の人間関係」を選択した人のみ回答
< 具体的な事例 >
・ ある企業で支店ごとの面談を実施した際に、特定の支店のみストレス過多の職員が多く、人間関係が悪いのが雰囲気から読みとれた。
・ ストレスチェックで産業医面談の希望があり面談した際、配置転換を希望された。人間関係が原因だと思われたが、本人がそうとははっきり言わないので困ったことがある。
・ 上司からメールの返信がないこと。新人で採用されたが、判りやすく教えてくれない状況が続き、鬱になり、精神科を受診して1ヵ月休職になったケースがあった。薬物治療し、他の部門(人間関係良好)で現在は生き生きと勤務している。
・ 目標を上司と十分に相談のうえで設定しているはずだが、本人の見込み違いなのか、上司の期待に応えようとしてなのかはわからないが、無理をしているように感じることがある。
・ 仕事の量が管理職になるほど高くなるのに対して、やりがいや賃金が伸びてないのが、よく見受けられる。
従業員のメンタル不調の「分かりやすいサイン」について
Q3. 従業員がメンタル不調になっている可能性があるときの分かりやすいサインは?(選択式/1~3つまで選択)
< 具体的なサインの例 >
・裁量労働でも、出社が遅くなる時は危険信号。離席が多い人も。
・突発の休み、特に月曜日の休みが多くなる。
・あきらかに覇気がなくなり、不眠のためか疲れている感じがよく表情にでる。
・いっぱいいっぱいで顔が硬くなる。
・ミスが増えて、自責的となる。
・睡眠不足のため、遅刻、ミスが顕著になる。
・健康状態に何ら問題のない若手が急に腹痛、頭痛を強く訴えて泣きべそをかく。

Q4. 従業員のメンタル不調を早期発見するために、経営者や人事の方が行った方が良いことは?(自由記述から集計)
メンタル不調で休職した後の「復職」について
Q5. メンタル不調で休職した後、復職がうまくいくケースと、うまくいかないケース*はどちらが多い?(択一選択式)
*休職のまま退職に至ったり、復職後に退職に至ってしまうケース
Q6. メンタル不調で休職した後の復職、成否を分ける要因として大きいものは?(選択式/1~3つまで選択)
< 理由(一部を抜粋) >
・本人を精神的に孤立させない、職場周囲でサポートしているという強いメッセージを送ることが大事。
・「元と同じ職場に戻す」ことは避けた方がよい。
・何よりも周りの人々の理解が不可欠です。また経験上、職場や業務内容も変えたほうが良いです。
・業務量が多いと再発するケースが多い。
・職場や家族のフォローがないと治療の継続が難しい。
・本人の資質のせいにしてしまっては元も子もないが、実際そうとしか言えないような場面は多い。
・早期介入できないと重篤化し、改善までに時間がかかる。時間がかかると復職への気持ちのハードルが上がる。また、業務内容も日々変化しており、変化への対応が難しくなり自信喪失につながる。

産業保健支援サービス「first call」
  オンライン産業医面談

 「first call」では、法人向けに以下3つの産業保健支援サービスが提供されている。従業員のメンタルヘルス対策や健康管理をワンストップでサポートすると同時に、オンライン化と管理システムの導入により人事労務担当者の業務負担を軽減する。

(1)オンライン医療相談
 日常生活における自身や家族の健康上の不安や悩みについて、チャットやテレビ電話でいつでもどこからでも医師に相談ができるサービス。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談に医師が実名で回答する。

(2)オンライン産業医
 産業医の定期訪問からオンラインでの面談まで、産業医業務を受託するサービス。産業医面談をオンラインでも可能にすることで、国内外の支社の従業員など、面談調整が困難であった従業員とも早期に面談が設定できることに加えて、日程調整など人事の業務負担も軽減する。

(3)ストレスチェック
 Webやアプリで簡単に従業員のストレスチェックや、部門やチームなど職場毎のストレス状況を可視化するサービス。オンライン医療相談の無料オプションとして提供し、オンライン産業医と合わせて導入することで、ストレスチェック後の産業医面談までをオンライン上でワンストップで実施することが可能になる。
[Terahata]

「記事の内容」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月13日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動は考えている以上に簡単
2019年08月09日
「乳がん」を早期発見 唾液をAIで高精度に検査 低コストな測定方法の開発へ
2019年08月07日
トマトのリコピンが肥満とメタボのリスクを低下 血管を健康にする抗酸化作用
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶