ニュース

【PR】【プレゼント】健康イベントや健診時に大活躍!「災害時のバランスガイド」

 カリフォルニアプルーン協会は、備蓄食を考えるときに便利な「災害時の食事バランスガイド」と、プルーンと健康の関係等について学べる資料を先着100セットまで無料でプレゼントいたします!

 本ガイドでは、栄養バランスやローリングストック法を分かりやすいイラストで解説しており、医療・健康に関する専門職の皆様をはじめ、多くの方に配布用資料としてご利用いただけます。

 お申込みは2019年12月31日まで。先着順100セットとなりますので、早めのご応募をお待ちしています!

≪応募ページはこちら≫

理想的な栄養バランスのドライフルーツ、カリフォルニアプルーン

 カリフォルニアプルーンは、健康維持と慢性疾患リスクの低減に役立つ成分が、自然のままの形でバランスよく含まれている機能性食材です。

 多様なビタミン、ミネラルを含み、骨の健康やアンチエイジングにも効果が期待できます。また、カリフォルニアプルーンに多く含まれる食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良く、お腹の健康にも役立ちます。

 砂糖を一切加えない自然の甘みが心地よく、低GI値のため食後の血糖値の上昇も緩やかです。

「災害時の食事バランスガイド」とは?

 「災害時の食事バランスガイド」は、食事バランスガイドを元にして制作した指導箋です。もしものときのために備蓄食としてどのようなものを用意すればいいのかを解説しています。

 裏面では「普段食べているものを非常時にも食べることができれば、心を落ち着かせることができる」として、非常時のための備蓄ではなく、日ごろから利用できる長期保存可能な食品を買い置いて、食べたら買い足すという「トコロテン保存」(ローリングストック法)を紹介しています。

 
※PDFをダウンロードしてご活用いただけます。

 また、今回のプレゼントセットでは、女性の健康にフォーカスした「カリフォルニアプルーン 美と健康の秘密」や、プルーンの各種栄養成分と健康に関する知識等が詰まった抄録集も一緒にお届けします。専門職の方向けの資料となりますので、ぜひご活用ください。

災害時にプルーンが役立つ理由

 災害時は普段の生活環境と異なり、以下のような問題が多く発生します。専門職の皆様に備蓄食としてのプルーンについて知見を深めていただき、多くの方々に広めていただければと思います。

■ カップラーメンや缶詰が主食になり塩分過多になりがち。
 塩分の摂りすぎは、むくみや血圧の上昇などを引き起こります。プルーンに豊富なカリウムは余分な塩分を排出する働きがあります。

■ いつもと違うトイレ事情。便秘になる人が多い。
 食物繊維は腸内環境を整え、便秘の予防・改善に役立ちます。プルーンは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をそれぞれ50%ずつバランスよく含んでいます。

■ 緊張状態が続き、不安な心理状態。脳もへとへと。
 甘いものでほっとすることが科学的にも証明されています。プルーンの甘み成分は脳の栄養ブドウ糖や、虫歯になりにくいソルビトールなどの良質な糖質です。低GI食材なので血糖値コントロールも助けます。

■ 災害時弱者(高齢者、こども)の食事が不安。
 プルーンはドライフルーツですが、ある程度の水分含有量があるので、口の中の水分を奪いません。種ぬきは子どもや高齢者にもおすすめです。

お申込みについて

 今回のプレゼントには、専門職向けセット(1~5セット)をご用意しております。日々の業務に是非、お役立てください。

〇応募締切日:2019年12月31日(火)
 ※規定数100セットに達し次第、受付を終了します。

〇セット内容(1セット):
 1.災害時の食事バランスガイド×10枚
 2.「カリフォルニアプルーン 美と健康の秘密」パンフレット×1冊
 3.プルーン栄養研究の抄録集×1冊

〇発送について:
 ・商品のお届けは、ご応募後2週間程度を予定しております。
 ・プレゼントの発送は先着順となります。予めご了承ください。
 ・結果は発送をもって代えさせていただきます。

≪応募ページはこちら≫

■関連情報

カリフォルニアプルーン協会
[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年11月27日
【イベントレポート】カリフォルニアプルーンと「なりきり歌舞伎体操」で健康増進!
2019年11月27日
家庭での食塩摂取量が多いと心臓病や脳卒中のリスクが上昇 家族ぐるみで減塩に取組むことが必要
2019年11月27日
ウォーキングでうつ病を予防 1日35分で効果 認知症や脳の老化も防げる
2019年11月27日
母乳育児が糖尿病と高血圧のリスクを低下 糖尿病リスクは半分に減少
2019年11月27日
睡眠中は照明を消すべき? 寝室が明るいと動脈硬化が進行しやすくなる 平城京スタディ
2019年11月27日
トランス脂肪酸の上昇が認知症リスクを高める 日本人1,600人を10年間調査 久山町研究
2019年11月27日
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発 健診の血液検査でがんを早期発見
2019年11月20日
牛乳やチーズなど乳製品が認知症を予防 1日1杯の牛乳は脳の健康にも良いことが判明
2019年11月20日
佐賀県の「歩くライフスタイル推進プロジェクト」 無料アプリを配信しウォーキングを促進
2019年11月20日
腸内環境を人工知能(AI)で解析 特定保健指導に腸内環境という新たな視点を導入
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶