ニュース

「ヘルスケアサービスの活用に向けて」へるすあっぷ21 8月号


「へるすあっぷ21」8月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」8月号をご紹介致します。
 健康経営やデータヘルスが推進されるなか、ヘルスケアサービスの活用が盛んになっています。
 職場の健康づくりを効果的に進めるために、どのような視点でサービスを選定すればよいのでしょうか。国の取り組みや専門家のアドバイスとともに、企業や健康保険組合におけるヘルスケアサービス活用事例を紹介します。

●ヘルスケアサービスの動向
●ヘルスケア事業者選定の留意点
●事例に学ぶヘルスケアサービスの活用:①(株)富士通ゼネラル/②コニカミノルタ健康保険組合

「へるすあっぷ21」8月号
株式会社法研












【目次】

■健康なまちづくり最前線レポート
 岡山県岡山市
 SIB活用で健康寿命を延伸 おかやまケンコー大作戦

■次世代ヘルスケア
 ストレス状態をスマホでチェック

■折れない心をつくるストレス対処法
 睡眠マネジメント~睡眠を整えてストレスに強くなる~ <理論編>

■働き方改革と産業保健の実務Q&A 大津章敬
 労働時間の適正把握と面接指導制度

■HEALTH TOPIC
 高血圧治療の降圧目標を厳格化
 『高血圧治療ガイドライン2019』

■メンタルヘルス・ハラスメント
 職場の困った!に答えます 見波利幸
 再発を防ぐ復職支援とは?

■共済組合REPORT
 三重県市町村職員共済組合
 所属所の協力ときめ細かな対応で特定健診等の高い実施率を維持

■わかる!身につく!健康力
 化学物質過敏症

■小島美和子流 体が変わる食べ方 小島美和子
 糖質の上手なとり方②何を・いつ・どう食べる?

■大人の体力づくり 松井浩
 ダンベルは どこに持つかで 大違い

【連載】

■週末フィトセラピー 池田明子
 目の疲れ

■よい人間関係を結ぶひとこと 藤田尚弓
 正しい報告をしてもらうために

■現役産業医が教える 産業医活用術  柿沼充
 あの手この手の健診受診率向上策

■働く女性のセルフケア 加倉井さおり
 軽視しないで!月経トラブル~「いつもと違う」を見過ごさない

■Tobacco Freeへの道 吉見逸郎
 たばこと経済~たばことお金の話

■へるすあっぷCHANNEL
 【腸内フローラの真実】福田真嗣「腸内フローラを決める要因とは?」
 【世界の国から健康よもやま話】寺田直子「オードリー・ヘプバーンが愛した地も 欧州を代表するヘルス大国」
 【最新美容皮膚科学】関東裕美「夏はしっかり洗って感染症を予防!」
 【目からウロコの時間栄養学】柴田重信「小中学生の時間栄養学」

■ほっと一息 今日の一品 小森まり子
言わないでいられる心の強さ
 【今日の一品】煮卵と青菜

「へるすあっぷ21 8月号
株式会社法研
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年08月15日
【健やか21】成人男性の風しん予防に向けた啓発動画作成について(厚労省)
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶