ニュース

【PR】全農が「おにぎりダイエット+ウォーク」セミナーを開催!企業や団体の健康指導にも最適

おにぎりDW05.JPG  全国農業協同組合連合会(JA全農)は11月20日、日本能率協会主催「カラダ改善プロジェクト~第2回 健康診断・健康管理 EXPO~」(於:東京ビッグサイト)でセミナー「おにぎりダイエット+ウォーク」の講演を行いました。

 近年は、ダイエットのため炭水化物を控える方もいますが、JA全農ではお米が実は「ダイエットの強い味方」だとして「おにぎりダイエット+ウォーク」を提唱しています。

 セミナーではおにぎりがダイエットに最適な理由と、ウォーキングを組み合わせた具体的な取り組み方法について専門家が解説。企業や団体の健康指導に役立てようとする参加者が熱心に耳を傾けていました。

お米はダイエットに効果的な食材
 セミナーではまず、(一社)日本健康食育協会代表理事で管理栄養士の柏原ゆきよさんが登壇。

   柏原さんは「ご飯については「太るから食べ過ぎてはいけない」、「健康のためには控えめにした方がいい」という風潮が広がっているが、それは誤解。食べ方のコツを抑えれば、お米はダイエットに効果的な食材です。」と参加者に語りかけました。

おにぎりDW04_1.JPG
日本健康食育協会代表理事
管理栄養士の柏原ゆきよさん

 そのうえで、京都大学の森谷敏夫名誉教授も推奨する「おにぎりがダイエットに最適な理由」を分かりやすく解説。

 京都大学で実施された実験の結果とともに、欠食するとエネルギー消費が落ちることを説明し、3食しっかり食べることが重要であることや主食に「ごはん」を選ぶことでエネルギー消費量をより大きくすることができると伝えました。

 さらにご飯を食べるメリットとして「お米には栄養がないと思われている方も多いですが、実はビタミン、ミネラル、食物繊維のほか、タンパク質も含まれています。他の食材と組み合わせやすく、栄養のバランスが摂りやすい」とご飯が持つ本来のパワーを強調しました。

 そのため、コンビニやスーパーなどで購入できるおにぎり1個(約100g)を約180kcalと計算して、1日あたりの消費カロリーに合わせて食べる個数を決める『おにぎりダイエット』は無理なく続けられる方法と紹介。

 ご飯は食後の満腹感がしっかり得られることから、余計な間食を防止して結果的に総カロリー数が減ってダイエット効果が高まる、と話しました。最後に、おにぎりとおかずをバランスよく組み合わせてカロリーコントロールして、「ご飯を楽しく、おいしく食べてください」と締めくくりました。
通勤時やお昼休みに取り組みやすいダイエット
 続いて、ウォーキングトレーナーの池田ノリアキさんが登壇し、『おにぎりダイエット』に合わせて行えば、より減量効果の高まるウォーキング方法について解説。

 正しい姿勢で歩幅を広げて歩くことを毎日15分ずつ実践すれば基礎代謝量のアップにつながる筋力が付き、ダイエット効率が向上する、と話しました。会場では実際にウォーキングの基本姿勢や歩き方を実践し、参加者も体を動かして取り組み方を体験していました。

ikeda.jpg
ウォーキングトレーナー 池田ノリアキさん

 セミナーにはたくさんの来場者が訪れ、関心の高さをうかがわせました。通勤時やお昼休みなど社会人が日々の生活の中で取り組みやすい「おにぎりダイエット+ウォーク」。具体的な取り組み方法や実践例「モニターチャレンジ」の結果はWEBでも公開されています。

 セミナー会場で配布されたガイドブック実践シートのダウンロードもWEBからできます。「企業や団体の健康指導に携わる方々はぜひ活用してください」と全農では呼びかけています。

「おにぎりダイエット+ウォーク」公式サイトはこちら↓

おにぎりバナー


各画像をクリックするとダウンロードできます

ガイドブック   実践シート

[yoshioka]

「特定保健指導」に関するニュース

2019年12月18日
【PR】全農が「おにぎりダイエット+ウォーク」セミナーを開催!企業や団体の健康指導にも最適
2019年12月18日
がん5年生存率が66.4%に改善 乳がんは92.2% がん治療も個別化が重要 国立がん研究センター
2019年12月17日
医療・保健関係者が多数来場~「カラダ改善プロジェクト」開催レポート
2019年12月17日
「アルコール」が肥満・メタボのリスクを上昇 年末年始に飲み過ぎないための7つの対策
2019年12月17日
「認知症カフェ」の運営や効果について大規模調査を実施 どのような運営が望ましいかが明らかに
2019年12月17日
味噌汁や納豆など発酵食品を食べていた女性は早産リスクが3~4割低下 約8万人の女性を調査「エコチル調査」
2019年12月17日
腕時計サイズの小型のウェアラブル血圧計を発売 手首で血圧測定 医療機器認証を取得
2019年12月17日
タバコとアルコールを抑制する政策はがん死亡を減らす 禁煙や節酒のキャンペーンは効果がある
2019年12月16日
PHRが保健指導・医療を革新 タッチするだけで体重・血圧値・血糖値・歩数を読み込むアプリが登場
2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶