ニュース

【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!

 発酵のある暮らしをコンセプトに、調味料などを販売するキッコーマンこころダイニング株式会社は、これまでにないふっくらもちもち食感の「糀入りもちもち玄米」を開発しました。
 塩麹のみの味付けでうま味を引き出し、もちもちとした食感で食べやすさを実現!手軽に毎日の食生活に取り入れられます。

 低GI食品である玄米は、肥満の解消や生活習慣病の予防、さらに栄養指導にもぴったり。10月25日の発売に先駆け、「麹入りもちもち玄米」を12パックセットにして50名にプレゼントします。(商品の取り扱いはこころダイニング公式通販吉祥寺ショップとなります。)

 お申込みは2019年10月31日まで。沢山のご応募をお待ちしております!

 ※お申込みを締切りました。ご応募ありがとうございました!

「麹入りもちもち玄米」 美味しさの秘密とは?

 苦手意識を持つ人も多い玄米ですが、「糀入りもちもち玄米」は、塩糀でほんのりとした塩味とうま味を加え、米本来の甘みを引き立たせています。

 また、宮城県で開発されたブランド米の「金のいぶき」に国産もち麦と国産黒米を加え、特別な製法で炊き上げることでもちもちの食感を実現しました。

kinnnoibuki.png

 「金のいぶき」は一般的な玄米に比べてGABA(天然のアミノ酸の一種)が約3倍、ビタミンEは約2.1倍、食物繊維は約1.3倍も含まれています。

 このうち食物繊維は、20歳代から60歳代の男性なら1日あたり20g以上、女性は18g以上が摂取の目標量とされています。しかし厚生労働省の平成29年国民健康・栄養調査によると、男女ともすべての年代で摂取量は目標量を下回っていました。

 「糀入りもちもち玄米」は白米と比べて3倍以上の食物繊維を含むことから、主食にすることで効率よく食物繊維を摂取できます。

 さらに、キッコーマンが研究によって発見した「アシスト乳酸菌」(免疫を活性化する働きが強い乳酸菌)を500億個配合。食物繊維と乳酸菌で、健康と美容を強力にサポートします。

玄米のちからで血糖値の上昇を防ぐ

 肥満の解消や、糖尿病をはじめとする生活習慣病を予防するためには、食後血糖値の上昇を抑えることが重要です。血糖値が急に上がると大量のインスリンが放出され、エネルギーとして使われなかった糖を脂肪としてため込んでしまうためです。

Image-19.jpeg

 血糖値の上昇度合いを表すGI値を比較すると、白米は高GI食品、玄米は低GI食品とされています。白米の代わりに玄米を主食に置き換えるだけで、無理なく血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

 「糀入りもちもち玄米」を開発したキッコーマンこころダイニングの川島沙由梨さんは、「いくら体に良い食品でも、おいしくなければ続きません。この商品は玄米が苦手な人でもおいしく食べられ、いつの間にか健康も手に入れられる、そんな品質を目指して開発しました」と話し、一口食べたらやみつきになるもちもち食感をぜひ試してほしい、としています。

「麹入りもちもち玄米」をプレゼント!

 このように、特定保健指導での栄養指導や健康的な食事の勧めなど、様々な用途でご活用いただける本商品とパンフレットをセットにして、読者の皆様にプレゼントいたします!

 「麹入りもちもち玄米」の食べやすさと健康パワーをぜひ実感してください。

 お申込み期日を過ぎましたのでご応募を締切りました。
 皆さまから大変ご好評をいただき、規定セット数に達したため、抽選でのプレゼントとなります。
 沢山のご応募をありがとうございました!

※抽選結果は発送をもって代えさせていただきます。

■関連情報

kokoro01.png
[yoshioka]

「栄養」に関するニュース

2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月06日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい 関西電力医学研究所
2019年11月01日
【健やか21】11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です
2019年10月30日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある 子供の食事を改善する施策が必要 ユニセフ「世界子供白書2019」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶