ニュース

喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター

1.jpg
 国立がん研究センター(東京都中央区、中釜斉理事長)はこのほど、全国のがん診療連携拠点病院などから収集した院内がん情報による「2012年3年生存率集計」と「2009~10年5年生存率集計」の報告書をまとめ、公表した。
 今回は3年生存率において「喉頭・胆のう・腎・腎盂(じんう)尿管」の部位で初めて集計が行われている。

前回よりも生存率が上昇

 がん診療連携拠点病院における5年生存率は2007年の診断例から集計が行われ、今回の報告で4回目。各医療機関が自らの医療の質を見直すきっかけにしたり、国民への情報公開を通してがん医療の透明性を確保したりすることを目的としている。

 一方、都道府県によって集計施設の数の偏りがあることや、生存率に影響する年齢や手術の有無などについては考慮していないため、都道府県・施設の治療成績を示すものではない。

 具体的に公表されているのは、主要5部位(胃・大腸・肝臓・肺・乳房)とがん種別(食道・膵臓(すいぞう)・子宮頸部(けいぶ)・子宮体部・前立腺・ぼうこう)についての拠点病院全体、都道府県別、施設別集計。今回は277施設における2009年と10年の2年分のデータ、約57万例を用いて集計が行われている。

 その結果、施設全体での全がんの実測生存率(死因に関係なく全ての死亡を計算に含めた生存率)は58.6%(前回 58.5%)、相対生存率(対象疾患以外による死亡を補正した生存率)は 66.1%(前回 65.8%)だった。性別の割合は男性が58.2%、女性が41.3%となり、男性の方が高い割合を示した。診断時の年齢は男女ともに70歳代が最も多く、70・80歳代以上で約47%の割合を占めた。

適切な治療や生活のため、3年生存率集計へ

Fotolia_114787367_Subscription_Monthly_M.jpg

 一方、がん診療連携拠点病院における3年生存率は、多くのがんで治癒の目安となる5年より早い段階で生存率の情報を提供するもの。背景には平成30年3月に閣議決定された「第3期がん対策推進基本計画」で国民が適切な治療や生活についての選択ができるよう、科学的根拠に基づく情報を迅速に提供する、としていることがある。

 今回の集計は昨年に引き続き2回目で、286施設約34万件のデータが用いられた。5年生存率と同様、主要5部位とがん種別について集計されているが、今回から患者などから要望のあった「喉頭・胆のう・腎・腎盂(じんう)尿管」の 4部位が新たに追加された。

 集計の結果、実測生存率は67.2%(前回66.3%)、相対生存率は 72.1%(前回 71.3%)。このうち、今回追加された「喉頭」の相対生存率は、I 期が96.0%、II 期が90.2%で、放射線治療が有効である比較的早期の例では、生存率の高さを示している。同様に「腎」のI期も98.5%、II 期が 94.3%。「腎盂(じんう)」・「尿管」の I 期が 90.1%といずれも 90%を超えていた。

 一方、「胆のう」は膵臓(すいぞう)とともに難治性がんと言われているが、根治切除可能な I 期では 91.1%、II 期では 77.4%と比較的良好だった。

[yoshioka]

「調査・統計」に関するニュース

2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年11月27日
家庭での食塩摂取量が多いと心臓病や脳卒中のリスクが上昇 家族ぐるみで減塩に取組むことが必要
2019年11月27日
ウォーキングでうつ病を予防 1日35分で効果 認知症や脳の老化も防げる
2019年11月27日
母乳育児が糖尿病と高血圧のリスクを低下 糖尿病リスクは半分に減少
2019年11月27日
睡眠中は照明を消すべき? 寝室が明るいと動脈硬化が進行しやすくなる 平城京スタディ
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶